年長の子どものひらがな事情。書けないときや覚えられないとき

年長の子どものひらがな事情。書けないときや覚えられないとき

ひらがな練習用のプリントを使った練習方法

子どもが年長になると、まだひらがなが書けないことや、覚えられないことが気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、ひらがなを読めないときの覚え方、ひらがな練習用のプリントや教材など、書き方や書き順を覚えるために使ったもの、ひらがなを覚えるときに意識したことをご紹介します。

年長の子どもたちのひらがな事情

子どもが年長になると、小学校に向けて準備しようと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。そのひとつとして、ひらがなに関して気になるママもいるかもしれません。年長の子どもを持つママたちにひらがなについて気になることを聞いてみました。

30代ママ
うちの子は、ひらがなを読むことはできますが、まだうまく書けないのでこのまま小学校へ入学しても大丈夫なのか気になります。
40代ママ
年長の娘を見ていると、ひらがなのなかでも書ける字と書けない字があり、私が教えても覚えられないようです。娘が楽しく覚えられるようにどのようにひらがな練習をしたらよいのか知りたいです。
年長の子どもを持つママたちのなかには、ひらがなを書けないことや覚えられないことが気になる方もいるようです。また、書き方について、どのようにひらがな練習をしたらよいのか知りたいという声も聞かれました。

今回は、年長の子どものひらがなについて、覚え方や勉強に使ったものについてママたちの体験談を踏まえてご紹介します。

ひらがなを読めない子どもに、どのようにひらがなを教えたらよいのか気になるママもいるようです。ママたちに、年長の子どもと行ったひらがなの覚え方を聞いてみました。

ひらがなの覚え方

子ども アジア 本読む
Syda Productions/Shutterstock.com

キャラクターの名前から覚える

30代ママ
息子は好きなキャラクターの名前を覚えたことがきっかけで、ひらがなに興味を持ち始めたようです。何と書いてあるのか聞いてくるようになり、教えているうちにひらがなを少しずつ読めるようになってきました。
子どもの好きなキャラクターの名前が、ひらがなを読めるようになる、きっかけになることもあるかもしれません。まずは、子どもの好きな食べ物や動物など興味を持っている単語から始めるのもよいかもしれませんね。初めは子どもに何度も同じひながなの文字を聞かれたので、根気よく教えたという声も聞かれました。

ひらがなポスターを使う

20代ママ
ひらがなと絵がいっしょに書いてあるポスターを見て、「りんごの「り」はどーこだ」と絵から探してひらがなを覚えるということをしました。ゲームのような感じがするのか子どもも楽しそうでした。
まだ字が読めない子どもとの練習にひらがなポスターを活用したママもいるようです。ママのなかからは、普段はなかなか時間を作ることができないので、いっしょに入るお風呂の時間を活用し、ひらがなポスターを貼っていっしょに楽しんだという声もありました。

絵本を読む

30代ママ
毎晩、娘のお気に入りの絵本を読んでいるのですが、繰り返し読んでいるせいか子どももストーリーが頭の中に入り、自然とそこからひらがなを覚えたようです。
絵本を繰り返し読むことで、子どもも読めるひらがなが出てくることもあるかもしれません。また、ひらがなを覚えるときは、簡単な「く」や「し」だと子どもも覚えやすく、覚えられたことで他の文字への興味が深まったという声もありました。

ひらがなの勉強で使ったもの

ひらがなをまだ書けない場合、どのように勉強したらよいか知りたいママもいるのではないでいしょうか。実際に、ひらがな練習をするときに使ったものをママたちに聞いてみました。

プリント

Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
うちの子は、筆圧が弱いのか字を書こうをすると線が細く、ぶれていてうまく書けない様子でした。まずは正しい鉛筆の持ち方や、力の入れ具合の感覚をつかんで欲しいと思い、運筆用のプリントを使って練習しました。
30代ママ
ひらがな練習用のプリントを活用して、一文字ずつ書いていました。「あ」から始めるのではなく、「どの字を書く?」と聞き、子ども自身に選ばせて取り組んみました。
運筆や文字の書かれたものなど、子どもの様子にあった練習用のプリントを使用して書く練習に取り組んだ方もいるようです。ママのなかからは、子どもが書きにくそうなひらがなは、手を添えて書き方をサポートしたという声も聞かれました。

教材

30代ママ
息子は字が書けないということはないのですが、書き順が覚えられないようでした。小学校でも行うとは思いますが、ひらがなの書き順を覚えてほしかったので、教材のキットを使って勉強しました。番号や矢印がふってあるので、どこからどの向きに書けばよいのかわかりやすかったようです。
ひらがなに特化した教材を使って、書き順を勉強するのもわかりやすくてよいかもしれません。また、一画目は青、二画目は赤というように、色で書き順が示された教材を利用したという声もあり、子どものやりやすいものやママやパパが教えやすいものをいろいろ試してみるのもよいかもしれませんね。

ひらがなを覚えるときに意識したこと

ひらがなを覚えるときにどのようなことを意識して取り組んだらよいのでしょうか。ママたちにひらがなに取り組むときに意識したことについて聞いてみました。

子どもの興味にあわせる

30代ママ
息子が年長になり、早くひらがなを読めるようになってほしいと思っていました。あれこれ試しましたが、息子はなかなか興味を示さないので、無理にやらせないように気持ちを切り替えました。
子どもの興味にあわせて無理強いをしないように心がけたママもいるようです。ママのなかからは、ひらがなをなかなか覚えられないので、入学前に自分の名前だけ覚えたらよいという気持ちで大らかに構えるように意識したという声もありました。

親子でいっしょに楽しむ

20代ママ
楽しみながらひらがな練習ができたらと思い、親子でお手紙交換をして楽しみました。「だいすきだよ」というメッセージを書いたところ、嬉しかったのか「僕もこの字を覚えたい」と言ってくれました。
親子でひらがなに触れる時間を共有することも、子どもの文字への興味につながるかもしれません。また、子どもがひらがなの文字を覚えられたときは、「すごい」など子どもが自信をもてるような声かけを意識しているという声もありました。

年長の子どもとひらがなを楽しもう

Monkey Business Images/Shutterstock.com

年長の子どもを持つママたちは、ひらがなを書けないことや覚えられないことが気になるようです。ひらがなを読めないときは、子どもの好きなキャラクターの名前から覚えたという声も聞かれ、子どもの興味のあるものから覚えるのもよいかもしれません。

ひらがなや書き順を勉強する際は、ひらがな練習のプリントや教材などを活用するなど、親子でいっしょに楽しく取り組めるとよいですね。

2019年12月25日

しつけの関連記事

カテゴリ一覧