【魚屋さんの簡単お魚レシピ】夜ご飯&お弁当に!たらの彩りフリット

【魚屋さんの簡単お魚レシピ】夜ご飯&お弁当に!たらの彩りフリット

子どもに食べさせたいと思いつつ、「レパートリーがない」「なんとなく苦手意識がある」などの理由で食卓にのぼることが少ない魚料理。この連載では魚屋三代目の柳田昇さんが、親子で魚好きになる簡単で飽きのこない魚レシピを紹介します。

魚屋三代目・柳田昇
こんにちは!魚屋三代目です!

3回目となる今回は、甘塩たらの切り身を使ったフリットを作りました。甘塩のたらを使うことで下味は軽く胡椒を振るだけ。

衣も強力粉や薄力粉、ベーキングパウダーなどを用意しなくても市販の天ぷら粉とマヨネーズ、牛乳で簡単に出来ちゃいます。

そして小さめのフライパンを使い少なめの油で揚げ焼きにするので、後片付けも簡単。

そのままでももちろんおいしいフリット衣ですが、ご家庭にあるお子様の好きなふりかけを使えばいろいろな味のフリットが楽しめます。

梅しそ、わさびふりかけなどを使うと大人の味に!

ご飯にもお酒のお供にもバッチリでお弁当のおかずにもオススメです。

たらの彩りフリット(3人前)

01

材料

・甘塩たらの切り身…3切れ
・胡椒…少々
・ベビーリーフなどの葉物…お好みで
・サラダ油…適量

<フリットの衣>
・天ぷら粉…1/2カップ(50g)
・マヨネーズ…大さじ2
・牛乳…70〜75ml

<彩りフリットの衣>
・フリットの衣…大さじ3
・お好きなふりかけ…大さじ1(今回は野菜ふりかけと混ぜ込みわかめ梅じそを使用)

作り方

1. 甘塩のたらの切り身を4等分に切り分ける。この時に切り身の中心に太い血合い骨があるので切り取る(今回は1切れ分をプレーン、残りの1切れずつを2種類のふりかけで彩りフリットにする)。
01
〇で囲んだ部分が血合い骨。
2.切ったたらに軽く胡椒をふっておく。この時に天ぷら粉(分量外)を薄くまぶしておくと揚げた時に衣が剥げにくくなる。

2. フリットの衣の材料をよく混ぜ合わせておく。

3. 小さめのフライパンに多めのサラダ油(鍋底から5mm程度)を加え熱する。油に衣を落としてすぐに表面に上がってくればOK。

4. たらに衣をつけて揚げる。温度は中弱火程度で、衣が焦げないように弱火にするなど調節。
02
たらをフライパンに入れたら箸で触らず、油に浸っている衣がかたまり始めたら、フライパンを気持ち手前に傾けると油が深くなり、揚げ焼きにしやすくなる。ただし、傾けすぎると油に引火する可能性があるので注意。
5. 衣がカリッとして両面に香ばしい色がつき、油に気泡が少なくなってきたら取り出し、油を切る。

6. 彩り衣分を作る。小さな器などに衣を大さじ3ほど移し、ふりかけ1種類につき大さじ1程度を加え混ぜ、同様にフライパンで揚げ焼きにする。ふりかけの種類によっては塩分が強いものあるので控えめにするのが〇。

7.油を切ったら器にベビーリーフとともに盛り付けて完成。

基本、プレーンなフリットも下味が付いているためそのままでも美味しいですが、お子様にはケチャプやマヨネーズ、マヨネーズとケチャップを混ぜたオーロラソース、辛くないマスタードと蜂蜜を混ぜたハニーマスタードもオススメ。

ふりかけを混ぜた衣はしっかり目の味付けになっているのでこのままでも良いのですが、レモンを絞っても美味しいです。

料理のコツ・ポイント

ふりかけを使うので薄塩、甘塩のたらを使用してください。甘塩でない場合は塩気が強めになります。

今回はたらの切り身を使いましたが、サワラの切り身やサーモン、ムキガレイ(骨なしタイプ)でも美味しく出来ます。

サンドイッチやロールパンに野菜とソース(ケチャップやマヨ、その他)をかけて挟むのもオススメです。

魚屋さんが教えるたらの目利き・選び方

04
iStock.com/flyingv43
たらの切り身は生と塩がしてあるものがあります。生の場合は薄らとピンクで身に透明感があり、ふっくらとしているものを選びましょう。

たらは白身と言っても水気が多く、足がはやい(鮮度が落ちやすい)魚です。なるべく新鮮なものを選び、早めに調理して下さいね。

塩たらの切り身の場合、身がしっとりとしていて綺麗で白いものを選びましょう。色がくすみ、水分がたくさん出ているものは避けましょう。

魚屋さんが教えるたらの豆知識

たらといえば、高たんぱく&ヘルシーで、かつ通年手に入るため、重宝される魚のひとつ。なんと切身で100gあたり約17.6gのタンパク質が含まれています。

今回ご紹介したたらは真鱈(まだら)のことを指し、たらこの親であるすけとうだらとは別物です。

すけとうだらは卵(たらこ)を持つメスが貴重とされ、逆にたらは精巣(白子)を持つオスが貴重とされています。

ちなみにすけとうだらの卵はいつもみなさんが目にしているたらことは似ても似つかない形と大きさと色になります。冬場などたまにスーパーなどで見られるのでチェックしてみて下さいね。

監修

No Image

魚屋三代目・柳田昇

柳田昇の記事一覧

昭和49年 8月3日生まれ。
神奈川県厚木市で60年以上続く鮮魚店『魚武商店(うおたけしょうてん)』の三代目。
父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。
その他、料理家としてレシピ本などの書籍やレシピ提案、レシピ提供、テレビ、料理教室など幅広く活動中。

魚屋三代目日記(ブログ)
魚武商店ホームページ

2021年05月21日

コラムの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ