思い出が世界でひとつのオリジナル絵本になるキャンペーンが開催

思い出が世界でひとつのオリジナル絵本になるキャンペーンが開催

暮らしの中の忘れられないエピソードを、プロのクリエイターによって絵本化

「クラシエホールディングス」が、募集した思い出エピソードを“世界でひとつのオリジナル絵本”にして贈る「くらしえほんキャンペーン2021」を、11月14日(日)まで開催中。毎年大好評のこのキャンペーンは、今年で14回目となる。
くらしえほんキャンペーン2021
「くらしえほんキャンペーン」では、幼い頃の忘れられない思い出、子どもや家族との心温まる出来事、そして思わず吹き出してしまうような楽しい思い出や、決して忘れたくない家族のエピソードなど、毎日の暮らしの中で感じた、人とのつながりや思い出にまつわるエピソードを募集。

寄せられたエピソードの中から、選考を重ねた毎年3作品を、制作のプロが本物の絵本にして贈っている。

「このようなエピソードを読むと、自分の人生でもいろいろなエピソードがあることに気付かされる」
「子どもの何気ない一言で癒されたり、仕事の疲れが消えたりすることは、子どもを持つ方には経験があると思う。私もそのことを思い出し、目頭が熱くなった」

優秀賞3作品を選ぶ社員と、クラシエたんぽぽメンバー会員からは、例年、上記のようなたくさんの感想が寄せられており、このキャンペーンは、応募するだけでなく、寄せられたエピソードを読むことで、自身の思い出を振り返るよい機会にもなっているようだ。

きっと誰にでもある、かけがえのない忘れられない思い出の数々。この機会に、プロのコピーライターとイラストレーターの手で、世界にひとつだけの絵本にしてみては。
くらしえほんキャンペーン2021
期間/9月15日(水)~11月14日(日)23:59まで
文字数/200~800文字
※想像・夢の世界の出来事などは対象外
応募方法/下記キャンペーンサイトにアクセスし、WEBにて応募
http://www.kracie.jp/taisetsu/campaign/index.html

問い合わせ先/「くらしえほんキャンペーン2021」キャンペーン事務局
kraciehon@kracie.jp
※問い合わせ受付期間/9月15日(水)~12月17日(金)まで

2021年09月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧