名古屋・栄に「食の未来」をテーマとした複合施設がオープン

名古屋・栄に「食の未来」をテーマとした複合施設がオープン

カフェ・デリ・ベーカリー・POP-UPショップのある、キャッシュレススタイルのフードホールのほか、アバターロボットを常設したスペースを備えたシェアオフィスを展開

「ユーハイム」が、名古屋・栄に「食の未来」をテーマにした複合施設「BAUM HAUS(バウムハウス)」をオープン。
BAUM HAUS外観
BAUM HAUS外観
「BAUM HAUS」は、1919年にドイツのヴァイマールで開校し、今日のアートとデザインに大きな影響を及ぼした学校「Bauhaus(バウハウス)」のように、実験精神を持ってテクノロジーを用いながら、新しい価値観にチャレンジできるオープンイノベーションの場を目指す拠点。

1Fには、カフェ・デリ・ベーカリー・POP-UPショップのあるキャッシュレススタイルのフードホール「BAUM HAUS EAT」を、2Fにはアバターロボットnewme(ニューミー)を常設したスペースを備えたシェアオフィス「BAUM HAUS WORK」をそれぞれ展開する。

「BAUM HAUS EAT」は、地域に開かれた食堂をイメージしたフードホール。2Fのオフィスで働く人はもちろん、近隣の方も気軽に利用できる。
1Fフードホール内観
1Fフードホール内観
展開されるショップは、ユーハイムが開発したAI搭載バウムクーヘンオーブンの「THEO(テオ)」が実装される、初めてのカフェ「THEO’S CAFE」、フードアレンジャー キムラカズヒロ氏プロデュースの、新鮮な野菜を使った、身体と環境にやさしいエシカルな「Deli BAUM HAUS」、店舗限定アイテムも展開する新しいスタイルのベーカリー 「DONQ ÉDITER(ドンク エディテ)」。 
THEOのイメージ写真と、取り扱い商材イメージ
THEOのイメージ写真と、取り扱い商材イメージ
そして、「BAUM HAUS」の「ラボラトリー=研究所」として、さまざまな企業やブランドと期間限定で取り組み、新しいモノ・価値観・体験に出会えるPOP-UPスペース 「BAUM HAUS LAB」 も。

オープン時は、今回が名古屋に初出店となるパリのパティスリー「ミシャラク」を展開。アプリ内でAIから出される質問に答えると、自分にぴったりの味の組み合わせのパフェを提案してくれる「マイコスミック」が体験できる。
MICHALAK「マイコスミック」イメージ
MICHALAK「マイコスミック」イメージ
また、各ショップにはテイクアウトに対応した商品を用意するほか、フロア内の支払いは完全キャッシュレス決済が可能。

店頭の決済機で事前注文をしてから商品を渡す、コンタクトレスなスタイルにチャレンジし、コロナ禍の社会の在り方にも対応する、新しい販売スタイルを提供する。
「Deli BAUM HAUS」取り扱い商材イメージ
「Deli BAUM HAUS」取り扱い商材イメージ
2Fの「BAUM HAUS WORK」には、オフィスとフリーデスクスペース、ワークラウンジや会議室を用意。入居者はラウンジや会議室、オンラインミーティング用スペースの他、1Fフードホールのボックス席も利用可能で、複合機や個人ロッカーなどの充実した共用設備や受付コンシェルジュが、会員や入居者のビジネスをサポートする。

フロア内にはANAグループの「avatarin」が開発した、コミュニケーション型アバターロボット「newme(ニューミー)」と、人が新しい関係を生み出す公園「avatarpark(アバターパーク)」を展開。「newme」を介して、新しいコミュニケーションを体験することができる。

オフィスにあるショールームでは、「GROOVE Ⅹ」が開発したLOVEをはぐくむ家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」をオープン時の期間限定で展示。今回は1Fでも、「BAUM HAUS」のロゴTシャツと小さなバウムクーヘンの帽子がよく似合う「LOVOT」の「ばうむちゃん」がかわいらしく出迎えてくれる。
BAUM HAUS
「BAUM HAUS WORK」の内覧会は順次開催中。参加希望の方は、「BAUM HAUS」公式ホームページの問い合わせフォームより申込み可能となっている。

新しいテクノロジーや価値観に出会える「BAUM HAUS」へ、この機会にぜひ家族で訪れてみては。

BAUM HAUS
住所/愛知県名古屋市中区栄3丁目17-25
営業時間/
1F 10:00~19:00
2F 10:00~18:00
※イベント開催の場合は変更となる場合あり
info@baumhausjapan.com
https://www.baumhausjapan.com/

2021年03月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧