子どものしつけに関する記事を読むなら「KIDSNA」

しつけ

「しつけ」についての記事をまとめたページで食事のマナーやイタズラ、歯磨きの仕方など、子どものしつけについて知っておきたい内容満載。(4ページ)どこまで厳しくしつけるべきか、どの程度なら叱る必要があるか、年齢別、シーン別でご紹介。先輩ママの体験談や専門家監修の記事など参考になる内容盛りだくさん、ぜひご覧ください。

  • 1歳のしつけはどこまでする?怒り方の例とシーン別のしつけ方法

    1歳のしつけはどこまでする?怒り方の例とシーン別のしつけ方法

    1歳児になると、行動範囲も広がって日常生活のなかでも「ダメだよ」と伝える場面が増えてくるでしょう。しかし、1歳児に対しての怒り方や、どこまでしつけをしたらよいのか悩んでいるパパやママもいるかもしれません。そこで今回は、シーンごとのしつけ例や怒り方、先輩ママの体験談をご紹介したいと思います。参考になれば幸いです。

  • 子どものお片付けの躾(しつけ)はいつから?整理整頓と習慣づけのコツ

    子どものお片付けの躾(しつけ)はいつから?整理整頓と習慣づけのコツ

    子どもと生活するうえで、おもちゃや衣服などの片付けはママがおこなうケースが多いですが、いつから子ども自身に整理整頓をするように躾(しつけ)るべきなのでしょうか。ここでは一般的な例や先輩ママが実際にどんな躾(しつけ)をしたのか体験談も含めて詳しくご紹介します。

  • 信頼できる食材を通じて、食へ感謝する心も育む。アレルギー相談もできる宅配サービス

    信頼できる食材を通じて、食へ感謝する心も育む。アレルギー相談もできる宅配サービス

    家族の健康のために、食事には信頼できるおいしい食材を使いたいですよね。便利な宅配サービスのなかには、おいしさと安全性にこだわり、農業体験や商品開発にも参加できるものもあるのです。自らの体験を通じて「食」へ感謝する心も育まれる宅配サービスをご紹介します。

    東都生活協同組合

    PR

  • 小学生になる前にしつけたい、睡眠やトイレなどの子どもの生活習慣

    小学生になる前にしつけたい、睡眠やトイレなどの子どもの生活習慣

    もうすぐ小学生になる年齢の子育ての中でも、気になるのが生活習慣に関するしつけだというママは多いようです。今回は睡眠やトイレなどの生活習慣のしつけの大切さについてママの体験談と共にご紹介します。

  • 小学生になったら始めよう。家庭で取り組む、子どものお金の教育

    小学生になったら始めよう。家庭で取り組む、子どものお金の教育

    子どもに「お金を大切に扱ってほしい」と願うママやパパは多いと思います。子どもが小学生になるタイミングでお小遣いを渡し、お金の教育を始めたいと考える家庭もあるかもしれません。今回は、体験談を踏まえながらそれぞれの家庭でどのようなお金の教育を行っているのかご紹介します。

  • 「物を投げる」「走り回る」などの子どものしつけ。 伝え方のポイント

    「物を投げる」「走り回る」などの子どものしつけ。 伝え方のポイント

    子どもが3歳ごろになると、本格的にしつけをしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。その中でも「物を投げる、走り回る、飛び出し」などのダイナミックなものや「騒がしい、うるさい」といった元気すぎる行動についてのしつけは難しいですよね。実際のママたちの体験談を交えてしつけについて考えてみます。

  • 電車内での子どものマナー。「大声を出さない」などの上手な伝え方

    電車内での子どものマナー。「大声を出さない」などの上手な伝え方

    小さな子どもを連れて電車でお出かけをするとき、わが子がマナーを守れるか、おとなしく乗車し、無事に目的地までたどり着けるか不安なお母さんもいるでしょう。2歳以上の子どもに電車内で守らせたいマナーと、どのようにすればそれが子どもにきちんと伝わるかをここで事前に確認し、お出かけの当日に備えましょう。

  • 【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    【小児科医監修】エアコンの汚れが子どもの健康への影響に。エアコン掃除が大切な理由

    エアコン掃除はどのようにしていますか?フィルターの掃除だけではエアコン内部の汚れやカビを完全にきれいにすることはできません。汚れたままのエアコンで汚い空気を子どもが吸い込むとさまざまな病気になる可能性もあります。内部にたまったカビ汚れまできれいに掃除できるエアコンのクリーニングについて紹介します。

    株式会社カジタク

    PR

  • 赤ちゃんが噛むのを何とかしたい。ママたちにきく、しつけ方法と便利なグッズ

    赤ちゃんが噛むのを何とかしたい。ママたちにきく、しつけ方法と便利なグッズ

    歯が生え始める頃になると、赤ちゃんの噛む行動が気になるママもいるかと思います。歯が気になる気持ちはわかるけれど、噛まれたら痛いことや噛んではいけない物があるのは、きちんと伝えたいですよね。周りのママの声を参考に、しつけ方法やグッズを紹介します。

  • トイトレ中の外出や寝るときのオススメなオムツとの付き合い方

    トイトレ中の外出や寝るときのオススメなオムツとの付き合い方

    トイトレ中の外出時やお昼寝のときに悩んでしまうママも多いのではないでしょうか。長時間をパンツで過ごすのか、オムツで過ごすのかを悩むママも多いようです。今回はトイトレ中にオススメなオムツとの付き合い方や、失敗時の対策を先輩ママや筆者の体験談を交えながら紹介します。

  • 新幹線や電車の子どものマナー。飛行機や高速バスの体験談など

    新幹線や電車の子どものマナー。飛行機や高速バスの体験談など

    子どもといっしょに新幹線や電車などの公共の乗り物に乗る際、事前にマナーをわきまえていないと周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。周囲も自身も嫌な思いをしないためにも、飛行機や高速バスの体験談を交えてマナーについて考えてみました。

  • 子どものしつけ方法や叱り方がわからない。言葉やルール、わが家の方針

    子どものしつけ方法や叱り方がわからない。言葉やルール、わが家の方針

    子どものしつけや叱り方は、言葉を理解しにくい時期などはちゃんと伝わっているのかわからない場合もありますよね。子どもが同じことを繰り返したときなど、しつけの方法がわからないと悩むママもいるかもしれません。そこで、ママの体験談をもとに、しつけ方法や叱り方のルールや方針をいくつかご紹介します。

  • 幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育(知育)は家庭でできる。1日1ページからはじめる楽しいドリル

    幼児期の教育に関心はあるけれど、教材選びや進め方に迷って実際には取り組めていないママが多いのではないでしょうか?今回は、子どもの学習を研究してきた文理の「幼児ドリル」を用いて、子どもが興味をもち、さらに続けられる教材とはどのようなものなのかをご紹介します。

    株式会社文理

    PR

  • 小学校低学年に読み聞かせは必要?メリットやおすすめの方法とコツ

    小学校低学年に読み聞かせは必要?メリットやおすすめの方法とコツ

    子どもが小さい頃はしていた方も多いであろう読み聞かせですが、小学校に入るとみんなはどうしているの?と思っている方も多いのではないでしょうか。小学校低学年の子どもへの読み聞かせの必要性と本選びのコツ、時間がなくてもできるおすすめのアイデアを体験談と共にご紹介します。

  • トイレトレーニングに補助便座!人気の理由とおすすめアイテム

    トイレトレーニングに補助便座!人気の理由とおすすめアイテム

    小さな子どもでもスムーズにトイレトレーニングを始められるよう、準備したほうが良いものは何でしょうか?年齢や成長段階によってサポートの方法が変化するトイレトレーニングのお助けアイテムとして、補助便座をおすすめする理由と、人気の補助便座の特徴や選び方のポイントをご紹介します。

  • 6歳児に読んでもらいたい絵本と読み聞かせのコツ

    6歳児に読んでもらいたい絵本と読み聞かせのコツ

    6歳くらいになると徐々に文字が読めるようになり、関わり合いも親子だけでなく友だちや親以外の大人など外の世界へ広がっていく子どももいます。子どもの世界が広がるこの時期に、どんな絵本を選んで良いか悩むママもいるでしょう。今回はそんなママへ向けて、6歳児に向けた絵本の選び方や読み聞かせのコツなどを紹介します。

  • 0歳の赤ちゃんへの絵本の読み聞かせのコツ4つとママたちの体験談

    0歳の赤ちゃんへの絵本の読み聞かせのコツ4つとママたちの体験談

    赤ちゃんの頃から絵本の読み聞かせはしていましたか?読み聞かせをしたいと思ってはいるけれど、まだ言葉が分からない赤ちゃんに読み聞かせするとき、どのようなことを意識して読むのが良いのでしょう。赤ちゃんの読み聞かせのコツや注意、工夫できる点を考えてみました。赤ちゃんにおすすめの絵本も紹介します。

  • 言葉を理解し始める5歳児におすすめの絵本と読み聞かせのコツをチェック

    言葉を理解し始める5歳児におすすめの絵本と読み聞かせのコツをチェック

    子どもは、絵本が大好きですよね。絵本の世界そのものを楽しむだけでなく、絵本を読んでくれる大人と過ごす時間を嬉しく感じているのではないでしょうか。文字を理解し始める5歳児にとって、絵本は言葉を学ぶ教材だったり、生活習慣や社会のルールを理解するきっかけを作ってくれたりするものでしょう。今回は、5歳児の絵本の読み聞かせのコツや体験談をご紹介します。