子どもと楽しむひな祭りパーティー。レシピや飾りつけのアイデア

子どもと楽しむひな祭りパーティー。レシピや飾りつけのアイデア

デザートやお菓子を用意するなど楽しむ工夫

ひな祭りにパーティーをして子どもと楽しみたいと考えたとき、飾りつけや料理など何をするのがよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ひな祭りらしい料理やデザートのレシピ、用意したお菓子やプレゼント、飾りつけのアイデアなどを体験談を交えてご紹介します。

ひな祭りのパーティーは何する?

女の子の健やかな成長を祝うひな祭りにパーティーをしたいけれど、何するとよいのか気になるママもいるかもしれません。ひな祭りのパーティーではどのようなことをしているのかママたちに聞いてみました。

30代ママ
ひな祭りパーティーをするときは、華やかな雰囲気になるように部屋を飾りつけています。雛人形を出したり、雛人形のまわりを飾りつけたりするのを子どもといっしょにやって楽しんでいます。
30代ママ
ひな祭り当日は、ひな祭りらしいご飯を作って、家族みんなで食べます。料理を準備するとき、子どもに料理のリクエストを聞いたり、いっしょに作ったりすると盛り上がります。
30代ママ
ひな祭りらしいデザートやお菓子を用意して、家族みんなで楽しく食べます。普段のお菓子とは違った色とりどりのきれいなお菓子があるのを見て、子どもも珍しそうに喜んでいます。

ひな祭りのパーティーで何するのかは、雛人形といっしょにさまざまな飾りつけをしたり、ひな祭りらしい料理やデザートを食べたりするというママがいるようです。

お友だちを呼んだり、集まったみんなで楽しめるゲームをして遊んだりするというママの声もありました。

ひな祭りパーティーを盛り上げるための、飾りつけや料理レシピのアイデアにはどのようなものがあるのでしょうか。

部屋を飾りつけるときのアイデア

つるし雛
iStock.com/gyro

ひな祭りパーティーをするとき、部屋をかわいく飾りつけしたいと考えるママもいるかもしれません。どのように部屋を飾りつけていたのかママたちのアイデアを聞いてみました。

テーマカラーを決めて作る

30代ママ
飾りつけをするときはテーマカラーを決めるようにしています。ひな祭りは桃の節句なので基本の色をピンクに決め、風船やペーパーアイテムなどを使って華やかになるように飾りつけをしました。
30代ママ
かわいい色や柄の紙でガーランドを作って壁に貼るなどしています。ひなあられやひし餅などにも使われているピンク、白、緑の色を選ぶと、ひな祭りの雰囲気が増したように感じます。

テーマカラーを決めて飾りつけをしているママがいるようです。ひな祭りに飾っている雛人形の着物の色や、いっしょに飾っているひし餅の色にあわせて部屋を飾るアイデアは、部屋の飾りに統一感が出せるかもしれませんね。

子どもといっしょに作る

20代ママ
雛人形を出したときに、まわりに飾るものを子どもといっしょに作っています。折り紙で、簡単な折り方の桃の花やお雛様を子どもと作って飾ると気分も盛り上がってきます。
30代ママ
子どもといっしょに紙コップでお内裏様とお雛様を作って飾りました。折り紙を貼りつけると華やかになってきれいです。

折り紙や紙コップなど身近な材料を使って子どもといっしょにひな祭りの飾りを作っていたママもいるようです。

パーティーを盛り上げるために、子どもが自分で飾りを作りたいと言って、子ども自身でいろいろアイデアを出しながらいっしょに作っているというママの声もありました。

ひな祭りのパーティーレシピのアイデア

ひな祭りで食べるパーティー料理は、どのようなレシピで作るとよいのか悩むママもいるかもしれません。ママたちにパーティーレシピのアイデアを聞いてみました。

ちらし寿司

ちらし寿司
nana77777 - stock.adobe.com
30代ママ
ひな祭りらしい彩りのきれいなちらし寿司を作りました。お刺身や卵焼きを小さいサイコロ型に切っておくと取り分けやすく、子どもも食べやすかったようです。

ひな祭りにちらし寿司を用意したママもいるようです。子どもたちが食べやすいようにカップにお寿司を入れたカップ寿司を用意するのもよいかもしれません。

カップ寿司の一番上にお刺身を巻いてお花のようにするとかわいくできるというママの声もありました。

彩りポテトサラダ

20代ママ
メインのちらし寿司にあわせて、副菜はでポテトサラダを作りました。ハムやにんじん、きゅうりなどを混ぜると見た目もカラフルになり、子どもも喜んでたくさん食べてくれました。

ひな祭り料理の副菜にポテトサラダを作ったママもいるようです。

野菜などを混ぜてカラフルにすることでパーティーらしさを出したり、盛りつけるときにミニトマトやブロッコリーをたくさんのせて華やかにしたりとさまざまにアレンジができるレシピかもしれません。

三色ムース

20代ママ
デザートはひし餅をイメージして三色のムースを作りました。透明のガラスのコップにムースを重ねて入れていくと外側から三色が見えて、子どもも喜んで食べていました。

デザートレシピのなかから、ひな祭りらしい三色ムースを作ったママもいるようです。見た目もきれいな三色を使ったデザートはかわいらしく、ひな祭りパーティーにあうかもしれませんね。

ひな祭りパーティーを楽しむ工夫

部屋をかわいく飾りつけたり料理やデザートを用意したりしてパーティーを楽しむ他に、さらにパーティーを盛り上げたいと考えるママもいるかもしれません。

パーティーを楽しむためにママたちが工夫していたことについて聞いてみました。

ひな祭りらしいお菓子を用意する

30代ママ
ひな祭りパーティーをするときは、普段は食べる機会が少ない桜餅やひなあられなど、ひな祭りらしいお菓子を用意しています。祖父母を呼んでパーティーするので、世代を問わずみんなが楽しめるお菓子を選び、お菓子を囲んで会話なども楽しんでいます。
30代ママ
市販のロールケーキを買ってきて、ホイップクリームやイチゴなどで子どもといっしょにデコレーションしています。お雛様の砂糖菓子をのせるとさらにひな祭りらしさが出せ、子どもも喜んでくれます。

みんなが楽しめるお菓子を用意したり、デザートを子どもとデコレーションしているママがいるようです。

子どもといっしょにひな祭りらしいケーキをいちから手作りして楽しんでいるというママの声もありました。

プレゼントを贈る

20代ママ
健やかな成長を祝う気持ちを込めて、子どもにプレゼントを贈っています。絵本や知育おもちゃなど、普段遊ぶときにも子どもが楽しめるプレゼントを選ぶようにしました。

ひな祭りに子どもが喜びそうなものをプレゼントしたママもいるようです。招待した祖父母がプレゼントをサプライズで用意してくれ、子どもが喜んでいたというママの声もありました。

子どもと楽しむひな祭りパーティー

ひな祭りを楽しむ赤ちゃん
kai - stock.adobe.com

ひな祭りのパーティーで何するかは家庭によってさまざまなようですが、料理やデザートを作ってみんなで食べたり、飾りつけをして楽しんだりすることがあるようです。

プレゼントやひな祭りらしいお菓子を用意してパーティーをさらに盛り上げているというママの声もありました。

いろいろなレシピやアイデアを参考にしながら、子どもとひな祭りパーティーを楽しめるとよいですね。

2020年02月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧