年中の子どもへのひらがなの教え方。楽しく練習する工夫をしよう

年中の子どもへのひらがなの教え方。楽しく練習する工夫をしよう

子どもが使いやすいドリルの選び方

年中の子どもへの、ひらがなの教え方が気になっているママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、年中の子どもがひらがなを読めるようになるための教え方の工夫や、書けるようになるための練習の仕方、ひらがなの練習に使うドリルの選び方を、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

年中の子どもへのひらがなの教え方の悩み

年中の子どもをもつママやパパのなかには、ひらがなの読み書きの教え方が気になっている方もいるかもしれません。ひらがなの教え方についての悩みを聞いてみました。

40代パパ
うちの子は年中になってひらがなに興味をもつようになったので、読み方を教えようと思うのですが、教え方がよくわかりません。ひらがなを読めるようにするには、どのようにしたらよいか知りたいです。
30代ママ
子どもが「ひらがなを書けるようになりたい」というので教え方を知りたいと思います。正しく書けるようになる練習を、子どもといっしょに楽しみたいと思っています。
年中の子どもがひらがなに興味をもつようになったら、読み方から教え始めるとよいかもしれません。子どもが楽しみながら覚えられるように、遊びを取り入れた教え方をしたいというママの声もありました。

ひらがなの読み方を教えるときの工夫

年中の子どもがひらがなを読めるようになるために、ママやパパはどのような教え方をしているのでしょう。ひらがなの読み方を教えるときの工夫を聞いてみました。

おもちゃを使う

40代ママ
子どもが年中になった頃から、カルタを使ってひらがなの読み方を教えています。カルタには読み札にあう絵と文章の最初のひらがなが大きく書かれているので、子どもにも覚えやすいと感じています。
年中の子どもにひらがなの読み方を教えるときに、カルタなどのおもちゃを使ったママがいました。ひらがなが書かれたおもちゃには積み木などもあるようなので、子どもが興味をもって遊べるものを選ぶとよさそうです。

ひらがな集めゲームをする

絵本
iStock.com/CCaetano
30代パパ
年中になった子どもが読めるひらがなを増やすために、ひらがな集めゲームをしました。集めるひらがなを1つ決め、本やチラシなどを使って家族で見つける競争をしたところ、子どもが私や妻よりもたくさん集めようとはりきっていました。
ひらがなの読みの教え方として、家族でひらがなを集めるゲームをするのも楽しそうです。公園に遊びに出かけたときに、道を歩きながら看板に書かれているひらがな集めをして、行き帰りも親子で楽しめたというママの声もありました。

絵本をいっしょに読む

30代ママ
子どもが読めるひらがなが増えてきたので、いっしょに絵本を読みながらひらがなを覚えています。年中になってから昔話に興味をもつようになったためか、毎日いっしょに読むことが日課になっています。
読めるひらがなが増えてきたら、親子で絵本を読むこともひらがなを覚える練習になるかもしれません。絵本のように短い文章は子どもにも暗記しやすいので、覚えた文章と文字を比べながら読めるひらがなを増やすこともできそうです。

ひらがなを書くための練習の仕方や教え方

年中の子どもがひらがなを書く練習をする場合、どのような教え方をするとよいのでしょう。実際に、ママやパパが行なったことを聞いてみました。

運筆練習をする

40代パパ
ひらがなは直線や曲線が混じっているので、文字を書く練習の前に運筆の練習を取り入れました。子どもが持ちやすい太めの鉛筆を用意し、縦横の直線やグルグルの曲線などを書く練習を毎日短時間行いました。
ひらがなを書く練習の前に、直線や曲線を書く練習を取り入れたパパがいました。年中の子どもがひらがなを書けるようになりたいと言ったときには「初めに鉛筆を持って書く体操をするよ」と、毎回運筆練習をするとよいかもしれません。

一筆で書けるひらがなの練習をする

ひらがなの練習
iStock.com/EikoTsuttiy
30代パパ
ひらがなが読めるようになった子どもに書き方を教えようと思い、一筆で書ける「し」や「つ」の練習から始めました。ひらがなの中には形や書き順の難しい文字があるので、子どもが楽しく覚えることができるように簡単な文字から練習しました。
年中の子どもがひらがなを楽しく書けるように、一筆で書ける文字から練習をするという教え方をしたママがいました。ひらがなの書き方を教えるときには、書き順などを確かめて、簡単に書ける文字から練習を始めるとよいかもしれません。

名前を書く練習をする

30代ママ
年中になってひらがなをいくつか書けるようになった子どもが「自分の名前を書きたい」と言ったので、一文字ずつ書く練習をしました。名前の文字をひとつ書けるようになる度に「書けた!」と嬉しそうな顔をしてくれました。
自分の名前を書けるようになると、子どももひらがなを書くことを楽しんでくれそうです。ママのなかには、名前をひらがなで上手に書けるようになった子どもが「今度はママの名前を練習する」と、はりきっていたという声もありました。

ひらがなの練習に使うドリルの選び方

ひらがなを書く練習にはドリルを使うこともあるようです。子どもが楽しく練習することができるドリルの選び方を、ママやパパに聞いてみました。

楽しいイラストの描かれたドリル

30代パパ
「年中になってかわいいキャラクターに興味をもち始めた娘に、カラフルなイラストの描かれたドリルを選びました。イラストを見て「たこ」「うし」などと声に出しながら、楽しそうにひらがなを書く練習をしています。
年中の子どものために楽しいイラストの描かれたドリルを選んだパパがいました。「ねこ」や「いぬ」といった難しいひらがなを書くときに、かわいい猫や犬のイラストがあれば、子どもも練習を楽しんでくれそうです。

何度も書けるドリル

40代ママ
年中の子どものひらがなの練習用に、何度も書いたり消したりできるドリルを選びました。クレヨンやマーカーペンで書いた文字を、水で濡らした布で簡単に消すことができるので、子どもも気に入った色を使って嬉しそうに練習をしています。
ひらがなの練習に使うドリルには、クレヨンやペンで何度も書けるタイプもあるようです。ママが色違いのマーカーペンでひらがなの書き順がわかるように書き、上から子どもがクレヨンでなぞるといった練習も楽しいかもしれません。

年中の子どもとひらがな練習を楽しもう

勉強をする子供達とパパ
iStock.com/recep-bg

年中の子どもがひらがなに興味をもち始めた様子を見て、ひらがなを読めるように教え方を工夫しているママやパパがいました。ひらがなを書く練習をする際は、簡単に書ける文字から始めるとよいかもしれません。

子どもが喜んでくれそうなドリルを選ぶなどして、年中の子どもとひらがなの練習を楽しめるとよいですね。

2019年10月12日

専門家のコメント
14
    ゆう先生 保育士
    幼稚園では、自分の名前を書く練習から始めていました。それからひらがなのワークを使っておけいこしていました。また遊びの中で、カルタやカードゲームなどを使って楽しみながら自然と覚えられていたように思います。
    める先生 保育士
    まず身近な大人が書く文字や、絵本に興味をもってもらうことが大切ですね!「なんてかいてある?」という質問が子どもから聞こえてきたらチャンスです!
    ひとつひとつ答えてあげることで、さらなる興味や疑問に繋がります。

    自分の名前は子どもにとって身近なことばの一つなので、名前を教えてあげるのもいいですね。絵本の中の文字をみて、「ぼくの(名前の)〇だ!」と、文字を見つけて楽しむこともできますよ^^
    にこちゃん先生 保育士
    親御さんの工夫した教え方があってこちらも学びになります。

    保育園では、文字への興味を高める為にホワイトボードを使って文字集めをします。
    例えば「あ」のつくものは?と問いかけ、みんなに出してもらい、書き出していきます。そして最後に書き出した言葉を保育者が指で追いながら、保育士→子どもの順で声に出して読みます。
    繰り返しやっていくことで覚えていきます。
    記事にもありましたが、街中にある看板などで探すのも楽しいと思います。

    書くよりも読む方が覚えが早いです。書くことについては、書き順や形など、うまく書けないことに対してあまり大人が厳しく指摘してしまうと、子どもは書くことが嫌になってしまうので、子どものペースを大事にしながら進めていけたらいいかと思います。
    ドリルなどだと、見本があって、うっすら見本の上をなぞるものから見本なしで自分で書くという段階で出来たりします。いきなり見本をみて書くよりも、'うっすら見本の上をなぞる'段階はあるといいかなと思います。

    また、自分の名前を書く機会は多いので、なるべく始めに覚えられるといいと思います。

    白玉善哉先生 保育士
    まずは4歳になる前から語彙を広げてあげられると良いと思います。顔のパーツから順々に広げていって物には全て名前があるということを知ってもらえるとそこから言葉への興味にうつるかと思います。
    興味がわいたらそこからは驚く速度で吸収していきますので50音はあっという間に覚えてしまうと思います。
    書くことに関しては指先や手首の運動が大事になってくるので日常のちょっとした動きも丁寧に教えてあげると書くことの下準備になって良いと思います。
    ゆか先生 保育士
    子ども自身が文字に興味を持ってくると自分から何て読む?これは?と、次から次へと聞いてきます。  興味と平行してひらがな集めのゲームをするととても喜びます😄  だいぶひらがなが読めるようになったらカルタがお薦めです。  いきなり難しくなってしまってら興味がなくなってしまうので、順を追って進めていくのがいいと思いますよ!
    べこな先生 保育士
    子どもが興味をもたなければ押し付けになりますよね。こちらが興味を持てるように知育オモチャやカルタを一緒にしたりして、子どもが知りたい。と思えるようにさりげなく働きかけました。文字も大切ですが数の概念がわかるようになると文字も自然と入っていく子が多いように感じます。数の概念はお菓子を2つとって。1人何個ずつ食べられる?などで養うことができるのでそこをまず伝える方がハードルは低いかと思います
    ことり先生 保育士
    よく、今日の文字を決めて
    それがつく言葉をたくさん書いていくということをしていました!

    あり
    あめ
    あいす
    あご

    …という感じで

    書くより読む方がやりやすいので
    それをお楽しみ感覚でできると楽しいですよね。
    メグミ先生 保育士
    まずはひらがなに親しみを持てるような環境を作ることが大切ですよね!言葉のカードを何気なく使ってみたり「これはなに?」と子供たちに聞いてみたりすぐに書く!書かなきゃいけない!と強制するよりもまずは興味が持てる環境を作ってあげましょう。
    よっしー【シッター】 保育士
    年中であれば、文字に関してはアウトプットではなく、インプットの段階で十分です。
    まずは【見る・読む】を大切に、散歩中に見つけた看板や、絵本を指差しながら一緒に読んであげてください。

    【書く】ことについては、お絵描きで直線や丸、ジグザグ線が上手に描けるようになってからで十分です。【書く】ではなく【描く】ことを楽しんで、文字を書いてみたい!という意欲が出る時のために、たくさんお絵描きをしてくださいね。
    かよう先生 保育士
    年中の担任をしていた時、絵本などからひらがなに興味を持つ子が増えてきました。
    帰りの会でしりとりが恒例になり、ホワイトボードに書き出して、次の日のお楽しみにしていました。
    ぺち先生 保育士
    年中さんは、読める子と読むのが難しい子といました。カルタは、字を形で覚えるのに良い遊びでした!あとは、平仮名スタンプを自由に使えるようにしてあったので、自分の名前を押して楽しむ子もいました。
    ちぃ先生 保育士
    カルタ遊びは字の形を覚えるのに良いですよね♩
    文字付きの積木で一緒に自分の名前の文字を探したり、ゲーム感覚で触れていくといいと思います。
    おはぎ先生 保育士
    幼稚園では暑中見舞いや年賀状をきっかけに、お友達や先生とお手紙交換が流行ります。もちろんお母さんと書いていたり、絵だけだったりもしますが自分にくれたお手紙!ということもあって、進んで読んだり返事を書こうとするようです。実際私の娘もそこからぐーんっと字が書けて読めるようになりました。書き方も習いに行きましたが、チェックされるのがビクビクするらしくそちらはやめてしまいました(^_^;)やはり自分でやりたい!の方が伸びるんですね〜
    あー先生 保育士
    こそだてで今一番むずかしいのはしつけですよね!あまり強くしかってもこどもには伝わらないこともあるので、うちは子どもの性格をみてほめたり叱ったり子どものようすに合わせて子育てできるといいですよね!
おすすめユーザーのコメント
1
    SB
    カルタは、幼稚園のクリスマスプレゼントでもらってうちもはまりました!ひらがな勉強にもつながり良かったです!

しつけの関連記事

カテゴリ一覧