琵琶湖を間近にプライベートアクティビティを楽しめるグランピング施設がオープン

琵琶湖を間近にプライベートアクティビティを楽しめるグランピング施設がオープン

全室琵琶湖を臨むことができる部屋にはプライベートガーデン、プライベートキャンプファイヤーなどを完備の他、部屋で体験可能な10種を超える無料プライベートアクティビティを用意

「にしがきマリントピアリゾート」が、琵琶湖を間近に感じる全6室のグランピング施設「グランドーム滋賀高島」を4月28日(水)にオープン。

日本一の大きさを誇る雄大な琵琶湖の西部、滋賀県高島市に位置し、施設から琵琶湖までは徒歩1分となっている。
グランドーム滋賀高島
7mのテントが5基、10mのテントが1基の全6棟からなる「グランドーム滋賀高島」では、2ベッドタイプ、4ベッドタイプ、8ベッドタイプの、用途によって使い分けられる3つの部屋タイプを用意。

カップルなどの少人数での利用から大人数グループでの利用まで対応する。
グランドーム滋賀高島
さらに、全ての部屋にプライベートガーデン、プライベートキャンプファイヤー、プライベートバーなどを完備。

火おこし体験や焚き火体験をはじめ、キャンプ飯メシづくり、燻製体験、飯盒炊爨、珈琲焙煎体験、ライトスポーツ体験、部屋アソビ体験、天体観測、ハンモック体験、アウトドアプロジェクターなどアクティビティを、ほかのゲストとの接触を気にせず部屋で体験できる。
グランドーム滋賀高島
また、悪天候でも安心な半室内の食事棟も完備されており、箸や食器類はもちろん、電気ケトルやキャンプ用のクッカー、バーナーなども用意されているため、食材持ち込みの方でも安心して滞在可能。

食事棟には、ビールなどのアルコール類が用意されたプライベートバーもあり、時間無制限で、ゆっくりと楽しむことができる。
グランドーム滋賀高島
「グランドーム滋賀高島」のグランピングBBQでは、滋賀県のブランド和牛の近江牛、琵琶湖産ビワマス、地元産の野菜など地元食材をふんだんに使用した豪華なメニューも提供。

もちろん、キャンプの楽しみである、食事を自分たちで作る「素泊り・食材持込み」で食事を作ることも可能となっている。
グランドーム滋賀高島
さらに、芝生広場の中心に位置する直径約10mの透明なドーム型テントは、漫画や雑誌なども読めるカフェ&バーに。設置されているタブレット端末で本や漫画などを読むことができるほか、無料で提供されるコーヒー、ジュース等のソフトドリンクやアルコール類を味わうなどして、気軽に楽しむことができる。
グランドーム滋賀高島
充実したプライベートアクティビティを体験できる「グランドーム滋賀高島」へ、この機会にぜひ家族で訪れてみては。

グランドーム滋賀高島
所在地/滋賀県高島市永田1-19
駐車場/10台
棟数/6棟
料金/14,080円~ (素泊まり利用時:1人・税込)
食事料金/夕食8,800円~、朝食1,650円~ (1人・税込)
チェックイン・アウト/15時・10時
tel.050-3161-4581
https://shiga-glamping.com

2021年04月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧