里帰り出産は産後いつまで実家にいる?過ごし方や期間

里帰り出産は産後いつまで実家にいる?過ごし方や期間

産後すぐに帰るときの工夫など

里帰り出産をするときに、産後いつ帰るのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、里帰り出産で産後いつまで実家にいるのかや、産後すぐ帰るときの工夫、旦那さんとコミュニケーションを大切にするなど里帰り出産後の過ごし方で意識したことをご紹介します。

出産を終えてからの里帰りについて

里帰り出産を考えるママのなかには、出産を終えた産後にいつまで実家で過ごそうか、気になることもあるかもしれません。ママに聞くと里帰り出産後、自宅にいつ帰るのかや、産後すぐ帰る場合について気になるという声もありました。

今回は、出産を終えて産後の里帰り出産についてご紹介します。

里帰り出産で実家で過ごすのは産後いつまで?

出産を終えたあと、産後いつまで実家で過ごすのか気になるママもいるようです。実際にいつまで実家で過ごしたのかママたちに聞いてみました。

一カ月検診を終えてから

赤ちゃん 検診
szefei/Shutterstock.com
30代ママ
産後いつ帰るのか考えましたが、一カ月後に母子の検診があったので、一カ月健診が終わってから自宅に戻りました。母子共に問題がなかったので、安心して帰宅できるように思いました。
産後、自宅にいつ帰るか考えたとき、一カ月検診をひとつの区切りとして自宅へ戻るママもいるようです。ママのなかには、お宮参りを終えてから帰宅したという声もあり、行事をひとつの目安とするのもよいかもしれませんね。

上の子にあわせて

30代ママ
上の子が幼稚園に通っており、通いなれた園を長い期間休ませるものかわいそうかなと思い、産後10日ほど実家でお世話になりました。赤ちゃんが生まれて上の子も戸惑っている様子でしたが、日中はいつも通り園で過ごすことができ嬉しそうでした。
里帰り出産では、自宅にいつ帰るかを上の子にあわせて決めたママもいるようです。また、自宅に戻るのは大変かもしれないと思っていたけれど、上の子が園へ行っているときに自分もゆっくり休めたのでよかったという声も聞かれました。

実家と自宅との距離を考えて

20代ママ
里帰り出産をしましたが、実家が遠方にあるため自宅へ戻ってしまうとなかなか頼ることができないと思いました。母や旦那と相談して産後3カ月ほど実家で過ごしました。
実家が遠方にあるため、帰宅してしまうと頼ることが難しいと思い、産後3カ月ほど滞在したママもいました。ママたちが里帰り出産後、自宅にいつ帰るのかは環境によっても異なるようです。いつまでいるか迷ったときは、自分の体調や周りの都合を踏まえて決めるのもよいかもしれませんね。

産後に自宅へすぐ帰るときの工夫

ママのなかには、さまざまな事情から産後に自宅へすぐ帰る方もいるかもしれません。産後はママ自身も大変な時期でもあるなかで、どのような工夫ができるのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

家事の手間を減らす

30代ママ
産後はなるべく自分の身体を休めたいと思ったので、家事の負担を減らせるように調理器や食洗器などを活用しました。掃除機も自動でしてくれるのでとても助かりました。
20代ママ
赤ちゃんのお世話であっという間に一日が過ぎてしまうこともしばしばでした。家事は最低限だけと割り切ると、気持ちも楽になりました。
時短家電を利用したり、家事を毎日しないなど割り切ったりするママもいるようです。出産後から休みなく続く赤ちゃんのお世話や出産の疲れなど、産後はママ自身も大変なときでもあるため、家事の手間を減らすこともポイントかもしれません。

家族に協力してもらう

30代ママ
産後自宅にすぐ帰るのでいろいろ不安がありましたが、旦那が少し早めに帰宅してくれたり、両親に頼ったりすることで過ごしています。育児も家事もひとりで抱え込まず家族に協力してもらえとても助かっています。
産後、すぐ帰るときは育児や家事を家族に協力してもらうことも必要かもしれません。ママのなかには産後、夫がまとまった休暇を取ってくれたので二人で育児を始められ、自分自身の負担も軽くなったという声もありました。産後は家族が協力しあいながら過ごすことで、家族の絆も深まるかもしれませんね。

産褥サービスを利用する

30代ママ
両家とも遠方にいるので、自治体が行っている産褥サービスを利用しました。食事も用意してくれるので、産後すぐはとてもありがたかったです。赤ちゃんのことについてもいろいろ聞けてとてもよかったように思います。
産褥サービスを利用し、産後を過ごしたママもいるようです。ママのなかには、産褥サービスを利用したことで子育ての不安解消につながったという声も聞かれました。

里帰り出産後の過ごし方で意識したこと

里帰り出産後の過ごし方でママたちはどのようなことを意識したのでしょうか。

無理をしないで過ごす

お母さん 寝る
leungchopan/Shutterstock.com
30代ママ
産後は自分自身の身体をゆっくり休めるように意識しました。布団を敷きっぱなしにして、赤ちゃんが寝ているときなどにいつでも横になれるような環境にして過ごしました。
20代ママ
産後、思っていたよりも自分自身に余裕があると思い、ひとりで家事も育児もしていたら、疲れが溜まったのか体調を崩してしまいました。無理をしないことが大事だと改めて痛感しました。
里帰り出産後の過ごし方として、無理をしないように意識したママもいるようです。赤ちゃんのお世話が優先になり、自分のことが後回しになりがちだったので、少しでも時間ができたら迷わず休むようにしたという声も聞かれました。

夫とのコミュニケーションを大切に

30代ママ
里帰り出産後は、旦那とのコミュニケーションを大切にするように心がけました。赤ちゃんの様子を伝えたり、旦那の仕事の話などを聞いたり、積極的に会話をするように意識しました。
夫とのコミュニケーションを大切にするように意識しているママもいるようです。また、ありがとうや行ってらっしゃいの言葉をかけるように心がけているという声もありました。2人で思いやりの気持ちをもって過ごせるとよいですね。

里帰り出産でいつまで実家で過ごすかはそれぞれ

ママ 寝る
Syda Productions/Shutterstock.com

里帰り出産の産後に、自宅へいつ帰るか気になるママもいるようです。いつまで実家で過ごすかはママ自身や赤ちゃん、家族の状況などによって期間も変わってくるかもしれません。

自宅へ産後すぐ帰るときは、家事の手間を減らすなど工夫したという声も聞かれました。なるべく身体を休めることを心がけたり、旦那さんとのコミュニケーションを大切にしたりと過ごし方も工夫して、無理なく赤ちゃんとの生活を始められるとよいですね。

2019年12月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧