【小児科医監修】あせもは冬でもなる?赤ちゃんの冬場のあせもと治し方

【小児科医監修】あせもは冬でもなる?赤ちゃんの冬場のあせもと治し方

あせもの原因と予防法について

あせもは夏になる病気だと思っている人が多いかもしれません。冬なのに赤ちゃんにあせものような症状が出ているけれど、冬でもあせもになるのでしょうか。冬場のあせもになる原因や治し方、予防法について解説します。

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

冬でもあせもになる?

汗をたくさんかいてそまま放っておくと、汗の通る管に汗がたまってあせもができます。あせもは、汗をかく夏になるものというイメージが強いかもしれませんが、新陳代謝のよい赤ちゃんや子どもは冬でもあせもになりやすいので注意が必要です。

冬にあせもになる原因

冬場はエアコンで室内を温めたり、赤ちゃんに寒い思いをさせないように厚着をさせるママが多いかもしれませんが、赤ちゃんは、大人よりも汗っかきなので厚着をしている上に室内温度が高めだとママやパパが気づかないうちに汗だくになっていてあせもができることがあります。

あせもができやすい部位

あせものできやすいお尻
iStock.com/Konstantin Aksenov
  • お尻
  • くび
  • 背中
  • 脇の下
  • ひじの内側
  • ひざの裏
オムツをしているお尻や腰回り、足の付け根は蒸れやすく、あせもになりやすいです。また赤ちゃんは寝ている時間が長いので、背中に汗がたまりやすくあせもができやすいです。座ったり、ハイハイができるようになると手足を曲げることが多くなるので、肘の内側や膝の裏などの部位も汗が溜まりやすく、あせもになりやすいです。

赤ちゃんは肉付がよく、首などしわの多いところや関節部分は汗が溜まり、あせもになりやすいので、注意が必要です。

あせもの治し方

赤ちゃんによく見られる水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)であれば、汗を流して清潔に保ち、身体を清潔にすると自然と治ることがほとんどです。

お風呂のあとや、オムツ替えのときにあせもができていないか赤ちゃんの身体を隅まで確認することが重要です。あせものような症状が見られ、肌を清潔にしていてもなかなか治らずに症状が悪化するときには受診しましょう。

あせもの治し方には、塗り薬を処方される場合が多いようです。医師の指示に従って薬を使うことであせもは治すことができます。

あせもの予防法

あせもにならないために家庭ではどのようなことに気をつけたらよいでしょうか。

室内温度を整える

室内温度は25℃
iStock.com/spukkato
20~25℃程度が赤ちゃんにとって快適な温度になるので室内温度の目安にし、エアコンの温度を高くし過ぎないことが大事です。赤ちゃんの顔や身体が赤くなっていたり、暑がっていないか確認しましょう。

厚着をさせ過ぎない

赤ちゃんが寒くないか心配でつい厚着をさせたくなるかもしれませんが、赤ちゃんは大人よりも体温が高く、新陳代謝がよいので必要以上に厚着をさせてしまうと汗をかいてあせもになる場合があります。赤ちゃんの洋服は、大人より1枚少ない枚数を目安にして、肌着は綿やガーゼなど汗を吸収しやすい素材を選ぶようにしましょう。

暑い、寒いなどの思いをまだ言葉で伝えられないので、ママやパパが赤ちゃんの様子をしっかりみて部屋の温度に調節したり、快適に過ごせる服装にしてあげることが大切です。

ウエスト部分や靴下がきついと汗が溜まりやすく、あせもができやすくなるので、締めつけの少ないゆったりした服や、身体に合ったサイズの服を選ぶことが大切です。

汗をこまめに拭く

汗をかいていないかをこまめに確認し、赤ちゃんが汗をかいていたら蒸れタオルで汗を拭いたり、着替えさせます。

オムツは蒸れやすく、お腹のゴムの部分や足の付け根の部分は特に汗をかきやすいのであせもができていないか気をつけてチェックしましょう。

薄めの布団にする

赤ちゃんが寝ているとき寒くないようにと厚手の布団を選ぶと、赤ちゃんが寝たときには汗をたくさんかいていることがあります。

通気性のよいタオルケットの上に毛布をかけたり、薄手の毛布をかけて、赤ちゃんの様子をみてもう1枚布団を重ねる程度がよいでしょう。

保湿をしっかりする

冬は乾燥しやすい季節なので、しっかり保湿しましょう。保湿をすることで肌のバリア機能が高まり、外からの刺激やダメージを受けにくくなるので、あせもを防ぎやすくなります。

お風呂あがりやオムツ替えのあとにベビーローションなどを使って赤ちゃんの肌を保湿する習慣をつけるとよいです。

ベビーパウダーはつけすぎると、汗の通る管をふさいでしまい、反対にあせもになる原因になるので要注意です。

冬にもあせも対策をしっかりしよう

赤ちゃんの保湿
iStock.com/Favor_of_God

あせもは、夏にだけなる病気ではなく、冬にもなることがあります。

冬場は赤ちゃんが寒い思いをしないようにと部屋の温度を上げたり、暖かい格好をさせるママも多いかもしれませんが、体温が高く新陳代謝がよい赤ちゃんは、冬にもあせもができやすいので注意が必要です。

赤ちゃんの服装は大人よりも1枚少めを意識して着せすぎず、赤ちゃんが汗をかいていたらすぐに着替えたり、部屋の温度調節やなどがあせも予防になります。

あせもが出来てしまったときには、肌を清潔に保ち、それでも症状がよくならないときには受診して、適切な対処をするとよいでしょう。
赤ちゃんの様子をママやパパがきちんと治し方の確認をしてあせも対策や治し方をきちんと把握して冬場の赤ちゃんのあせもを防ぎましょう。

監修:眞々田 容子(クローバーこどもクリニック)

No Image

眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

眞々田 容子の監修記事一覧(バックナンバー)

台東区蔵前の小児科クローバーこどもクリニック院長。信州大学医学部卒業。日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医。ホリスティック医学協会会員。

症状だけを診ていくのではなく、患者さんの心身全体の状態をみていく”心と身体をつなげる”医療をしています。

お母さんの子育ての不安が少なくなるよう、診療内でお話しをしっかり聴いていきます。

クローバーこどもクリニックのブログ
クローバーこどもクリニック

2020年02月18日

専門家のコメント
20
    わい先生 保育士
    冬にあせもになる子多いです!
    でも、冬だから汗かかないと思ってなに!?となることも多いので、わからない発疹は病院に行くことをオススメします。
    大人は寒いから、子どもに厚着をさせてしまいますが、子どもはかなり代謝がいいので、汗かきです。厚着にならないようにし、室温を保ってください。また、冬でも動くと汗をかきやすいです。
    すみっこ先生 保育士
    肌がデリケートな子は特に、あせもは一年中気を付けておくと良いと思います。
    動き回る子は汗をかくことも多いので、【服の調整をする&着替えをこまめにする&室温に気を付ける】を忘れずに…✨
    保育園でも遊んだあとは前髪がベタベタ!シャワー浴びたの!😲って子がよく居ます。
    風邪を引かないように気を付けることも大事ですね!
    めい先生 保育士
    3ヶ月頃から大きくなって首が見えなくなり、首部分のあせもがなかなかよくなりません。
    対応方法がいくつか紹介されていたので、実践してみます。
    りお先生 保育士
    あせも、子どもに服を着せすぎると冬でもあせもできますよねー!!
    厚着をさせすぎず、室内も暖かくしすぎない方がいいと思います。

    子どもは大人より寒くないようですよ、常に動いているので。

    汗をかいているなーと思ったら、一枚衣類を減らすか、部屋の温度を下げるかして調節してくださいねー。

    お風呂にスキナベープを入れるとあせも、めっちゃ改善しますよー!!
    あーちん先生 保育士
    赤ちゃんは対応が高いので、厚着をさせすぎると汗をたくさんかいてしまいますね。
    日頃からの肌の保湿もしっかりしてあげるといいと思います!

    乾燥もあせももしっかり対策をしてなるべく赤ちゃんの負担にならないようにしてあげたいですね!
    すー先生 保育士
    冬は夏ほどあせもは気になりませんが、お着替えはマメにしています。お風呂の時には首や手足の脂肪の間は念入りに洗っています。子どもは汗をかきやすいので、1年中あせもに気をつけないければいけませんね。
    のんの先生 保育士
    冬場寒いだろうと服を着せすぎて汗をかき、あせもになっている赤ちゃんは結構多いです。
    季節は関係なく、子供が汗をかいていないかチェックをし、汗をかいている場合はシャツを変える(着替え)ようにしてあげるとあせもは防げると思います
    えり先生 保育士
    子どもは大人より1枚少なめを意識して着させています。
    室内では、室温で調節。外に出る時はスマホで気温を確認してから、上着で調節。
    生まれて1年半近くになりますが、体質もあるのか汗疹は出来たことないです!
    靴下も履かせがちですが、特に赤ちゃんは足で体温を調節しているので、お出かけの時以外は履かなくても大丈夫だと思います^^
    また、色んなところで保温肌着も販売されていますが、それよりも綿の肌着の方がいいと聞いたことがあります。
    ちろちぃ先生 保育士
    冬の方が温度を高く設定していたり、厚着しているのであせをかきやすいと思います。
    あまり長時間外に出ない時はなるべく薄着をさせています。外に出る時も、ショッピングモールなどに行く時は店内が暑いので脱がせたりして汗をかかないように調節しています。
    それでもあせもができてしまったときは、迷わず皮膚科へ連れて行ってお薬きちんと塗るようにしています。
    とーち先生 保育士
    二人目は肌が弱く冬でもあせもになっていましたー(*_*)

    寝るときに布団から出ているので、寒いだろうと着込ませていると汗をかいているようであせもが。。という事も多々ありました。

    しっかり自分で言えない時期は調節が難しいですが、なるべく薄着で過ごすように心掛けています。

    鼻水が出ていたりすると、心配で着込ませてしまうんですけどね(*_*)

    汗をかいていないかチェックしたり、汗をかいていたら小まめに拭くようにしています。
    おはぎ先生 保育士
    下の子は肌が少し弱く背中や首にあせもがよくできます。夜布団を脱ぐからとついつい着せてしまううえに、起こしたくなくて着替えさせてたりしないからもあるかもしれません。体を拭くだけでも全然違うようなので、着換えまでできないときは軽くタオルで拭いてあげようと思います。
    かよう先生 保育士
    冬は特に赤ちゃんが寒くないかと心配で厚着になったり、室内温度を高めに設定してしまうことがあるかと思いますが、それがあせもの原因になっていると知って、赤ちゃんの服装や部屋の温度設定を改めて考える必要があると思いました。
    様子をよく見て着替えたり、対応することが大切ですね。
    みき先生 保育士
    子どもを思うがあまり、裏起毛などの厚着で登園する子がいますが、保育園は適温に保たれていて、子どもは体を動かす場面も多いので汗をたくさんかいてあせもができてしまう子がいます....
    薄着の方が体温調節ができる体になると言う研究もあります。調節しやすい服を着て登園できるといいと思います♫
    ぷん先生 保育士
    今まさにその事で悩んでいました😥
    赤ちゃんの服は大人より一枚少ないくらいで良いのですね💦
    少し厚着させすぎていたのかもしれません😥
    こまめに汗を拭いて清潔を保ちたいと思います。
    ゆか先生 保育士
    冬でもあせもはできますね。
    外が寒いからといって厚着をさせてくる親御さんがいます。
    でも、部屋のなかではエアコンで室温を調節しているので厚着だと汗をかいてしまいます。
    そのかいた汗が冷えて風邪を引いたりします。
    子どもは大人より1枚薄着で大丈夫です。
    でぶいも先生 保育士
    冬だからと、ついつい服を着込ませたりおくるみで包みすぎて汗疹ができてしまうことがあります。お風呂上がりは、ある程度汗がひいてから肌着を着せたり、厚着にならないよう気をつけていました。
    のの先生 保育士
    冬場でもあせもになる可能性は十分にあります。朝起きたら濡れタオルで拭いてあげ、保湿をする。夕方ごろにお風呂にいれて石鹸を使って優しく洗ってあげて、その後保湿をしてあげましょう。
    せおみ先生 保育士
    赤ちゃんは汗をよくかくので、冬でも汗をかき、汗疹の原因になります。子どもに着せる服は大人が着る服より一枚少なく着せる事を基本としています。少し寒いかな。と思うぐらいの服装が丁度良いと思いますよ。かえって着込み過ぎると汗をかき、冷えて風邪をひいたり、汗疹の原因になるとおもいます。
    ちぃ先生 保育士
    子どもはよく動くので一年中汗疹には気をつけなければいけませんね。
    つい冬場など寒くないかな…?と心配で厚着させてしまうかもしれませんが、室内で遊ぶ時などは特に暖房もかかっていたりするので服を脱がせたりと体温調節をしてあげるといいと思います。あとは乾燥や服の摩擦などでも肌は荒れてしまうのでお風呂の際などに見てあげるといいと思います。
    まい先生 保育士
    冬にもなります!
    肌がとても敏感なので厚着した時に汗かいて荒れたり、、クリームは常につけてあげたらいいと思います

トラブルの関連記事

カテゴリ一覧