【小児科医監修】とびひになったらプールはいつから入れる?目安となる日数

【小児科医監修】とびひになったらプールはいつから入れる?目安となる日数

スイミングが可能な症状の見分け方と悪化させない対策法

子どもがとびひになったら保育園や幼稚園、学校のプールやスイミングスクールにはいつから入っていいのか悩む人は少なくないでしょう。とびひになった場合、プールに入れる症状や日数の目安を解説します。また、とびひを悪化させないために日常でできる対策法をご紹介します。

金髙太一(おひさまクリニック)

とびひとは

とびひの正式名称は「伝染性膿痂疹」(でんせんせいのうかしん)と言います。

人にうつる病気で、水ぶくれをかきむしった手を介して全身に症状が広がる様子が飛び火のように見えることから「とびひ」と呼ばれています。

とびひは、大人もかかる場合がありますが、10歳未満の子どもが多くかかっています。

とびひの種類

とびひには「水疱性膿痂疹」(すいほうせいのうかしん)と「痂皮性膿痂疹」(かひせいのうかしん)の2種類があります。

とびひの原因は、虫刺されやあせもを掻いたり、ケガでできた皮膚の傷から細菌が入り込んで発症します。

「水疱性膿痂疹」と「痂皮性膿痂疹」の原因と症状について詳しく見ていきましょう。

水疱性膿痂疹

水疱性膿痂疹は主に黄色ブドウ球菌が原因といわれています。

黄色ブドウ球菌は、健康な人の皮膚の表面や鼻の中にいる菌で、虫刺されやあせも、傷をひっかいて感染を引き起こします。

水疱性膿痂疹は、7歳児未満の乳幼児が夏にかかりやすく、主に目や鼻、口のまわりに発疹がではじめて全身に広がります。

水ぶくれが破れて皮膚がただれると、かゆみを伴い、場合によっては患部が膿をもつことがあります。

痂皮性膿痂疹

痂皮性膿痂疹は、年齢や季節に関係なく発症します。

水ぶくれはできませんが、炎症が強く分厚いかさぶた(痂皮)ができ、発熱やリンパ節の腫れ、のどの痛みを伴う場合があります。

「痂皮性膿痂疹」は、健康な人の皮膚の鼻やのどの中にいる化膿レンサ球菌が傷口から皮膚に入り込むことが原因で、症状が全身にでます。

とびひになった場合、プールに入ってもよい?

子供用のプールに浮かぶビーチボール
iStock.com/a-poselenov

プールの水ではとびひはうつりませんが、プールに入ることでとびひの症状が悪化する場合があります。

かきむしった水疱の滲出液を触って周りの人にうつしてしまう可能性があるため、とびひの症状が完全に治り、医師の許可が出るまでプールやスイミングスクールは避けるべきです。

とびひになったらいつからプールに入れる?

とびひの傷がジュクジュクしている間はプールは控え、傷口が完全に乾燥して赤みがなくなったときが感染しない目安になります。

抗生物質を5日間程度飲むと大体の場合、皮膚の状態はよくなります。

抗生物質を飲み始めて2日から3日経っても水ぶくれが増加したり、赤みが増して腫れたり、患部が乾燥しないときは病院で再受診をしましょう。

とびひを悪化させないために日常で注意すること

とびひの症状を悪化させないために日常生活で気をつけることをご紹介します。

皮膚を清潔に保つ

石鹸の泡
© mapo - Fotolia

とびひの原因になる細菌を増やさないために皮膚を清潔に保つことが大切です。

石鹸をよく泡立てて、患部はこすらずに優しく洗います。湯船には浸からずにシャワーで済ませましょう。

シャワーを浴びたあとは、清潔なタオルで、ゴシゴシこすらず、優しく水分をふき取ることが大切です。

患部をいじらない

かゆくて患部をかいたり、いじってしまう子どもがいますが、とびひは患部の滲出液を触った手を介してまわりの人にうつります。

爪を短く切って、患部をかいたり触らないように注意することが必要です。

年齢が低いと、無意識にかいてしまう場合があるので、ガーゼや包帯で患部を保護して傷口を露出しないように工夫しましょう。

しかし傷口を密閉しすぎたり、絆創膏を貼りっぱなしで放置すると治るまで長引く場合があります。

正しい処置が治りを早くします。心配があれば医療機関で相談しましょう。

治療を途中で中断しない

かゆみや皮膚の状態がよくなってきても細菌が潜んでいる場合があります。

自己判断で治療をやめてしまうと症状がぶり返したり、長引く可能性があります。

傷口が乾燥して赤みがとれていても、ひっかいて再びばい菌が入ってしまったり、発疹や発疹の周りに少しでも赤みが残っているときに治療をやめてしまうと再発する恐れがあるため、医師の指示に従って完全に治るまで治療を続けることが重要です。

とびひのときのプールは完治をしてから入ろう

塗り薬を塗っている子供
© kai - Fotolia

子どもがとびひになったら、プールに入ってもよいのか迷うママもいるでしょう。

とびひのときにプールに入るのは原則禁止です。プールの水を介してとびひがうつることはありませんが、水疱の滲出液を触って周りの人にうつしてしまったり、プールに入ることでとびひの症状が悪化する場合があります。

患部が完全に乾いて赤みがなくなり、医師の許可がでてからプールに入るようにしましょう。

患部を優しく洗い、子どもが患部をいじらないようにガーゼや包帯で正しい処置をすることが大切です。

傷口が乾燥して赤みがとれていても、ひっかいた拍子に再びばい菌が入ってしまったり、発疹周りに少しでも赤みが残っているときに治療をやめてしまうと再発する恐れがあります。しっかり完治するまで治療することが重要です。

監修:金髙太一(おひさまクリニック 院長)

No Image

金髙太一(おひさまクリニック)

金髙太一の監修記事一覧(バックナンバー)

おひさまクリニック院長。小児科専門医、地域総合小児医療認定医。小児の感染症、アレルギー、免疫・膠原病を中心に東京、横浜の病院で研修・診療の経験を積み、2015年に東京の十条にておひさまクリニック(小児科、耳鼻咽喉科)を開院。

子どもたちが健やかに成長していくためのサポートをしたいと思っております。また、3児の父でもあるので、子どもに関することでしたら、お気軽にご相談ください。

おひさまクリニック

2019年06月03日

専門家のコメント
32
    かよう先生 保育士
    とびひになると治るまでプールに入れないので、早めに気づいてしっかりケアしたいです。
    ゆう先生 保育士
    子どもたちにとって、プールは大好きなイベントですから、入れないのは悲しいですよね。
    日頃か
    りり先生 保育士
    虫刺されからとびひになる子どもが多く、子どもはすぐに痒いと虫刺されの箇所を掻いてしまうので
    にこちゃん先生 保育士
    夏は虫刺されからとびひになる子も多いです。
    プールを楽しみにしてたのに入れない…かわいそう
    かっぱ先生 保育士
    体質で虫刺されから水ぶくれが出来て描き壊して、とびひにということはよく聞きます。そういう体
    いちぽ先生 保育士
    うちはとびひの子は完全に乾いて治ってから入ってもらっていました。
    みんなが入っているのに入
    すみっこ先生 保育士
    虫刺されを掻きむしってしまい、とびひになってしまったことがあります。皮膚科へ行き、ガーゼで
    りな先生 保育士
    虫さされをかきすぎてしまうとすぐにとびひになってしまう子がいます。なるべくひどくなる前に治
    せおみ先生 保育士
    とびひはプールで感染する。と思っている人が多いのではないでしょうか。
    プールで感染するので
    みー先生 保育士
    なかなか小さいうちはかかないようにするのは難しいですね。
    小児科、皮膚科などに行かれて薬を
    あー先生 保育士
    とびひになったらプールに入られる日は目安はありますが、なるべくなら皮膚科などかかりつけ医に
    おはぎ先生 保育士
    虫さされからのとびひ多いですよね。勤めていた園でも、多かったです。虫さされくらいで‥と言わ
    すー先生 保育士
    息子はとびひになり完治するまで1週間はかかりました。完治するまでは外出も控え、皮膚を清潔に
    ぽんた先生 保育士
    プールが大好きな子なら、はやく治して入れるようにしてあげたいですね。うちは、プール苦手なの
    まい先生 保育士
    とびひは映るので水遊びは残念ですがお休みになります
    完全に治ってからのほうがいいです。
    とーち先生 保育士
    とびひは他の子にもうつしてしまうので、治るまではプールには入れません。

    虫刺されから、と
コメントをもっと見る

トラブルの関連記事

  • 男の子を持つママにとって子どもの「おちんちん」の悩みはなかなか相談しづらいもの。しかしネットでは「ムキムキ体操」というキーワードが話題となるなど、多くの方が真剣に考え、悩んでいる問題といえるでしょう。今回は「子どもの包茎」の症状と、治療法について解説します。

    山高篤行(順天堂大学医学部付属順天堂医院 )

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

    金髙清佳(おひさまクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

カテゴリ一覧