パパたちの子育て方針とは?夫婦で考えが合わないときの決め方

パパたちの子育て方針とは?夫婦で考えが合わないときの決め方

しつけ、日常生活、習い事などについて

パパが子育て方針を考えるとき、大切にするべきポイントが気になることもあるのではないでしょうか。ママとの考え方が合わず悩むこともあるかもしれません。今回は、しつけや日常生活、習い事、人間関係などに関するパパの子育て方針や、夫婦で考えが合わないときの決め方についてパパたちの体験談をご紹介します。

パパたちの子育て方針とは?

子どもを育てていくうえで、何かを決めるときや子どもの将来を考えるとき、子育て方針を立てておくと物事が進みやすいこともあるかもしれません。

パパとママの子育てに対する理想に違いがあり、どちらに合わせるべきか迷ってしまう場合もあるでしょう。

パパたちの子育て方針とはどのような内容なのでしょうか。また、夫婦で考えが合わないときの決め方はどのようにしているのでしょうか。

パパたちの子育て方針

パパたちに普段大切にしている子育て方針について聞いてみました。

しつけについて

40代パパ
子どもがよいことやわるいことをしたとき、親がどのように感じたか気持ちをはっきり子どもに伝えるようにしています。自分がされて嫌なことは人にしない、お互い様の精神を大事にしたいです
40代パパ
欲求をコントロールできるようになってほしいです。欲を持つと何かを手に入れるために頑張ることができますが、コントロールできない場合はわがままを言ったり、将来人に迷惑をかけることもあると思うので、しつけをするうえで大事なポイントと考えています。
40代パパ
我慢することは大事だと思いますが、あまり抑圧しすぎないように気をつけています。
人の気持ちをわかるようになってほしいというパパの声がありました。

思いやりをもつことや自分をコントロールすることは、周囲に迷惑をかけず自分自身を大事にするために、子どもが成長していくうえで大切なことかもしれませんね。

日常生活について

おまるとオムツ
iStock.com/avtk
40代パパ
子どもは左利きです。昔は常識として右利きを強制することも多かったようですが、子どもの使いやすい利き手でよいと思っています。
40代パパ
トイレトレーニングや着替えなど、1歳の子どもがまだできないことでも、自分でやろうとする気持ちがあれば、少しでも体験させサポートしてあげたいと思います。
子どもが自分でやろうとする気持ちをサポートしたいという声がありました。

子どもの自立心を大事にしてあげると、自分をわかってくれているという安心感から自信につながるかもしれませんね。

通う園や学校、習い事について

40代パパ
子どものことをよく知るために、子どもが1日の大半をすごす場所のことを詳しく知っておきたいので、保育園のイベントには必ず参加したり、連絡帳をこまめに見たりしています。
40代パパ
子どもが将来通う学校については、公立や私立などのこだわりは特になく、少しでも自由時間が多くなるように家からの近さが大事だと思っています。
40代パパ
小さいうちから無理に習い事をさせるつもりはなく、興味があるものがあれば、試しにいろいろと経験させてあげたいです。
40代パパ
きびしい練習がある習い事は、向いていなかった場合の反動があると思うので、子どもから希望がない限りは避けたいと思います。
習い事は無理強いせず、いろいろな選択肢をあげたいという声がありました。

子どもが興味をもたないうちは、身についていかないこともあるかもしれませんね。

人間関係や個性について

祖父母
© TAGSTOCK1 - Fotolia
40代パパ
いざというときに子どもを預けやすいこともあり、積極的に子どもと祖父母との交流をもたせるようにしたいです。自分をかわいがってくれる人が多いと、思いやりや自信もつくのではと思います。
40代パパ
子どもが持って生まれた個性を大事にしたいです。ちゃんと自分を表現できるセンスのよさを身につけてほしいので、センスを磨ける環境も用意してあげたいです。センスのよさはモラルにもつながると思います。
子どもと祖父母との交流をもたせるようにしたいという声がありました。

いっしょに住んでいる家族以外の人との交流は、いろいろな価値観を学ぶこともできそうですね。

夫婦で考えが合わないときの子育て方針の決め方

子育てをしていると、夫婦で考え方に違いがあっても、どちらかを選択して決めないといけない場面もあるかもしれません。

夫婦で考えが合わないときの、子育て方針の決め方についてパパたちに聞いてみました。

ママに合わせる

40代パパ
娘のことで迷うことがあったら、基本的にママの意見に合わせます。ママと娘は女性同士だから私よりわかりあえる部分は多いと思います。逆に息子だったら私の方が理解しやすい気がします。
子どもが小さいうちでも、同性同士の気持ちのつながりを重視しているというパパの声がありました。

担当を決める

40代パパ
些細な内容でも言い合いになることもあるので、子どもの食事や着替え、お風呂に入る時間などを決めるとき、平日はママ、土日はパパ担当と決めることがあります。
40代パパ
子どもに関する細かいことについてはママ、進路やお金のかかることなど人生を左右するかもしれない事柄については私が決めることが多いです。
お互いの得意な分野を活かして担当を決めるのも、子育て方針の決め方の1つかもしれませんね。

とことん話し合う

40代パパ
お互いの伝え方が下手なせいもあり、本心を勘違いしてかみ合わないときがあるので、こだわりたいことや子どもへの想い、今後どのような家庭にしたいのかなどについて、かみ砕きながらとことん話し合います。
将来を見据えて子育て方針を決めることは大切かもしれません。

夫婦で意見が合わず喧嘩になると、子どものためを思っているのに子どもを困らせてしまうことになるでしょう。

冷静に話せば、実はお互いに目的や方向性が同じだったと発見できることもあるかもしれませんね。

子どもの希望や将来を考えて子育ての方針を決めよう

パパと遊ぶ赤ちゃん
iStock.com/Yagi-Studio
今回は、パパの子育て方針や、夫婦で考えが合わないときの決め方についてパパたちの体験談をご紹介しました。

子育て方針は人によってさまざまですが、夫婦で子どもを大事に思う気持ちは同じでしょう。

パパがこれまでに親や祖父母から教えられた教訓や、自身で得た学びを、シンプルに子どもへ伝えたりママと共有することは大切かもしれません。

子どもがのびのびと成長できるように、素敵な方針で子育てできるとよいですね。

2019年11月04日

専門家のコメント
20
    KST 専門家
    子供が生まれる前は健康でスクスク育ってくれればいいと思うのに、なぜ生まれたら過剰な欲や期待を持ってしまうのだろう。
    せんせい 保育士
    何事にも「最後」があるということ。

    抱っこするのも最後。
    御飯食べさせてあげるのも最後。
    おかえりって抱きしめてくれるのも最後。
    お風呂で頭を洗いっこするのも最後。
    一緒にお布団に入って腕の中で眠るのも最後。
    おはよう、今日も大好きだよってキスするのも最後。

    いつかは全て終わりがくる。
    絶対後で「もっとこうしておけばよかった」って必ず思うから

    だから毎日全力愛する。

    子どもがすることで「失敗」なんて何一つもない。
    そこからなにか一つでも学びに繋げれば、失敗にはならない。

    それが子育て方針です☺︎
    まいこ先生 保育士
    「パパとは初めて出会う社会である」

    と聞いたことがあります。
    ママの体から生まれてきた子どもは、へその緒でも繋がっていたほどですからママとの関係は築きやすいです。

    パパの子育ての難しさや悩みは沢山あると思いますが、社会をよく知るパパだからこそ伝えてあげられることもありますよね!
    ママの役割、パパの役割が違うことは当たり前。
    大切なお子さまがどんな大人になってほしいかがしっかりあればやり方・かかわり方は様々です!

    保育園の保護者も様々な方がいますが子どもは一生懸命、保育園という社会の中でもちゃーんと育っていますよ♪
    また、保護者さんとお話していても「子どものやりたいこと」をよく見ているなぁと思うことが沢山あります◡̈

    ママとの方針(特にやってほしくないこと、我慢してもらうタイミング)は一貫性を持って、
    人間としてかかわる時はパパらしく(人柄の見せ所!)

    ママだけに任せないでパパも子育てについて考え話す時間、とても大切ですよね♡
    かな先生 保育士
    パパと子どもとの関わりって、とっても気になるし、ついつい聞き耳を立ててしまうことってありますよね(笑)
    その中で、自分とは違う関わり方や叱り方を見聞きすると、えっ?!とビックリしてしまうママも多いのではないかと思います。
    ママは、生まれた時から子どもと一心同体。だからついつい感情的になっちゃいますよね。そういう意味では、少し離れたところから見ることができるパパの目ってとっても大事なんです。

    もちろん記事のように、夫婦で話し合い一緒の方針に向かって二人三脚で育児されている夫婦って素晴らしいと思います。子どもについて一緒に話し合う時間を作っているということだけでも、すごく素敵なことですよね!
    だけど、もし夫婦で方針が違った場合、無理に合わせようとしなくてもいいのかな?と個人的には感じています^ ^
    夫婦でおおまかな決め事、たとえば子ども自身にしてほしくないこと、子どもに対してしたくない言動などをわかりあっていれば、関わりかたは違えども、子どもを想う気持ちは同じ!きっとそれぞれの愛をまっすぐに受け取ってくれると思います。
    いろんな人からたくさんの愛を浴びて、自分を好きだと思える心を育てていきたいですね^ ^
    かよう先生 保育士
    ママとパパで子育て方針に違いが出てくることもありますよね。
    ママとパパで役割が違うのは当たり前のことだと思うので、そこで担当を決めたり、たくさん話し合うことって本当に大事だなと思います。
    はつみ先生 保育士
    なんとなく、一歩引いて見てくれるのがパパの存在かなと感じます。
    イライラしたり、上手くいかなかったり、ママは時に感情的になると思います。そんな時、パパが一歩引いて温かい目で見守ってくれ、育児に参加してくれるとママも安心すると思います!
    夫婦で子育ての方針を話し合い、同じ方向性に進んでいけるといいですね!
    パパには2人の子って事を忘れないで欲しいです。
    子どもが大きくなった時、昔話を共有したいのは間違いなくパパです!
    やし先生 保育士
    記事にもありましたが、同性の親が決定権を持ちながら、夫婦でしっかりと話し合うのが良いと思います。
    思春期以降の歩みは異性の親には理解が難しいところがあるので、どのようにそこまで導いていくかは同性の親の洞察力の方が優れていると思うからです。
    そうでない決め方だとしても、決定権を持つ側が、きちんと聞いて共感する姿勢を大切にしてほしいですね。
    夫婦は協力関係であって敵ではないので。
    ひよこ先生 保育士
    どんな保育園や幼稚園に預けるか、いつから預けるのか、習い事はどうするか、学校は公立にするのか私立にするのか…
    子育てにおいて、どのような方針をとっていくのか常に悩みますね。
    それには、日頃からパパとのコミュニケーションをよく取っていることが大切なのかな、と思います。
    そしてある程度子どもが大きくなったら、子どもの意思や考えを尊重することも大切になってきます。
    それからパパだけでなく、祖父母(特にママにとってはお姑さん)の考えも取り入れなければならなかったりもします。そこら辺のお姑さんへの配慮も、パパである夫が「僕たちの子どもだから僕たちに任せて欲しい」とハッキリ言ってもらえるだけでも違いますよね。
    ひよひよ先生 保育士
    ママは赤ちゃんがお腹にいる時からお母さんなんです。
    パパは赤ちゃんが産まれてきてからお父さんになります。
    2人の役割や考え方が違うのは当たり前です。
    でも、子どもを愛する気持ちは2人とも一緒だと思います!
    相談しながら、お互いの意見が合うといいですよね。
    パパとママが可愛い我が子の為に話し合えるそんな時間も大切ですね♡
    なごみ先生 保育士
    どんな習い事をさせるのも必ず夫婦で話を聞きに行きその場でその先生に質問をそれぞれして、二人とも納得した上で習わせています。

    それでも時々意見が食い違う事が出てきてケンカになることも、、、。
    でもどちらも子どもが大切で一生懸命に考えるからこその事ということをお互いに忘れずにいれると最後はちゃんと仲直りもできて初心を取り戻しまた夫婦で子育て頑張っていこうと思えます☆
    ぷん先生 保育士
    時々、お母さんからパパとの教育方針が合わなくて…という相談を受ける事がありました。大切な子供に関わることですもんね。子供を愛してることには変わりないけれど、子供にこんなふうに育って欲しいというのが最初から合致するご両親もなかなかいないと思います(^.^;夫婦の中でこんな行動や言動をしたら注意する。褒める。等ボーダーラインを定めておくと子供も混乱せずにすむのではないかなぁと思います。ご両親がお互いの意見を尊重し認め合う姿を見せることも子供への教育の一つではないでしょうか。
    いちぽ先生 保育士
    息子は一歳ですがパパとの教育方針と合わないこと、すでにあります笑
    気になったときはその場で言うようにしています。パパもそうすると、そうか気付かなかったと納得してくれることが多いので。
    今後も話し合いながら夫婦の子育て方針は息子が混乱しないよう一緒にしていくようにしたいです。
    はなこ先生 保育士
    え?と思うことも多々ありますが、あまりにも違うだろ!と思うこと以外は口出しはしません。

    初めて親になってわかることもお互い多いだろうし、私は職業柄子供にたくさん関わってきましたが、主人はそうではないので、押し付けないように、、と心に言い聞かせています!笑
    べこな先生 保育士
    夫婦であっても考え方が違って当たり前ですよね。お互いの考えを受け入れあって子どもに関わればいいのではないのでしょうか?双方が違うことを言うと子どもが混乱しますよね。お互いの方針を主張するより、こどもにとって何が必要なのか、ベストなのかを二人で考え合えば方針の違いなんてこだわりはなくなるのではないでしょうか?
    でぶいも先生 保育士
    こうすることが正しいとか決めつけた言い方ではなく、私はこの件についてはこう思うと考えを伝えたり、ダメと指摘するのでなくこうしてもらいたいと伝えるようにしています。
    ぺち先生 保育士
    今妊娠中ですが、パパとの教育方針は少し心配になります。育ってきた環境が違うから、必ず同じ方向を向けるかは分かりませんが、話し合いながら寄り添いながら、一緒に育てていけるといいですよね!
    ぽんた先生 保育士
    母である私と意見が違いすぎて、困りはて、私はもう、教育に口出しをしないことにしました。意見の相違から、喧嘩になり、出ていけといわれるの繰り返しで行き場がなくなりました。でも、パパのいないところで、子どもたちにはしっかり諭しています。パパに任せていたら、子どもたちまでパパみたいな人間になりかねないので、、
    さと先生 保育士
    夫婦で決めていることは、2人一緒になって叱らないということです。

    娘が悪いことをしてパパから叱られているときは私は少し離れて見守り、終わってからフォローしにいきます。
    (パパがヒートアップしていると止めることもあります)
    どうして怒られたのか?を娘と確認し、パパにごめんなさいを言いに行きます。
    するとパパも少しキツく言いすぎた、ごめんね、と言って仲直りしています。

    私が娘を叱った後でパパがフォローを入れてることもあります。
    のんの先生 保育士
    夫婦間で育児の方針があわないときは、わたしがおれます。
    そして、後で、フォローするようにして、結局自分の育児方針へともちこみます(笑)

    基本育児のことはわたし(母親)がやっています。が
    こどもには、「お父さんが絶対」といっています。叱るのはお母さん、優しいの人、プレゼントを渡すのは、お父さんの担当です。
    わたしが、「お父さんはすごいんだよ」と日々伝えることで、こどもたちはお父さんと触れ合う時間が短くても、とても尊敬しています。

    ぽんた先生 保育士
    我が家はパパとは違いが大きすぎて、なんど修羅場になったことか(*_*;もう、私は、あきらめて、こどもの教育のことは見てみぬふりです。離婚になるより、ましかなと。
おすすめユーザーのコメント
1
    naa
    パパの子育て方針は、大らかだったり厳しかったり、自分と違うところも多々ありますが、2人の子供なのでできるだけ譲れる部分はパパの思うようにさせてあげたいです。

しつけの関連記事

カテゴリ一覧