卒園式のパパのスーツのマナーとは。ネクタイや靴などのあわせ方 

卒園式のパパのスーツのマナーとは。ネクタイや靴などのあわせ方 

実際にパパが選んだ色や柄、服装

卒園式のパパの服装を考えたとき、グレーなどのスーツの色やネクタイ、靴、靴下、髪型の他に、礼服やジャケパンでもよいのか、ストライプ柄でも大丈夫かなどマナーが気になることもあるかもしれません。今回は、卒園式の父親のスーツのマナーや、おしゃれなコーデや着こなしポイントを体験談を交えてご紹介します。

卒園式で着る父親のスーツ

卒園式で着る父親の服装を用意するときに、どのようなスーツを着ればよいのかや、お祝いにふさわしいスーツの色やネクタイの選び方など、マナーが気になる方もいるかもしれません。パパのなかには、おしゃれなコーディネートやスーツの着こなし方のポイントが知りたいという声もありました。

実際にパパたちは、どのように卒園式のスーツを選んでいるのでしょう。

卒園式で父親がスーツを着るときのマナー

卒園式で父親がスーツを着る場合、どのようなマナーがあるのでしょうか。それぞれのマナーのポイントをまとめてみました。

スーツ

卒園式は式典なので、基本的な服装としてフォーマルなスーツを選ぶとよいようです。礼服でもよいようですが、落ち着いたダークカラーのスーツで出席していたというパパの声もありました。ストライプなどの柄を選ぶ場合は、あまり目立たない色のものを選ぶと無難かもしれません。

幼稚園や保育園によっては、ルールや指定がある場合もあるようなので、事前に確認してから決めるとよさそうです。

シャツ

白いワイシャツ
iStock.com/jreika

卒園式で着るシャツの色は白が基本的なマナーのようです。他には、白地に薄いストライプのものや淡いカラーのものなど、全体の雰囲気が落ち着いた印象になるようなものを選んでいるというパパの声もありました。

ネクタイ

スーツにあわせるネクタイの色や柄も、あまり華美になりすぎないものを選ぶのがマナーのようです。シルバーカラーやスーツと同系色のストライプ柄など、落ち着いた雰囲気の色や柄のネクタイを選ぶとよいかもしれません。

スーツにあわせる靴は、黒色の革靴を選ぶとよいようです。ビジネスシューズでも問題ないようですが、新たに買い足す場合は、さまざまなフォーマルシーンに対応する紐のついたストレートチップのデザインを選ぶとよいかもしれません。

卒園式にパパたちが選んだ服装

卒園式で、パパたちはどのような服装を選んだのでしょう。実際に、パパたちが選んだ服装やコーディネートについて聞いてみました。

スーツ

「普段から仕事で着ているネイビーのスーツを選びました。シャツは白を、ネクタイは同系色の紺のストライプをあわせて、全体の印象がまとまるようにコーディネートしました」(30代パパ)

「ダークグレーのフォーマルスーツを選びました。顔周りが引き締まるように、ストライプ柄のニットタイはブラック系を選びました」(20代パパ)

パパたちに聞くと、ネイビーのスーツや、ダークグレーのスーツなどが選ばれているようです。パパのなかには、おしゃれなベストつきのダークカラースーツを選んだという声もありました。

略礼服

略礼服
© hrk422 - Fotolia

「子どもの卒園式には、ママの服装にあわせて略礼服として持っていたブラックスーツを着ました。シルバーの織柄が入ったネクタイをあわせてシックなコーディネートを意識しました」(40代パパ)

ママがブラックフォーマルを着る際は、服装をあわせてブラックスーツを選んだというパパもいるようです。礼服を選ぶときは、ネクタイの色選びに配慮しながら、喪服っぽくなってしまわないように気をつけてコーディネートを考えていたというパパの声もありました。

ジャケパン

「うちの子の幼稚園の卒園式は、ノーネクタイでもよいようだったのでジャケパンスタイルにしました。ジャケットはネイビーを、パンツは濃いグレーをコーディネートして、カジュアルになりすぎないように意識しました」(30代パパ)

幼稚園や保育園によっては、ノーネクタイでもよい場合もあるようです。ジャケパンスタイルをする際は、スーツスタイルをするパパがいることも考えて、浮いてしまわないような色や組みあわせを意識するとよいかもしれません。

スーツを着こなすポイント

卒園式でスーツを着るときに、お祝いにふさわしい着こなし方が気になるパパもいるかもしれません。パパたちがスーツを着るときに意識したポイントを聞いてみました。

身だしなみを整える

「清潔感が出るように、ひげはしっかり剃り、髪型はワックスでまとめてスッキリした印象になるように意識しました」(40代パパ)

「髪型がぼさぼさだと格好悪いと思い、卒園式の前に散髪に行って、髪型を整えました。写真撮影のことも考えて、ヘアオイルでしっかりとセットをしました」(20代パパ)

スーツを着るときに、髪型や身だしなみを整えるということもポイントのようです。他には、スーツのしわやシャツの襟元に汚れがないかどうかを確認し、アイロンをかけたりクリーニングに出すなどメンテナンスをしたというパパの声もありました。

小物使いを工夫する

「スーツのポケットに、ネクタイとお揃いのおしゃれな柄のポケットチーフをコーディネートしました。ママや子どもに『パパ かっこいい』と好評で嬉しかったです」(30代パパ)

ポケットチーフをネクタイとあわせてスーツのコーディネートに取り入れるのもよいかもしれません。パパのなかには、ネクタイピンやカフスボタンを身につけて、さり気ないおしゃれを楽しんだという声もありました。

足元まで意識する

「座ったときに素肌が見えると格好悪いので、長さのあるグレーの靴下をあわせました。スーツを着るときは、靴もしっかり磨いて足元まで気を使うようにしています」(40代パパ)

座ったときのことを考えて、靴下の長さや色を意識するのもポイントのようです。靴は磨いて汚れを落とし、かかとのすり減りや傷などは、事前にしっかりと手入れをしておけるとよいかもしれませんね。

卒園式のスーツを素敵に着こなそう

着替えをするパパと男の子
iStock.com/kohei_hara

卒園式の父親の服装は、礼服でもよいようですが、紺やグレーなどダークカラーのスーツを選んでいるパパもいるようでした。ネクタイやシャツの色、ストライプなどの柄は落ちついた雰囲気のものを選ぶとよさそうです。幼稚園や保育園によっては、ジャケパンコーデでもよい場合もあるようなので、事前に確認しておくとよいかもしれません。

髪型や靴、靴下などの身だしなみを意識しながら、卒園式のお祝いにふさわしいおしゃれなスーツの着こなしができるとよいですね。

2018年10月13日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事