赤ちゃんのやわらかさを残す記念撮影『やわらか記念写真』。マイラボ渋谷で12/3より開催【事前予約受付中】

赤ちゃんのやわらかさを残す記念撮影『やわらか記念写真』。マイラボ渋谷で12/3より開催【事前予約受付中】

〜3Dゲルプリンターを研究する山形大学との共同実験企画〜

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
「面白くて 変なことを 考えている」をモットーにインターネット広告やPRイベントの企画・制作を行う株式会社人間(所在地 : 大阪市西区、代表取締役:花岡 / 山根シボル、以下人間)は、高強度ゲルと3Dゲルプリンターによるやわらかいモノづくりを研究する山形大学 ソフト&ウェットマター工学研究室(所在地:山形県山形市、代表:古川 英光、以下 山形大学)と共同で、2022年12月3日(土)より渋谷センター街にある「マイラボ渋谷」にて「やわらか記念写真 - 赤ちゃんの感触を残す記念撮影」(https://mylab-shibuya.jp/events/yawaraka/)を開催します。

また12月25日のクリスマス限定で、パートナーの「やわらかさ」を遠方に転送する実験「会えない2人をゲルがつなげる やわらかテレポーテーション」を実施。大阪の会場にいる参加者の身体の一部を計測し、マイラボ渋谷にて出力する「感触の転送実験」になります。今まで写真や映像では残せなかった「やわらかさ」を再現することによって、人々は何を感じ取り、どんな気持ちを抱くのでしょうか?この実験を通して体験していただきます。
やわらか記念写真
・やわらか記念写真とは
「やわらか記念写真」とは、やわらかいモノづくりを研究する山形大学 ソフト&ウェットマター工学研究室とマイラボ渋谷が共同で開発した、赤ちゃんの感触を残すための新しい記念撮影です。これまでわが子の成長を記録する方法として写真、動画、手形、似顔絵など様々な方法がありましたが、赤ちゃんの時期特有の「やわらかさ」を残す試みはほとんどありませんでした。

そこで今回の実験では、赤ちゃんのほっぺたなどの「やわらかさ」を計測した後、山形大学の研究する「3Dゲルプリンター」を利用した高強度ゲルで再現し、写真を印刷したパックに封入することで赤ちゃんの感触を残せる「やわらか記念写真」を作り出します。
我々にとっても初めての試みですので、赤ちゃんの「やわらかさ」をどこまで再現できるかは未知数ですが、触れた時の感情を思い出すための新しい記念撮影に興味がある方は、ぜひご参加ください。
詳細はこちら

2022年12月07日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧