メデラから「スイング・マキシ電動さく乳器」がリニューアル発売

メデラから「スイング・マキシ電動さく乳器」がリニューアル発売

新たに充電バッテリーを搭載したことで、好きな場所に持ち運んでさく乳が可能に。「メデラ」の最新の研究に基づく「パーソナルフィット フレックス さく乳口」も同梱され、より快適に、より多くさく乳できるようになった両胸同時さく乳器

「メデラ」の、両胸同時で時短さく乳できる効率性No.1(※)モデル「スイング・マキシ電動さく乳器」「スイング・マキシ フレックス電動さく乳器」が、製品リニューアルを行い新製品として発売中。
※「メデラ」比

全国のベビー用品専門店、ECサイトなど「メデラ」取り扱い店舗・サイトにて順次購入可能となっている(※)。
※取り扱いのない店舗もあり

今回のリニューアルでは、新たに充電バッテリーを搭載したことで、好きな場所に持ち運んでさく乳することが可能に。

また、「メデラ」の最新の研究に基づく「パーソナルフィット フレックス さく乳口」が同梱され、より快適に、より多くの母乳をさく乳できるようになった(※2)。
スイング・マキシ電動さく乳器 28,600円(税込)
スイング・マキシ電動さく乳器 28,600円(税込)
「スイング・マキシ電動さく乳器」は、両胸同時さく乳(ダブルポンプ)により、片胸交互さく乳(シングルポンプ)と比較して、さく乳時間を約半分に短縮(※1)。さく乳時間が大幅に縮み、時間の有効活用に貢献する。

さく乳できる母乳量も18%アップ。さく乳した母乳に含まれる脂肪分もアップすることが研究によりわかっている(※1)。

また、付属の「パーソナルフィット フレックス さく乳口」は、開口角度が105°に設計されており、乳房への圧迫を減少。

従来品(パーソナルフィットさく乳口 90°)を使用したときと比較して、最大11.8%より多くの母乳をさく乳できることが研究結果として出ている(※3)。

さらに、ボタン操作も簡単で、自然でやさしい効率的なさく乳が可能。

赤ちゃんは、おっぱいを飲むときに、まず速いリズムで母乳の流れを促し、次にゆっくりと深いリズムで母乳を飲み取る。

新しい「スイング・マキシ電動さく乳器」にも、この赤ちゃんの自然なおっぱいの飲み方を再現した、独自の「2フェーズさく乳テクノロジー」を搭載。

直感的でシンプルなボタン操作で、この赤ちゃんの自然な飲み方を再現し、吸引圧もその日の体調に合わせ9段階から選ぶことができる。
スイング・マキシ電動さく乳器
今回内蔵された充電バッテリーは、同梱のUSB電源アダプターやケーブルで充電可能。フル充電で最長1.5時間作動する(※)。
※ハンズフリーさく乳ブラは別売り。

ママたちの母乳育児を応援する「メデラ」のリニューアル新製品。気になる方はこの機会にぜひ、取り入れてみては。

※1 「メデラ」シングルポンプとの比較
※2 従来のさく乳口(90°)との比較
※3 Sakalidis VS et al. Breast shield design impacts milk removal dynamics during pumping: A randomised controlled non-inferiority trial. Acta Obstet Gynecol Scand. 2020:doi: 10.1111/aogs.13897.

問い合わせ先/メデラお客様相談窓口
tel.0120-413920(月・水・金 10:00~15:00)
info@medela.jp(24時間受付)
http://www.medela.jp

2021年10月28日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧