世界が注目する洞窟のようなレストランが山口県宇部市に今秋開業

世界が注目する洞窟のようなレストランが山口県宇部市に今秋開業

シェフの隠れ家にゲストを招き、素材を感じるフレンチを振る舞う建築家・石上純也氏設計の「洞窟×フレンチ×ワイン」レストラン

フレンチレストラン「restaurant noel」と「株式会社 温故知新」が、洞窟のようなレストラン「maison owl(メゾン・アウル)」を、山口県宇部市に今秋開業(※)。
※予約受付日は未定

設計は、建築家・石上純也氏が担当。「シェフの隠れ家にゲストを招き、ロマンを感じる時をすごしてほしい」というコンセプトで造り上げられた、1日1組限定で宿泊もできる、“まるで洞窟”のような隠れ家的House & Restaurantとなっている。
maison owl
「maison owl」の建築プロジェクトは、オーナーシェフ 平田基憲氏の「時間の重みをもともと含み、時間とともにその重さが増していくようなものを」という思いで、2013年から構想が開始。

これまで、パリ「カルティエ財団現代美術館」での大規模個展をはじめ、「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」、ローマ、ロンドン、上海、東京などでも紹介され、世界中から注目を集めている。
パリ「カルティエ財団現代美術館」個展で展示された模型
パリ「カルティエ財団現代美術館」個展で展示された模型
トリュフの香りが漂う洞窟は、食材やワインへの感受性が高まる魅惑的な空間。

「maison owl」のスタイルに合わせて、器やカトラリーもオリジナルで製作されている。
House & Restaurant「maison owl」イメージ
House & Restaurant「maison owl」イメージ
「1万年前からありそうで、1万年後にもそこにありそうな」ロマンを感じるレストランを、この機会にぜひチェックしてみては。

maison owl
料金/コース税込26,400円(サービス料10%別)、税・サービス料込み29,040円~
maison-owl@okcs.co.jp
https://www.maison-owl.com/

2021年08月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧