ママライフバランスが出産準備プログラム「親のがっこう」の提供を開始

ママライフバランスが出産準備プログラム「親のがっこう」の提供を開始

7割の男性が育休取得にむけて行動を変え、産後うつ発生を“予防”。産前産後のリアルを先輩パパママから学びながら、パートナーと2人でコミュニケーション「対話」力を養うプログラム

「ママライフバランス」が、妊婦さんがパートナーと共に受講する出産準備プログラム「親のがっこう」の提供を開始。

講師陣は、「ママライフバランス」代表の上条 厚子氏と、企業研修講師・講演家の津田 勝仁氏。

のべ1万人の子育て世代のお悩み解決の経験から導き出した産前教育プログラムで、母親の「抱え込み」・父親の「察しない」問題をなくし、産後うつ発生の“予防”に取り組むプログラムとなっている。
親のがっこう
「親のがっこう」設立のきっかけは、上条氏自身の産後うつと診断されるほど子育てに悩んだ経験から。

6年前の当時は、夫と子どもたちに尋常じゃないほどのイライラをぶつけるという日常で、家事を普通にこなすことが難しい状態に。
産後うつと診断された年の写真
産後うつと診断された年の写真
この原体験から、自分と同じように悩む母親をゼロにしたい一心で子育て支援団体を設立。

しかし5年間、子育て支援の現場の最前線で活動を続けるも、毎年、赤ちゃんを抱えた母親が不安と孤独を抱えたまま悩み相談に訪れる(※)状態が改善されていかないことが判明。

それに強いジレンマと危機感を感じ、今回の産前に学ぶプログラムを開始する運びとなった。
※「ママライフバランス」では名古屋市からの受託事業で地域子育て支援拠点事業を運営
完治してからの写真
完治してからの写真
「親のがっこう」では、自分たちらしい家庭を築いていくために、パートナーといっしょに学び、2人で対話することを重視。

オンラインにて計3回開催される1回90分講義・ワークを通して夫婦で対話をすることで、母親は「抱え込み」・父親は「察しない」という産後に陥りがちなコミュニケーションの悪循環をなくし、夫婦がワンチームになることを目指す。

一般的なプレパパママ学級で学ぶ、授乳の仕方やオムツ交換などの子育てノウハウは伝えず、産前産後のリアルな夫婦の姿を学習。

パートナーと共に産後をどう乗り越えるか、具体的な方法を各家族ごとに話し合うワークショップとなっている。

また、モニターとして「出産準備プログラム」を受講したプレパパ・ママの満足度は、100%という結果に。
親のがっこう
さらに、受講したプレパパへの「受講後に育休取得に向けて何か行動したか?」という質問には、7割が「育休取得に向けて行動した」と回答。
親のがっこう
産後の育児のリアルを、統計と先輩パパママをゲストに迎えて伝えることで、「赤裸々で自分事化できた!」と受講生のプレママパパたちから高い評価を得ている。
親のがっこう
産後のリアルを知り、夫婦の対話をうむプログラム。この機会にぜひ、チェックしてみては。


出産準備プログラム「親のがっこう」
受講料/初回受講料3,500円(税込)

開催スケジュール/
初回講習(全3回の初回)スケジュール
・2022年1月9日(日)10:00~11:30
・2022年1月12日(水)19:30~21:00
・2022年2月2日(水)19:30~21:00
・2022年2月6日(水)10:00~11:30
※毎月開講。3月以降の開催予定はHPから要問い合わせ

 申込方法/下記サイトから要申込
https://www.oyanogakkou.jp/program
※出産準備プログラムの詳細はこちら
https://www.oyanogakkou.jp/program

2021年12月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧