2歳の子どもの上手な叱り方。ママたちが気をつけていること

2歳の子どもの上手な叱り方。ママたちが気をつけていること

上手に叱るためのポイント

2歳の子どもを叱るとき、癇癪を起こしたり話を聞いてくれないと、叱り方について悩んでしまうこともあるでしょう。ママも感情的になったり、大きな声で叱ってしまうことがあるかもしれません。今回は、2歳の子どもの叱り方で気をつけたいこと、上手に叱るためのポイントについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

2歳の子どもを叱るとき

2歳の子どもを叱るときに困っていることや気になることについて、ママたちに聞いてみました。
30代ママ
少しでも気に入らないことがあるとイヤイヤが始まり、泣き終わるまでは、とても話を聞ける状態ではないので困っています。
20代ママ
泣くと大きな声を出してしばらくそのままなので、どのタイミングで叱ればよいのか気になります。なぜいけないのか理解してもらうにはどう声をかけたらよいか知りたいです。
30代ママ
イヤイヤが長引くと気をつけているつもりでも感情的になってしまうことがあります。
イヤイヤ期が始まる2歳の子どもとどのように接すればよいか悩むママが多いようです。

2歳の子どもの叱り方で気をつけていること

ママたちは2歳の子どもを叱るときに、どのようなことを気をつけているのでしょうか。

感情的にならない

不機嫌な女性
iStock.com/kokoroyuki
30代ママ
感情に任せて怒らないよう、叱る前に深呼吸をして自分が一度冷静になってから声をかけるようにしています。
叱るときに感情的になってしまうこともあるでしょう。深呼吸をしたり、少し距離を置いたりして、まずはママの心を落ち着かせるとよいようです。

ママが冷静になり、何がいけなかったのか分かりやすく伝えることができれば、子どもは叱られた理由を理解してくれるかもしれません。

すぐにその場で叱る

30代ママ
いけないことをしたらすぐに叱ります。タイミングがずれたり時間が開いてしまうと、子どもが何のことを叱られているのか分かりにくいのではないかと思うからです。
何がいけなかったのか子どもが分かりやすいよう、いけないことをしたタイミングですぐに叱るように意識しているママが多いようです。

長時間叱らない

30代ママ
長い言葉で言っても伝わらないと思ったので、短い言葉で叱ることを心がけています。また、叱って泣かれたり喧嘩のようにこじれた状態が続いた後は、きちんと仲直りするようにしています。
分かりやすい言葉で短く叱るように気をつけているママが複数いました。「ダメ!走らないで!」ではなく「ここで走ったら人にぶつかって危ないよ。ぶつかったら痛いよ。」などというように、なぜいけないのかきちんと説明してあげるとよいようです。

2歳の子どもを上手に叱るためのポイント

2歳の子どもを上手に叱るためのポイントを、ママたちに聞きました。

やさしい口調で伝える

くまのぬいぐるみ
iStock.com/Ridofranz
20代ママ
汚い言葉遣いや大きな声で叱らないように心がけています。こちらが穏やかに話した方が、話の内容を分かってくれるような気がします。
やさしい口調で話すためにはママが一度気持ちを落ち着ける必要があるでしょう。やさしい口調で話すことを習慣づけられれば、感情的にならずに子どもと向き合えるかもしれません。

気持ちを受け止める

20代ママ
子どもがグズっているときは何か原因があると思うので、叱らずにまずは共感するようにします。『上手にできなくて悔しかったね』『もっと遊びたかったね』などと声をかけて落ち着くのを待ちます。
子どもの気持ちを代弁したり理由を聞いたりすると、「ママは自分のことを分かってくれている」と安心し、叱っても納得してくれることがあるようです。頭ごなしに叱られても言うことを聞く気になれないのは、子どもも大人もいっしょかもしれませんね。

落ち着かせてから叱る

40代ママ
大きな声で泣きわめいたり、暴れたりするときは、好きなおもちゃで遊ばせて落ち着かせます。機嫌がよくなったら、何がいけなかったのか話すようにしています。
子どもの機嫌が悪く話を聞ける状態にないときは、まずは気持ちを落ち着かせてあげるとよいようです。おもちゃで遊ぶ以外にも、抱きしめたり、子どもの気持ちに共感したりしてもよいかもしれません。

目線を合わせてゆっくり話す

40代ママ
しゃがんで子どもと目線を揃えてゆっくり話すようにしています。逃げようとするときは抱っこして目を合わせて、何がいけなかったのか伝えます。
目線を合わせてコミュニケーションを取ることを意識するとよいようです。立ったまま叱ると威圧感を与えてしまいます。「怖いから言うことを聞く」のではなく、理由をしっかり理解してもらうように心がけるとよいでしょう。

2歳の子どもに合った叱り方をしよう

笑顔の親子
iStock.com/Satoshi-K
2歳の子どもを叱るときは、感情的にならず、短い言葉ですぐに叱るとよいようです。子どもが泣きわめくなど話を聞ける状態にないときは、気持ちを落ち着かせてあげてから叱るとよいでしょう。

何がいけなかったのかやさしい口調で伝える、子どもの気持ちを受け止める、目線を合わせてゆっくり話すなど上手な叱り方のポイントを押さえて、子どもに合った叱り方を見つけられるとよいですね。

2019年08月23日

専門家のコメント
9
    かよう先生 保育士
    感情的にならないと気持ちを受け止めるすごく大事だなと実感してます。 ただ叱るのではなくて理由もしっかり伝えたいです。
    宍戸 理江 保育士
    気持ちを落ち着かせながら、淡々と、短く話すのも大切ですね。感情的にたくさん伝えても子どもたちは処理できないこともあります。子どもの気持ちを受け止めながら、短い言葉で伝えてみてくださいね。
    あゆみ先生 保育士
    感情的に長々と叱っても、お子さんは自分がなぜ叱られているのか、なにで叱られているのか分からなくなってしまいます。 感情的にならないよう意識しながら、短く、なぜ叱っているのか分かりやすくしてお話してあげると良いかもしれませんね。
    よっしー【シッター】 保育士
    他の方と被らない内容のみコメントします。 2歳だと、状況説明も自分の感情も、言葉にすることが難しいと思います。気持ちを汲もうにも、状況をきちんと大人が把握していないとわかりません。 一人遊びが上手になっても何をしているか・どうしようとしているか、を知るためにも見守りは必要だと思います。 また、机や高い所に登るのが好きな時でもあると思います。毎回叱るよりも、そのような遊び場(家では布団アスレチック、公共施設の遊び場)を作ってあげて、登りたい欲を満たしてあげることで注意する回数も減ると思いますよ。
    まな先生 保育士
    イヤイヤ期になると、ママも大変になってきますね。ですが、イライラしてしまい感情的になると、子どもはママのイライラを感じとり、子どももさらにイヤイヤとヒートアップしてしまうこともあります。なので、感情的ににならず、子どもの気持ちを受け止めてあげると良いです。例えば公園で遊んでいて帰りたがらない子に対して、「まだ遊びたいよね、でもそろそろ帰る時間だね」と、まだ遊びたいという気持ちを尊重してあげましょう。「また明日来ようね。」「最後一回滑り台したら帰ろうね」と気持ちの切り替えができる言葉掛けを意識すると良いですね。
    まあ先生 保育士
    いやいやしている時、大人もつい感情的になってしまいますよね。しかし一旦お子さんの「いや」を受け止めてあげてから「〇〇したかったんだね、でも……」というように伝えるとお子さんも落ち着いて聞けるかもしれません。
    まあこ先生 保育士
    ★感情的にならない★ とは言うものの中々理解してくれなかったり、同じ事の繰り返しにイライラしてしまいますよね。 わたしが心がけていること… ①その場で「いけない」 いけないことをした場で「いけない」と伝える ②「怒ってる」ことを伝える 表情ではなく「私は怒っているよ」と言葉で伝える ③誰がいけないことをしたのかを認めさせる ③は少し難しいですが、2歳半くらいからは出来ます。最初は「悪いことをしたのは誰?」などYES、NOで答えるだけでも良いと思います。認めることから理解に繋がります。 ★忘れないで★ 「いけない」ということは1回では理解できません。が、必ず理解できます。その事は渦中にいると忘れかけてしまいますが絶対に忘れてはいけません。繰り返し「いけない」と伝えていきましょう。
    すう先生 保育士
    2歳児って色々と知能も自我も伸びてきて大変な時期ですよね。こちらも疲れている時だと思わず感情的になって怒ってしまう時もあるかと思います。分かってはいるのに余裕がない時は難しいですよね。 「叱る」と「怒る」は全くの別物です。 「叱る」は、感情は乗せずに子どもの気持ちに寄り添いながら善悪をしっかり伝える事です。 「怒る」は、その名の通りこちらのイライラの感情まで乗せて理不尽な怒り方をしたり、怒鳴ったりなどです。 効果的なのはもちろん「叱る」方です。子ども達の気持ちに寄り添いながら伝えていけるといいですね︎☺︎
    ちぃ先生 保育士
    叱る時はこちらが感情的にならないように気をつけています。 子どもの気持ちを受け止めつつ何故ダメなのか、ということをわかりやすい言葉で伝えるようにしています。 また叱った後はその感情をこちらも引きずらないよういつもと変わらず接するようにしています。
おすすめユーザーのコメント
3
    いしし プレパパ修行中
    上手な褒め方も知りたい。バランスが大事ですよねー
    佐知子
    大人が「こうしよう。」と声をかけたのに対し子どもの「いや!」は自分の意志を持とうとする成長の証です。まずは子どもの気持ちを優先してみましょう。「それが終わったらこうしょうね。」と見守ったり一緒に遊ぶなどして時間をあけて何度か優しく声をかけてみましょう。子どもの気持ちが満たされると素直な姿が表れると思います。
    みーご
    やはり長々と叱るよりも簡潔に伝える事が大切だと思います。まずは子どもの気持ちを受け止め子どもが落ち着くまでまってあげることが大切です。その上でなんでいけなかったのかをとにかく優しく語りかけるように伝えると子どもは受け入れてくれる事が多いなと感じています。

しつけの関連記事

カテゴリ一覧