子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

4歳児のひらがな練習。覚え方のコツやおもちゃを使った方法

4歳児のひらがな練習。覚え方のコツやおもちゃを使った方法

元幼稚園教諭やママたちにアンケート

子どもが4歳になると、ひらがな練習をはじめた方がよいのか疑問に思うママパパもいるのではないでしょうか。今回は、4歳の子どもの文字の覚え方について、練習方法やた楽しみながら文字にふれられるおもちゃなど、ママたちや元幼稚園教諭の体験談をもとに紹介します。

4歳児でひらがなの練習はしていた?

4歳になると、少しずつ文字の読み書きができる子ども増え、練習はじめた方がよいのか悩み始めるママやパパもいるかもしれません。ひらがなに最初から興味をもつ子どももいれば、興味がなく嫌がる子どももいるかもしれません。

「周りがはじめていたのと、小学校の受験対策を兼ねて教えていました。しかし、実際に鉛筆を持たせて直線やにょろにょろ線を描く練習をしたところ、本人は全く興味がない様子で、挫折してしまいました」(40代ママ)

「名前だけは練習していました。お絵描きが好きな子どもだったので、完成した絵に自分の名前を書くようにしていました」(30代ママ)

子どもが4歳の頃は無理に教えようとせず、子どもの興味に合わせて取り組んでいたというママの声がありました。

4歳児のひらがなの練習方法

いざ、練習をはじめようと思っても、どう練習してよいか分からない方も多いのではないでしょうか。具体的にどのような練習方法があるのか、ママたちや元幼稚園教諭に聞いてみました。

親しみのある言葉からはじめる

子どもが書いた字
iStock.com/EikoTsuttiy

まったく知らない言葉から覚えるよりも、子どもが親しみのある言葉から練習するのもよいかもしれません。

「幼稚園では最初に自分の持ち物に名前を書くところからはじめていました。あいうえお表を用意しておいて自分で見比べながら書けるような環境を整えていました」(元幼稚園教諭)

「読み聞かせを毎晩やって、文字に親しめるようにしていました」(40代ママ)

名前であれば、書く機会が多く、覚えたことをすぐに実践できそうですね。子ども自身が「覚えてよかった」と思える瞬間を作れると、継続的にひらがなの勉強に臨めるかもしれません。名前以外にも、親しみのある言葉を増やすために、絵本などを使って工夫しているママもいるようです。

大人といっしょに書く

「ひらがなを書きはじめの頃は鉛筆の持ち方や動かし方がわかるように、お手本を見せたり、いっしょに鉛筆を持って書いてあげたりしていました」(元幼稚園教諭)

ママやパパ、先生といっしょにひらがなを覚えれば、子どもも練習が楽しく感じられるかもしれません。一人でドリルなどを解くだけでは、飽きてしまう子どももいるのではないでしょうか。大人といっしょに練習をしていくことで、会話を楽しみながら進めることができそうです。

また、大人がひらがなを書く様子や、発音する様子をそばで見ることで、覚えようと意識せずとも、自然と覚えている子ども少なくないかもしれません。

短い文章や単語から読んでみる

「『ねこ』『ぼうし』など、まずは単語を読むことから始めていました。そのうち絵本などを通して、単語同士をつなぎ合わせた文章を読めるように、段階を踏んでいました」(元幼稚園教諭)

子どもがひらがなを練習するときには、できるだけ「むずかしい」「わからない」感じないように練習を進めていきたいですよね。長い文章や単語だと、途中で挫折してしまい、ひらがなを覚えることに億劫になってしまう子もいるかもしれません。

焦らず、4歳児が覚えやすいような短い単語から挑戦するのも一つの方法のようです。

4歳児のひらがなの覚え方のコツ

4歳児がひらがなを練習するときには、できるだけ楽しく意欲的に覚えられるようにしたいですよね。覚え方のコツについて、ママたちや元幼稚園教諭に聞いてみました。

間違っていても最初は気にしない

先生宛の子どもからの手紙
iStock.com/Hakase_

「ひらがなの練習をはじめた頃は、だいたい合っていれば間違いを指摘しないようにしていました。まずはひらがなに親しみ、『書ける!』という達成感を感じることが大切だと考えています」(元幼稚園教諭)

4歳の頃は、いびつな形の文字になってしまったり、鏡文字になったりと間違えることも多いかもしれません。最初にどれだけ書けるかは、個人差があるようです。子どもが間違いを恐れずに楽しんで学習を続けられるよう、接するのも覚え方のコツかもしれません。

遊びの中でひらがなに親しむ

「ドリルを買いましたが、子どもの集中が続かず、一度諦めました。保育園のお友だちと手紙交換をするようになってから、興味を持ってくれましたね」(30代ママ)

「文字に興味を持たせるべく祖父母やママ友に協力してもらい、子どもから大人へ手紙やはがきを書いていました。手紙をいっしょに読んだり、お返事を書くにつれて、ひらがなに自然と興味をもったようです」(40代ママ)

ひらがなのおもちゃで繰り返し遊んでいるうちに、気づいたらひらがなを覚えていた子はいるのではないでしょうか。子どもが楽しみながら取り組める勉強方法を準備しておくことも覚え方のコツの一つのようです。他にも、かるたやクイズなどを通して、自然とひらがなに興味がわくように工夫していたというエピソードもありました。

楽しく学べるひらがなおもちゃ

ひらがなに楽しくふれられるように、おもちゃを取り入れてみるのも一つの方法かもしれません。遊びながら学べる、ひらがなおもちゃを調べてみました。

ひらがなのパズル

パズルを組み立てることで、50音を覚えられるおもちゃもあるようです。パズルを使うことで、色やキャラクターと組み合わせて覚えられるため、楽しく遊びながら、ひらがなを覚えられるかもしれません。

ひらがなの積み木

イラストとひらがなが1つのピースに入っており、組み立てながらひらがなにふれられるおもちゃもあるようです。積み木をしている過程で、難しいひらがなを目にする時間も増え、覚えやすくなるかもしれません。

ひらがなタブレット

スマホなどに慣れ親しんでいる子どもであれば、タブレット型のおもちゃも親しみやすいかもしれません。パズルや積み木と異なり、音声が聞けるので、自然とひらがなが読めるようになる子もいるでしょう。

子どもが気に入るものだとやる気がでるかもしれないと、さまざまなおもちゃを試してみたというママもいました。最近ではおもちゃがレンタルできるサービスもあるようなので、活用しながら親子にあったおもちゃを見つけてみてはいかがでしょうか。

子供が楽しくひらがなを学べるように

ひらがなを練習する女の子
© tatsushi - Fotolia

4歳児のひらがなの練習方法などは、子どもの興味に合わせて決めていたママもいるようです。遊びやおもちゃえお通して学んだり、楽しみながらひらがなにふれるなど、覚え方を工夫しているママもいました。

子どもの関心のあるものをきっかけにしたり、ママやパパがいっしょに取り組んであげたりと親子にあった進め方ができるとよいですね。

2019年01月08日


4

    mmm
    お手紙交換は好きな子にはかなりはまりますよね〜

    muu
    うちの子はカルタが大好きで、気づいたらひらがな覚えていたなぁ。

    いしし@プレパパ修行中
    4歳くらいの時は文字を文字としてではなく絵として捉えているような感覚なんですかね。。

    ys
    生活の中で大人が意識的に取り入れていくようにしてます。 子どもが興味を持った文字やタイミングを大事にしたいですね。

しつけの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事