世界にひとつだけの絵本動画も。楽しく学べる「キッズチューブ」の知育動画

世界にひとつだけの絵本動画も。楽しく学べる「キッズチューブ」の知育動画

知育動画配信サービス「キッズチューブ」ってご存知ですか?子どもの学びと遊びに役立つ動画がたくさん配信されているんです。今回はその「キッズチューブ」についてご紹介します。最後にクリスマスにぴったりのキャンペーン企画もご用意しているのでお見逃しなく。

子どもが大好きな、スマホなどの動画サービス

子どもが外出先で泣き出してしまったときや忙しくて手が離せないとき、ついついスマホなどで動画配信サイトを子どもに見せっぱなしにして、ちょっと後ろめたい気分になった経験はありませんか?子どもが静かになるのはいいけれど、見せ続けてもいいのかしら......と不安になるママも多いと思います。

どうせ見せるなら、子どもにとって発見や学びがある動画がいいですよね。

そんなときにぴったりなのが「キッズチューブ」

出典 https://www.youtube.com/

知育動画配信サービス「キッズチューブ」には、子どもが夢中になれて、大人も安心して見せられる動画がたくさんあります。

おはなしランド「ももたろう(桃太郎)」

昔話の代表格「ももたろう(桃太郎)」の紙芝居動画です。おばあさんが川で洗濯をしていたら突然川から流れてきた大きなもも。から朝や夜のご飯の前や、寝る前の読み聞かせにも最適!お父さん、お母さんといっしょに動画を見てみよう!
出典: おはなしランド「ももたろう(桃太郎)」
出典 https://www.youtube.com/

優しいタッチで描かれている「桃太郎」は、子どもが夢中になりそうですね。紙芝居動画なので、子どもの想像力もふくらみそう。ほかにも「3びきのこぶた」や、「ブレーメンの音楽隊」もあります。

子どもと楽しむ手作りおもちゃ「ペットボトルのマラカス」

出典 https://www.youtube.com/
日用品や普段出る廃材など、簡単に手に入る素材を使う手作りおもちゃ工作は、発想力や創造力が高まり創作意欲につながります。また、作ったものを玩具として遊ぶことで達成感も味わうことができます。
出典: 子どもと楽しむ手作りおもちゃ「ペットボトルのマラカス」

材料から説明してくれるので、親子で気軽に工作を楽しめますね。動画を見るだけでも創作意欲がわいてきそうです。ほかにも、簡単な実験やマジックのやり方を説明する動画もあって、子どもの好奇心を育んでくれそうです。

こだわりと工夫がつまった知育動画

この「キッズチューブ」を運営しているのは、株式会社イースマイリー代表取締役の矢澤修さん。

子どもが遊びながら学べる知育動画を発信し続ける理由をきいてみました。

子育てに関わる人たちを、輝かせたい

ご自身も「キッズチューブ」にもご出演されている矢澤さん。プライベートでは二児の父親だそうです。

「子育てってとてもいい経験だと思うんです。子育てを通じて、お父さんとお母さんを輝かせたい。もちろん子どもも、親以外に子どもを育てる保育園の保育士さんたちも、みんなをキラキラさせたい。子育てにかかわるすべての人が共に学び、育っていくような環境を作りたい。そんな思いから、子育てに関わる事業を始めました」

大人も子どもも共に育む「共育」(きょういく)

矢澤さんには「3年後に世界一の保育園を作りたい」という夢があるそうです。

「その夢を叶えるために、まずは子育ての環境を整えようと思い、知育動画サービスを始めました。そのうち、子どもを楽しませるプロである保育士さんにも出演してもらいたいとも考えています。その動画を親子で見ることによって、子どもが楽しみながら学べる。大人も一緒に教え、学ぶ。そうやって共に育む『共育(きょういく)』の機会が作れたらいいなと思っています」

世界にひとつだけの絵本動画を制作

最後にご紹介するのは、クリスマスにぴったりのキャンペーン企画です。

クーポンコード「キズナ」を入力すると抽選で無料に!

出典 https://www.youtube.com/

「KidsTube(キッズチューブ)」が、クリスマスプレゼント用に、抽選で50名の方にパパママの朗読声が入った絵本動画を500円で制作するキャンペーンを展開中。それが今回はクーポンコード「キズナ」を入力すると、無料になります!

応募フォームはこちら

■概要
パパ・ママの朗読音声を入れた絵本動画を500円で作成。
ただし、クーポン利用で無料とする。

■クーポンコード
「キズナ」

■当選人数
50名(人数を超えたら抽選)

■応募期間
10月31日(月)〜2016/11/13(日) の2週間

■制作絵本 ( )内は朗読の想定時間
・ももたろう (3:30)
・きたかぜとたいよう (3:30)
・おおきなかぶ (2:30)
・うさぎとかめ (3:00)
・うらしまたろう (3:00)
・あかずきんちゃん (4:00)
・さるかにがっせん (3:30)
・アリとキリギリス (3:45)
・かぐやひめ (3:15)
・こびとと靴屋 (3:45)

朗読を組み込む絵本動画
出典 https://www.youtube.com/

■当選発表
2016/11/16(水)
・入力いただいたメールアドレス宛に連絡
・KidsTubeチャンネルの動画にて発表

■当選後のデータ入稿期間
2016/11/16(水)〜2016/11/20(日)

■動画共有方法
KidsTubeのYouTubeチャンネルにURLを知らないと開けない「限定公開」の形で動画をアップしURLをご連絡します。

応募・詳細はこちら

まとめ

キャンペーンに応募して、世界でひとつだけのパパママの声で朗読する絵本動画をクリスマスに」プレゼントしてはいかがでしょうか。

子どもの学びと遊びに役立つ動画がたくさん配信されている「キッズチューブ」、親子で楽しめそうですね。

2016年10月31日

専門家のコメント
2
    いちぽ先生 保育士
    YouTubeにこんなのがあるんですね!
    おもしろそう!是非みてみたいと思います!手作りおもちゃもあるみたいで、参考にしてみます。
    あーちん先生 保育士
    キッズチューブはじめて知りました。読み聞かせなどあるのは嬉しいです。

    「共育」というのもいいですね!ぜひ世界一の保育園を作ってほしいです!応援しています。

取材レポートの関連記事

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第2回は、姿勢の観点から見た授乳の盲点について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第1回は、産後の悩みとして必ず上位にあがる骨盤調整について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 2020年の教育改革を控える新時代には、親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるのかもしれない。これからの子どもたちに必要なのは、どのような教育なのか。この連載では、テストや成績、運動神経では計ることのできない独自の分野で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介する。第3回目は、子どもから大人まで年齢を問わない哲学対話を実践する「こども哲学おとな哲学アーダコーダ」代表、角田将太郎氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を目前に、進化の真っ只中を生きる現代の子どもたち。親である私たちが受けてきた教育が当たり前でなくなるこれからの時代に、子どもに必要な教育とは何なのか?この連載では、テストや成績、運動神経など従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第2回では、大自然に囲まれたフィールドで、親子のための“遊びの学校”を実践する原っぱ大学 ガクチョ―、塚越 暁氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を間近に迎え、新時代を生きる私たちの子どもたち。親である私たちが教わってきた教育があたりまえでなくなる新時代に子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、子どものテストや成績、運動神経ではなく多方面で子どもの能力を伸ばす学びのカタチについて紹介をしていく。第1回目は新時代の教育改革者として子どもの興味開発教育を行う探究学舎 宝槻泰伸氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年を間近に迎えた近年、さまざまなテクノロジーの進化で世の中が大きく変わろうとしている。私たちの子どもが大人になる頃にはどのような時代になっているのか。今の当たり前が当たり前ではなくなっているだろう。KIDSNA編集部の連載企画『子どものミライ』#05では、繊維の加工からクラウドサービスまでをワンストップで行う、世界で唯一のウェアラブルIoT企業ミツフジ株式会社に、スマートウェアと共存するミライについて話を聞いた。

    <連載企画>子どものミライ

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#06は弁護士の大渕愛子氏にインタビュー。タレント業、育児グッズの企画販売もこなす彼女は現在、3児のママ。法律の専門家という責任の大きな仕事をこなしつつ子育てを楽しむ彼女は、どのように育児と仕事を両立しているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

カテゴリ一覧