【ふたご育児】第33話 双子の運び方0・1・2歳

【ふたご育児】第33話 双子の運び方0・1・2歳

作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

pika

双子の運び方0・1・2歳

双子の赤ちゃん~幼児との移動方法を時期別にふり返ってみました。

0歳(首すわり前)は親も慣れず、わたし一人で二人を一度に運ぶことは難しく、

大人二人か、一人ずつ抱っこで移動していました。

首がすわり、おんぶができるようになってからは、

抱っこ紐を使っておんぶに抱っこでの移動ができるように。

腰がすわりつかまり立ちくらいのまだ歩かない時期は、

両腕にダブル抱っこで移動するようになり。歩けるようになりようやく理想的な両手つなぎに進化しました。

状況によっては未だにダブルで抱っこを求めてくるもうすぐ3歳のふたごたち。

両腕に抱えると「おもい~おもい~」と自己申告してくれます。だいぶ前から限界です(汗)

ふたご育児バックナンバー

作者:pika

ブログ:「ふたご絵日記」
Twitterアカウント:@pucchanPC

2017年04月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

漫画の関連記事

カテゴリ一覧