宋美玄先生、教えて! 【第3回】産後、2人目をつくるベストタイミングは?

宋美玄先生、教えて! 【第3回】産後、2人目をつくるベストタイミングは?

1人目が生まれて、毎日楽しくもバタバタ過ごしているなかで、「そろそろ2人目がほしい……」と思っている方もいるのでは? 連載第3回目では、2人目をつくる医学的にベストなタイミングや、気になる産後の夫婦生活について教えてもらいました。

宋美玄(ソンミヒョン)

ママの栄養状態が戻るのは、出産の1年半後

産後、2人目がほしいと思ったとき、いつ頃から妊活を意識するとよいのでしょうか?

「年齢によりますね。40歳で1人目を産んだ方が2人目を望むなら、次は2年後……なんて言ってられないですし」と宋先生。

「年齢的に余裕がある人なら、次の妊娠までに1年半くらいは期間をあけるとよいと思います。1回の妊娠・出産でママはたくさんの栄養素を使ってしまい、赤ちゃんの成長に必要な葉酸も欠乏した状態です。さらに、授乳によっても栄養素や体力が消費されます。これらの栄養素が補充されて、再び妊娠に向いた体に戻るまでに1年半ぐらいかかると考えられています」(宋先生)

1年半未満での妊娠は、早産のリスクが上がると言われてます。しかし、授乳していても妊娠する方はいますし、1人目ができたすぐ後に2人目を妊娠する方も。妊娠のしやすさや体の状態は人それぞれなので、ご夫婦で話し合うことが大切です。

「2人目がほしいけれど排卵が戻ってこないという方は、断乳を検討したほうがよい場合も。早めにかかりつけの産婦人科医に相談してみてください」(宋先生)

夫婦生活は産後1ヵ月以降に再開OK

骨盤や子宮の状態や、出産時の膣の傷などが回復するまでには1ヵ月ほどかかります。産後の回復は個人差があるため一概には言えませんが、「1ヵ月健診で問題がなければ、セックスを再開してOKとお伝えしています」と宋先生。

「でも、ほとんどのママが産後1ヵ月では『そんな気分にならない』と言いますね。出産後は女性ホルモンの分泌が低下するため、膣が乾燥して感度も低い。濡れにくかったり、痛かったりして、セックスするのに向かない状態です。授乳中はプロラクチンというホルモンの影響で性欲が減る人もいて、しかも育児や家事で疲れやすいため、『したくならない』というママが多いようです」(宋先生)

傷がくっついても、違和感や痛みが半年から1年ほど続く人もいるそう。また、順調に回復していても、産後最初の夫婦生活には不安な気持ちがある方もいるはず。

「なかには夫婦生活の再開を待ち構えている旦那さんもいるようですが、そんな気分にならないという場合は、『あなたが嫌なのではなく、今はそういう体なの』ということを伝えて、理解してもらうことが必要。ご自身の気持ちと体の状態次第で、ゆっくり再開するのがよいと思います。また、帝王切開をした場合は子宮に傷が残っているため、1年半未満の妊娠は避けたほうがよいでしょう」(宋先生)

実は多い? 産後のセックスレス

産婦人科医に相談する人はあまり多くないようですが、2人目の妊娠を望んでいるにもかかわらず、産後セックスレスになっているご夫婦も実は多いそう。

「産後セックスレスの相談は多いですね。もう1人子どもがほしい、でもセックスはしていない。今さらできない、でも不妊治療をするもの嫌、という人も。これでは妊娠できませんよね」(宋先生)

産後、体に違和感があって夫婦生活を受けいれたくないというケースや、旦那さんが育児や家事を手伝ってくれずに不信感を抱いてしまったケース、あるいは旦那さんが授乳している妻に欲情しないというケースなど、セックスレスになる原因はさまざま。

「完全にセックスレスになってからどうにかしようとしても難しいと思います。たとえば、産後2年まったくしていないという人が夫婦生活を復活させるのは大変です」(宋先生)

2人目を望むなら、妊娠中からスキンシップを大切に

では、産後にセックスレスにならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

「産後セックスレスにならないためには、妊娠中からのスキンシップが大事だと思います。妊娠中は性欲が減る人もいますし、医師から『夫婦生活を控えたほうがよい』と言われる場合もあるでしょう。そういったときに、旦那さんを拒絶してしまうのではなく、お互いを思いやって接したり、手をつなぐといったスキンシップを保っていたほうが、産後もよい夫婦関係を築けるのではないでしょうか」(宋先生)

また、産後は膣が乾燥しやすいため、「痛かったらどうしよう」と不安な人は、ローションなどを使うという方法も。

2人目を望むときは、ママの体の回復と気持ちの状態を考慮しつつ、夫婦でお互いを尊重しあって、よくコミュニケーションをとって過ごすのがベストだと言えるでしょう。

No Image

宋美玄(ソンミヒョン)

宋美玄の監修記事一覧

産婦人科医 医学博士 日本新生児周産期学会会員、日本性科学会会員
1976年兵庫県神戸市生まれ。01年、大阪大学医学部医学科卒業後同大学産婦人科入局。10年に発売した『女医が教える本当に気持ちいいセックス』がシリーズ累計70万部突破の大ヒット、大きな注目を集める。現在、フジテレビ「とくダネ!」木曜日レギュラーコメンテーターとして出演中。2児の母として子育てと臨床産婦人科医を両立、メディア等への積極的露出で“カリスマ産婦人科医”としてさまざまな女性の悩み、セックスや女性の性、妊娠などについて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

※症状によって必要なケア、処置は変わってきます。不安のある方は医師の診断を受けてください。
※当記事の情報による行動においては個人差が生じるので、かかりつけの医院にてご相談ください。

2017年01月26日

専門家のコメント
10
    いちぽ先生 保育士
    産後、どれだけ旦那さんが協力してくれるかにもよるんじゃないでしょうか。奥さんにまったく任せ
    のんの先生 保育士
    ふたりめは、焦っていたためか、なかなか出来ませんでした。3人目以降は、特に予定はしておりま
    ぺち先生 保育士
    今1人目を妊娠中ですが、旦那とは2人目のことも話しています。なるべく早めに欲しいなと思って
    まあ先生 保育士
    産後の育児に追われると、心も体も疲れきって女性としての大切なものを忘れてしまう気がします。
    あーちん先生 保育士
    夫婦の仲はいいと思うのですが、スキンシップというより仲良しの友達感覚になってしまってきたか
コメントをもっと見る

取材レポートの関連記事

  • さまざまな歴史や風土をもつ世界の国々では、子どもはどんなふうに育つのでしょうか。この連載では、各国の教育や子育てで大切にされている価値観を、現地から紹介。今回は、イギリスに8年在住し、3児の出産と子育てを経験された浅見実花さんに話を聞きました。

    <連載企画>世界の教育と子育て

  • さまざまな歴史や風土をもつ世界の国々では、子どもはどんなふうに育つのでしょうか。この連載では、各国の教育や子育てで大切にされている価値観を、現地から紹介。今回は、イギリスに8年在住し、3児の出産と子育てを経験された浅見実花さんに話を聞きました。

    <連載企画>世界の教育と子育て

  • 1日100食限定の佰食屋を起業した中村朱美氏の、逆転の発想で作り上げたライフワークバランスに迫るインタビュー。後編は、独自の子育て論や教育方針について語ってもらった。

    特集記事

  • 働き方が多様化してきている昨今でも、家族や子どものために定時に家に帰れない親はたくさんいる。「なぜ夜に帰れないのか?」この疑問をもとに、新たなビジネスモデルで起業し、飲食業界の常識を変えた女性がいる。今回は、国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋(ひゃくしょくや)」を経営する株式会社minitts代表取締役の中村朱美氏に話を聞いた。

    特集記事

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、弁護士の菊地幸夫さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化し、時代が求める人材像が大きく変わろうとしている現代。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、弁護士の菊地幸夫さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 2020年の教育改革を迎え、新時代を生きる現代の子どもたち。親である私たちが受けてきた教育が当たり前ではなくなるかもしれない今、どのような教育が必要なのか。この連載では、従来の評価軸では測ることのできないさまざまな分野で、子どもの能力や可能性を伸ばす新しい「学びのカタチ」について紹介していく。後編では、ルークス高等学院で大切にしている考え方、ビジョンについて理事長の川合宏紀さんに話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を迎え、新時代を生きる現代の子どもたち。親である私たちが受けてきた教育が当たり前ではなくなるかもしれない今、どのような教育が必要なのか。この連載では、従来の評価軸では測ることのできないさまざまな分野で、子どもの能力や可能性を伸ばす新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第7回では、ルークス高等学院の理事長、川合宏紀氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を間近に迎え、新時代を生きるこれからの子どもたち。親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるこの時代、子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。今回は、サイエンスに特化したインターナショナルスクール「Manai Institute of Science and Technology」代表、野村竜一氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を間近に迎え、新時代を生きるこれからの子どもたち。親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるこの時代、子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。今回は、サイエンスに特化したインターナショナルスクール「Manai Institute of Science and Technology」代表、野村竜一氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を目の前に、進化の真っ最中を生きる現代の子どもたち。私たち親が受けてきた教育が当たり前ではなくなるこれからの時代に、子どもたちに必要な教育とは何か?この連載では、従来の評価で計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第5回では、上野公園にある9つのミュージアムと連動したプロジェクト「Museum Start あいうえの」の推進役である、東京藝術大学の伊藤達矢さん、東京都美術館の河野佑美さんに話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を目の前に、進化の真っ最中を生きる現代の子どもたち。私たち親が受けてきた教育が当たり前ではなくなるこれからの時代に、子どもたちに必要な教育とは何か?この連載では、従来の評価で計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第5回では、上野公園にある9つのミュージアムと連動したプロジェクト「Museum Start あいうえの」の推進役である、東京藝術大学の伊藤達矢さん、東京都美術館の河野佑美さんに話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ