【精神科医・藤野智哉先生が贈るメッセージ】ストレス社会で生きづらさを感じる方への心の処方せん

【精神科医・藤野智哉先生が贈るメッセージ】ストレス社会で生きづらさを感じる方への心の処方せん

ソフトなしゃべりと心が軽くなる会話で大人気の精神科医・藤野智哉先生が伝授する自分の「いい加減」を知ることの重要性からネガティブ思考からを脱してストレスフリーに生きる処方せんをまとめました。

KIDSNA TALK

頑張りすぎるすべての人に送る、「いい加減」の処方せん

コロナ禍も相まって現代社会では、ストレスを抱える人が増えています。

そこで、ポジティブに生きるためにも、「できないものはできない」と受け入れたうえで、できたことに目を向ける「いい加減」の重要性についてお話しいただきました。

「あきらめると、うまくいく」受け入れ、受け流すためのコツ

著書『「いい加減」の処方せん』は、藤野先生が心臓に疾患を抱えていることで悩んだ幼少期に端を発しています。そして、「どれだけ悩んでもこれは変わらない」とあきらめること違ったものの見方と考え方ができるようになったといいます。

誰しも人と自分を比較しがちですが、「自分と人とは違う」と、認識することとあきらめることでうまくいくことについてお話しいただきました。

自分を好きになれない人に贈る「セルフラブ」の重要性

頑張りすぎる人は、自分に厳しい傾向があり、自分を追い込みがち。自然体で楽に生きるためにも「自分のことを好きになる」ことの大切さをお話をいただきました。

また、自分を愛するためにも、ときには自分にご褒美をあげる。「ポジティブ思考」になれる術を教えていただきました。

頑張らない!考え込まない!目標は低く設定する楽な生き方

いい加減”と“いい諦め”のために、「考え込まない、がんばらないことの重要性」についてお話いただきました。また、ストレスフリーな人生を送るために身に着けたい「把握可能感」「処理可能感」「有意義感」についてお話をいただきました。

近日公開予定の第5弾は、カリスマ保育士・てぃ先生と脳科学者・瀧靖之先生の対談をお送りいたします!ご期待ください!

2022年01月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

取材レポートの関連記事

カテゴリ一覧