[前編]天才の育て方 #02 牛田智大〜史上最年少ピアニストができるまで〜【連載】

[前編]天才の育て方 #02 牛田智大〜史上最年少ピアニストができるまで〜【連載】

KIDSNA編集部の連載企画『天才の育て方』。 #02は12歳でプロデビューを果たした史上最年少の天才ピアニスト、牛田智大にインタビュー。幼少期から現在まで何を学び、何を感じ、何を想ってきたのか、そのルーツに迫る。

<連載企画>天才の育て方

「ピアノは自分の一部であり、アイデンティティ」

「学生生活の記憶がない」

こう語るのは、12歳の若さで史上最年少ピアニストとしてCDデビューを果たし、現在もプロとして活動を続ける牛田智大さん(以下、牛田智大)。

生後間もなく上海へ転居し、幼少期を過ごす。小学校入学時には日本に戻り、国際的ジュニアコンクールで5年連続1位を受賞するなど若き天才としての実力を発揮。現在も世界的なピアノ指導者の元、勉強を続けている。

堂々とピアノを弾く姿からは自信に満ち溢れた印象を受けるが、実際に対面してみると、自身の思い出や内面的な話では言葉を慎重に選ぶ非常にシャイな一面が見られた。

彼にとって生活のほとんどの時間を捧げるほど夢中になるピアノとはどのような存在なのか。若き天才ピアニストができあがるまでを紐解いていく。

すべてにおいてピアノが軸

幼少期からコンクールで1位を受賞するなど、ピアニストとしての頭角を現していた彼は、どういった経緯でピアノに興味を持ち、続ける意思を固めたのだろうか。才能を目覚めさせたルーツを探る。

ピアノ=生活のすべて

ーー牛田さんにとってピアノとは?

天才の育て方_牛田智大02

「自分の感情や考えの中心にピアノがあります。生活になくてはならない存在ですね。ストレスが溜まるのもピアノのことで、発散するのもピアノです」

ーーストレスの原因も発散する方法もピアノ!他に発散や癒やしとなるものはないんですか?

「…ないですね。

しいて言うなら、猫と遊ぶぐらいですかね」

言葉数は少ないものの、彼のなかでピアノの存在がいかに大きいかが感じられる。12歳でデビューを果たした彼は、学校生活をどのように過ごしていたのだろうか。

ピアノ以外は完全にオフ

ーー小学校の頃からテレビ出演やコンクールなど露出が多かったと思いますが、学校生活はどう過ごしていましたか?

「そうですね…

学校生活の記憶は、正直ほとんどないんです。ピアノに向かっている時がオン、学校に行っている時がオフの状態だったので…」

ーー学校がオフの状態だと、学校生活で困ることもあったのでは?

「よく覚えていないのですが…

オンとオフがあることも個性として受け入れられていました」

ーーとはいえ、学校では大スター的存在だったのではないですか?

「それはないです。クラスメイトには自分だと認識されていませんでした。テレビに出ている時はハツラツと話すようにしていましたが、それが普段の様子とは全く違っていたのでしょうね(笑)」
 
まさに今、この取材中もきっと、ピアノから離れたオフの状態なのだろう。そのメリハリは彼が天才ピアニストへと成長していくうえで欠かせないものだったのかもしれない。

彼がこれほどまでにピアノに没頭するその原点は何だったのだろうか。

天才ができるまでのルーツ

すべての軸がピアノだという彼は、現在の実力に至るまで、どのような経緯を辿ってきたのだろうか。

ピアノとの出会いは0歳

ーーピアノに初めて触れた時のことは覚えていますか?

「僕は覚えていませんが、生まれてすぐ、と母から聞いています。家に電子ピアノがあったので、おもちゃ代わりに遊んでいたと。電子ピアノ特有の、同じ鍵盤からいろいろな音色が出ることをすごく面白がっていたそうです」

ーーその時感じた面白さが、現在の活躍に繋がっているのでしょうか。

「そうですね。コンサートなどでピアノを弾く時も、ひとつのピアノから意味をもった複数の音を出していくので、電子ピアノでの遊びは一つの原点になっていると思います」

感性の核はピアノ以外

ーー幼少期、ピアノ以外に習い事はしていましたか?

天才の育て方_牛田智大02

「サッカー、バレエ、お絵かき教室などいろいろ習い事をしていました。母が幼児教育を勉強していたこともあり、子どもに良いとされているものは全てやっていた、と聞いています」

ーー今だからこそ感じる役立っているものとは?

「リトミックは今でもすごく役立っていますね。母が取り寄せたリトミックのビデオを毎朝観ていて、『ドミソのポーズ!』『ドファラのポーズ!』など言いながらキャーキャー大騒ぎしていたそうです。楽しかったことはよく覚えているし、感性の核となる部分を身につける大きなきっかけになっていると思います。

演奏家にとって最も難しいのは、音が少ない部分を魅力的に演奏することです。音が多くテンポが速い技巧的な部分は練習すれば誰にでも弾けますが、音が少ない部分においては自分の中で『こういう音色を出したい』という明確なイメージを持ち、少ない音それぞれに意味を見出して音色やフレーズを作り出すことができないと、冗長で単調な音楽になってしまいます。

リトミックを毎日続けたことで和声感覚やフレーズ感覚、休符などで音がない、音が少ない部分にも意味を見出せる感性をつかめた。これが音色を自分でイメージし創造する力の核になっていると思います」

約束は9歳

「ピアノを続けるにはお金がかかるということもあり、9歳まで本気でやって、あとは中学受験の勉強を始める、というのが両親との約束でした。小学校時代は、机に中学受験のテキストが積み上げられていましたね(笑)」

ーーその「約束の9歳」になる年に、国際的ピアノコンクールで1位を受賞されたんですね。努力の成果が表れたわけですが、自分の育った環境についてどう感じていますか?

「両親としては、自分の人生の物語を自分で作ることができて、世の中に新しいものやストーリーを提案していける人になってほしいという思いがあったようです。だから、興味があるものを突き詰めさせようと。ピアノでは何時間でも遊んでいたから、好きなことだとすぐにわかったと言っていました。

両親は『やりたい』と一言言っただけで十分すぎる環境を整えてくれました。何かを目指すなら、小さい頃の方が取り組む環境を整えやすいと考えていたようです」

ーーピアノに向ける時間が必要な分、学校の勉強との両立は大変だったのでは?

「そこにおいても母はよく協力をしてくれました。幼稚園に入る前にピアニストになりたいと言った時は『ピアニストになったらサイン会があるから字の練習しよう』とか、『お客さんの数を数えるには算数ができなきゃね』と言われました。勉強にも意識を向けるきっかけを常に考えていてくれていたんだと思います」

親子ではなく、チーム

3歳からピアノを習い始めコンサートなどに出場するようになってからは、ピアノにおいては親子の関係性を超えて、チームとして本人、父、母、先生のそれぞれが役割を担い取り組んでいるようだ。

コンサートやコンクールに向かう時、どのように挑んでいるのだろうか。

天才の育て方_牛田智大02

「両親は僕の気持ちを応援したり引っ張るというよりも、先生とのレッスンスケジュールの調整や僕の身体や精神的なメンテナンスなど、コーディネーター的な役割を担ってくれています。

普段からコミュニケーションは常にとっていて、例えば、印象的な風景をみたら感想を話し合ったり、日常の出来事について感じたことを子どもの見方、親の見方、先生から見たらこうだね、というように、立場によって変わる考え方を共有することもあります」

ーー想像できないのですが、牛田さんにも思春期や反抗期はあったのですか?

「あまり言いたくないなぁ(笑)。まぁ、よくある反抗期的な時期はあったんじゃないですかね(笑)

ただそういう時期でもコミュニケーションを取らないとコンクールやコンサートの準備が滞ってしまうので、『ここで反抗すると今までの努力が無駄になってしまう』という考えを最優先していました」

ここでも、ピアノを第一に考え優先する姿勢が伺えた。彼自身の感情をも超えるピアノは、まさに「彼の一部」と言えそうだ。

後編では、熱く語ってくれたピアノへかける思いから、ピアノを弾き続けさらに上を目指してゆく理由を紐解いていく。

<取材・執筆・撮影>KIDSNA編集部

<連載企画>天才の育て方 バックナンバー

2018年08月06日

専門家のコメント
3
    宍戸 理江 保育士
    ご両親とのコミュニケーションが素晴らしい。応援というよりかは、メンタル、その他のサポート。環境を整えるということですね。
    また親からの目線、先生からの目線と、それぞれを冷静に話せるのは信頼関係があるからこそと思いました。
    いちぽ先生 保育士
    やはり周りのサポートが大事なんですね。
    環境をしっかり整えてあげることでピアノにこれだけ没頭し向き合うことができる。
    これからも頑張ってほしいですね。
    りお先生 保育士
    すごい!!
    9歳でコンクール1位に、12歳でピアニスト!!

    うちの長男、今8歳、次9歳笑。
    毎日公園で友だちと鬼ごっこして遊んでます笑。

    でも、将棋には熱中しているし、きっとそのくらいの年齢には何か夢中になれるものを見つけるのでしょうね😁

    もともと持っている才能や集中力、その他環境、どこまで打ち込むのかによってその後の未来は変わってくるでしょうけど。

    親として、うちも好きなことに熱中できる環境を作っていきたいなと思います。

    勉強も、彼のお母さんを見習い、意識を向けないとですけどね😁
おすすめユーザーのコメント
1
    A
    ピアノだけでなく他の習い事もやってたのですねー

取材レポートの関連記事

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、産婦人科医、性科学者であり2児の母でもある宋美玄先生に話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第5回は、母乳育児について、日本赤十字社医療センター 産科の笠井靖代先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、オランダに住む国際カップル、金由梨さんとベネッサさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、セクシュアルマイノリティの当事者としてさまざまな活動を行う杉山文野さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第2回は、姿勢の観点から見た授乳の盲点について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第1回は、産後の悩みとして必ず上位にあがる骨盤調整について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

カテゴリ一覧