話題の子育てインフルエンサー・木下ゆーき氏の初の著書が刊行

話題の子育てインフルエンサー・木下ゆーき氏の初の著書が刊行

子育てに関するお悩み回答や、子育てあるあるエピソードが満載の、ママもパパも置き去りにしないやさしいエッセイ

「飛鳥新社」から、SNSで人気沸騰中の子育てインフルエンサー・木下ゆーき氏による「#ほどほど育児~失敗したっていいじゃない~」が刊行。

予約開始から話題騒然となっており、発売前に異例の3刷が決定した、今注目の新刊となる。

2児の父でありながら、元シングルファーザーとしての経験を生かして語る著者。その姿勢は、「ママの気持ちもわかるパパ」として、全国のママやパパから圧倒的な人気を誇っている。

この本は、そんな著者が初めて手掛ける子育てエッセイ。「周りから言われる子育てアドバイスはビュッフェといっしょ。自分に合うものだけを取り入れればいい」と、自身の経験から語る著者の言葉どおり、押し付けがましい話は一切排除し、「笑えて」「寄り添う」話ばかりを収録。

頑張るママやパパたちに、少しでも肩の力を抜いて「ほどほどに」頑張ってもらえたらという想いの詰まった1冊となっている。
#ほどほど育児 失敗したっていいじゃない 1,200円(税込)
#ほどほど育児 失敗したっていいじゃない 1,200円(税込)
著者の驚くべきは、ママからの支持率の高さ。その信頼は、新生児のママから「母乳が出ないのですが、どうしたらいいですか」とお悩みが届くほどだという。

この本では、はじめての子育への戸惑いや、子育てで感じる悩みやストレスへの共感など、そんな著者の人柄がそのまま本に。「ママのパート」と「パパのパート」が存在する、ママもパパも置き去りにしない、やさしいエッセイに仕上がっている。

また、子育て中の方や経験のある方なら共感必至の、「あるある」すぎて思わず笑ってしまうエピソードをたっぷりと掲載。「イヤイヤ期」「寝かしつけ」といった育児中のストレスを肯定し、綺麗ごとではないリアルな子育てを語る。

イラストを手掛けるのは、インスタグラムでフォロワー数10万人超と人気のブロガー・かおりんごむし氏。脱力系のイラストと笑いの詰まったエピソードの組み合わせが、子育てを頑張るパパやママたちの心を癒す。
#ほどほど育児 失敗したっていいじゃない
著者のフォロワーは33万人超。毎週、子どもが寝静まった時間を見計らって行われるインスタライブは、真夜中にもかかわらず毎回1500人を超えるママやパパたちが視聴している。

この本では、そんなインスタライブやツイッターに寄せられた子育てに関するお悩みや「子育てあるある」ネタも紹介。“生の声”がたくさん詰まっているため、まるで同じ悩みを抱えるママ友・パパ友たちと子育て談義をしているかのよう。肩の力を抜いて、子育てに疲れたときにパラパラと読み返したくなる1冊となっている。
#ほどほど育児 失敗したっていいじゃない
芸能人にもファン多数の著者が手掛けた、注目の書籍。育児の合間に、ぜひ読んでみては。
#ほどほど育児 失敗したっていいじゃない
著/木下ゆーき
絵/かおりんごむし
飛鳥新社刊 1,200円(税込)

問い合わせ先/飛鳥新社
tel.03-3263-7770
http://asukashinsha.co.jp

2021年08月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧