子どもの歯磨き習慣を楽しく身につけよう。歯磨きのしつけアイディア

子どもの歯磨き習慣を楽しく身につけよう。歯磨きのしつけアイディア

子どもがすすんで歯磨きをしたくなる工夫とは

子どもの歯磨きのしつけや、習慣作りに悩むママやパパもいるかもしれません。歯磨きを嫌がる場合は、対処方法が気になることもありますよね。今回の記事では、子どもの歯磨きに関する悩みや、歯磨き習慣作りのポイントや工夫、嫌がる場合の対処法について体験談を交えてご紹介します。

子どもの歯磨きのしつけに関する悩み

子どもの乳歯が生え始めると、歯磨きがはじまるでしょう。子どもの月齢が小さいときは乳歯も少なくやりやすかった歯磨きも、子どもが成長するにつれて歯磨きがスムーズにいかず悩むことがあるかもしれません。

子どもの歯磨きに関する悩みについて聞いてみました。

40代ママ
小さい頃に無理に磨いていると、歯磨き嫌いになってしまいました。なかなか歯磨きの習慣がつかないので、しつけや対応に悩んでいます。
30代ママ
歯磨きを嫌がって口を開けてくれなかったり、暴れたりします。無理に磨くと泣くので困っています。楽しく歯磨きをする方法が知りたいです。
30代ママ
うちの子は、歯磨きをしようとすると、顔をそむけてしまいます。『自分でやる』と言うので歯ブラシを渡しても、なかなか歯を磨いてくれません。

子どもの歯磨きのしつけや習慣、歯磨きを嫌がるときの対応など、さまざまな悩みを抱えているようです。子どもがすすんで歯磨きをするように、小さいうちから習慣づけたいと思う家庭もあるようです。

子どもの歯磨き習慣を作るポイント

iStock.com/Besiki Kavtaradze

子どもの歯磨き習慣は、どのように作っていくとよいのでしょうか。歯磨き習慣を作るポイントについて聞いてみました。

時間やタイミングを決める

30代ママ
我が家では、『ご飯を食べ終わって30分たったら歯磨きしよう』と時間を決めています。食後にタイマーをセットして、音が鳴ると歯磨きタイムです。
30代ママ
食事のあとに、必ず歯磨きをしています。毎日続けることで、自然と食後に歯磨きをするという習慣作りにつながりました。

歯磨きをする時間やタイミングを決めておくと、歯を磨く習慣が自然と身につくかもしれません。生活リズムを考えながら、歯を磨く時間やタイミングを決めるとよいでしょう。

理由を伝える

30代ママ
歯磨きに関する絵本の読み聞かせをして、なぜ歯磨きが必要かを伝えました。ご飯のあとは、虫歯にならないようにお口のお掃除をするということがわかると、本人も納得したようで歯磨きをするようになりました。

子どもにわかりやすく歯を磨く理由を伝え、歯磨き習慣への意識を高めていくのもしつけのポイントのようです。

歯磨きに関する絵本やDVDは豊富にあるので、お気に入りの話を見つけてみるのもよいかもしれません。

ママやパパが歯磨きする姿を見せる

30代パパ
日頃から、子どもの前でママやパパが積極的に歯を磨くようにしました。見よう見まねから始まりましたが、自然と歯磨き習慣がついていきました。

大人の背中を通して、歯磨き習慣の大切さが伝わることもあるのではないでしょうか。

ママやパパたちが歯を磨く姿をきっかけに、自然と「自分も歯磨きをしよう」という習慣になるとよいですね。

歯磨きを楽しく身につけるアイディア

子どもが歯磨きに対して前向きに感じてくれると、歯磨き習慣もスムーズに身につけられるかもしれません。

歯磨きが楽しくなるアイディアを聞いてみました。

グッズを活用する

iStock.com/banjongseal324
30代ママ
お気に入りの人形を使って『歯磨きしよう』と誘っています。磨きながら『むしばいきんがいる!大変!』と言うと、口を大きく開けてくれます。
30代パパ
スマホとリンクした、子ども用の電動歯ブラシを導入しました。子どもも『かっこいい』と興味深々で、すすんで歯磨きをするようになりました。

子どものお気に入りの人形や、便利な家電グッズを使っている家庭もあるようです。子どもの目を引く楽しそうなアイテムを取り入れてみるのもよいかもしれません。

歌やゲームを取り入れる

20代ママ
子どもが楽しめるように、ゲーム感覚で歯磨きをしています。歌にあわせて歯を磨き、『今日の歯磨き得点は…120点!』というと、とても喜びます。

歯磨きの時間がもっと楽しくなるように、歌やゲームを取り入れるアイディアもあるようです。

子どもといっしょに、親子で歯磨きタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

前向きな言葉をかける

30代ママ
とにかくたくさんほめます。できないことばかりを指摘すると、子どもが歯磨きに対してネガティブなイメージを持ちかねないので、言い方にも気をつけるようにしています。

パパやママにほめられた嬉しい経験が、子どものやる気につながることもあるかもしれません。

子どもの歯磨きに対して前向きな気持ちになるように、言葉がけを工夫してみるとよさそうです。

歯磨きを嫌がるときの対処法

子どもが歯磨きをすすんでできるように工夫しても、子どもが歯磨きを嫌がる場面もあるかもしれません。

歯磨きを嫌がる場合の対処法について聞いてみました。

無理をしない

30代ママ
嫌がるのを無理に磨くと、子どもが余計に歯磨きを嫌がるようになってしまいました。嫌がる場合は、ガーゼでさっとふくなど工夫するようにしています。
30代ママ
寝る前の歯磨きは必ずするようにしますが、朝ごはんや昼ごはんのあとの歯磨きは、子どもの状況によって無理せず見送ることもあります。

子どもがどうしても歯磨きを嫌がる場合は、しつけにこだわらずあまり無理をしない選択をするのもよさそうです。少し時間をおく、待ってみるなど、肩の力をぬいて向きあっていけるとよいですね。

歯磨き方法を見直す

30代ママ
歯磨きを嫌がる理由を子どもに聞くと、歯磨き時間が長いのが原因だったようです。手早く磨くようにすると、子どもも歯磨きを頑張ってくれるようになりました。

子どもが歯磨きを嫌がる原因を考えて、歯磨き方法を見直してみるのもよいかもしれません。

時間の他にも、力加減が強く痛かったり、歯磨き粉が苦手だったりすることもあるようです。子どもの様子をみながら対応していけるとよいですね。

歯磨き習慣を楽しく身につけよう

iStock.com/monzenmachi

子どもの歯磨きのしつけや習慣作りのために、時間やタイミングを決めたり、理由を伝えたりと、ママやパパたちはさまざまな工夫をしているようです。歯磨きを嫌がる場合は、あまり無理をせず、歯磨き方法を見直してみるとよいかもしれません。

子どもが喜ぶグッズや遊び心のある方法を取り入れながら、親子で楽しく取り組めるとよいですね。

2019年08月07日


5

    ys
    無理に歯ブラシをして歯ブラシが嫌いにならないように工夫したいですね。

    muu
    何歳くらいから一人で歯磨きできるようになるんだろ。わたしは小学校あがる前くらいまで仕上げ磨きされてたような。

    ゆう先生
    食後に歯磨きタイムを設けるのはいいですね!次の行動の見通しを持てることで、子どもにとっても習慣化されて身に付いていくと思います。 また、シッター先では、歯磨き代わりに、虫歯予防のタブレットを食べる習慣のお子様もいました。 自ら進んで食べていました。

    金子 幹也
    歯磨きという行為を楽しんでもらうことも重要だけど、親が楽しんでる様子を見せることも効果ありそうですよね!

    よっしー【シッター】
    舌で歯の裏を触ると、ザラザラがツルツルになって気持ちがいい!というのを感じられるといいですね。 一緒に磨いた後に「ツルツルして気持ちいいねー」と言葉にすることも大切です。

しつけの関連記事

カテゴリ一覧