#070 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

#070 今週ママ・パパに読まれた注目の記事5選

週末の空き時間におすすめの記事をご紹介。今週は4月22日〜4月27日のKIDSNAでもっとも読まれたベスト5をリストアップ。

おうちごっこは社会や生き方を学べる遊び

「おうちごっこ」理論立てて物事を話す6歳の娘が育った環境【前編】
父・ヒロアキさん、母・みきさん、娘・まーちゃんの家族の生活を配信し、SNSやYouTubeでの総フォロワー数100万越えの人気を誇る「おうちごっこ」。

今回は、毎回必笑の動画を企画・撮影している「おうちごっこ」のヒロアキさんとみきさんに、「おうちごっこ」のもたらすものや子育て観についてお話を伺いました。

3歳児が感じた不思議でちょっと不気味な世界

「カラーセロファンで色の重なりを見てみよう!」美大出身ママのクリエイティブ子育て日記【第12回】
美大出身のクリエイターママ・一色美穂さんによる漫画連載第12回。

今回のテーマは「色の重なり」。カラーセロファンを使った遊びから、むっちゃん3歳は一体どんなことを感じたのでしょうか。漫画家夫妻のクリエイティブな目線で見たお子さんの姿や、子育ての日々を綴っていきます。

子どもの発達を促す「プレイリーダー」とは

【ボーネルンド×KIDSNA】ママの悩みを「あそび」で解決?!
今回は、KIDSNA読者から募集した子育てに関するお悩みに、ボーネルンドの「プレイリーダー」が回答。

何万人もの親子にあそびを提供してきた「あそび」のプロフェッショナルとして子ども達と深くコミュニケーションを取るプレイリーダーだからこそ、親の知らない新鮮な切り口でママ達の悩みを解決します。

「表情筋」と「生活習慣の見直し」でたるみケア

働くママの「本質美容」 「肌荒れ・くすみ・たるみ」から肌を守る、マスク対策の基本
大好評につき連載延長!忙しいママたちに贈る美容コラム連載、第5回のテーマは「コロナ禍でのマスク対策」。

毎日のマスク生活で、思っているよりも肌は影響を受けているかもしれません。そこで、自身も子育て中の皮膚科専門医・小林智子先生に、肌を守るマスク対策の基本についてインタビュー。正しい知識を身につけ、健やかな肌を保ちましょう。

どうやって始める?「かぞくかいぎ」のコツ

会話が成立しない子どもの本音を知りたい!
KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の最新書籍。今回は『子どもから話したくなる「かぞくかいぎ」の秘密』(白夜書房)から一部抜粋・再編集してお届け。

家族でもっと楽しく話すために、一生ものの対話力が身につく「かぞくかいぎ」のコツをご紹介します。

[PR]子どものお洋服汚れは「オキシ漬け」にお任せ

「お洋服汚さないで」言いたくないこの言葉、てぃ先生どうしたらよい?
子どもには思いきり遊んでほしいけど、できたらお洋服を汚してほしくない…と思うママやパパも多いのではないでしょうか。

今回の記事では、そんな葛藤にてぃ先生がアドバイス!さらに洗濯が楽になるポイントについてもお伝えします。

アプリで、もっと身近で便利に。

未就学児の子育てをする保護者のみなさまに向けて教育や健康、教養、働き方などをテーマにオリジナル記事を毎日更新!

お気に入り機能などもあるので、すきま時間に記事をストックできたりと便利です。

ダウンロードはこちらから

2022年04月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧