子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月04日

トレーニングパンツはいつから始める?時期やうまく進めるコツは

トレーニングパンツはいつから始める?時期やうまく進めるコツは

トイレトレーニング中の子どもがいるママやパパなら、「トレーニングパンツはいつから始めたらいいんだろう?」という疑問を抱くことがあるでしょう。移行時期やうまく進めるコツ、使い方、はかせ方などを知っていれば、スムーズにトイレトレーニングを進めていくことができます。トイレトレーニング中の親に向けた、トレーニングパンツに関する情報のご紹介です。

トレーニングパンツとは

トレーニングパンツってどんなもの

トレーニングパンツは、トイレトレーニングを始めた子どもが使うパンツのことです。オムツほどの吸収力はありませんが、布パンツ(オムツを卒業した子どもが穿くパンツ)よりは吸収力がある、ちょうど中間のポジションにあたります。

トレーニングパンツの使い方は、普通の紙おむつと同じです。子どもの下着代わりに、ズボンやスカートの下に穿かせます。トレーニングパンツを選ぶときには、

子どものトイレトレーニングの進度に合わせて選びましょう。

種類によって吸収力や肌触りが異なるので、子どもに合ったものを選ぶ必要があります。

どんな種類があるの

トレーニングパンツの種類は大きく分けて2つ。繰り返し使える布製と、使い捨ての紙製があります。

布製は、3層・4層・6層の3種類。層が多いほど吸収力が高くなっています。繰り返し使える布製には経済的というメリットがありますが、洗濯後に乾きにくいというデメリットも。枚数を多く揃える必要があるので、初期投資が高くなります。

紙製は、トイレトレーニング専用の紙おむつとトレーニングパッドがあります。トイレトレーニング専用の紙おむつは、普通の紙おむつと同じ使い方です。

トレーニングパッドは、普通の紙おむつまたは布パンツの上に載せて使います。どちらもおしっこで濡れた感覚がはっきり分かる仕様。使い捨てなのでストック購入の手間と費用が気になりますが、洗濯の手間が省けるメリットもあります。

トレーニングパンツはいつから始めるのがベスト

トレーニングパンツデビューの見極めポイント

紙おむつをトレーニングパンツに切り替えるタイミングは、おしっこの間隔が空き始めてから。

おしっこの間隔が空き始めてから。

子どもがおしっこを我慢することに慣れていない状態でトレーニングパンツに切り替えると、1日に何度も失敗してしまうかもしれません。トレーニングパンツに関する失敗談を見てみましょう。

「張り切ってトレーニングパンツに切り替えたのに失敗続きの毎日。布製を使っているので洗濯が間に合いません」

「洗濯の手間を考えて紙製のトレーニングパンツを使っています。1パックに入っている枚数が少ないので、ストック用にまとめて購入。はじめのうちは失敗ばかりですぐになくなります」

親はもちろん、子どもにとってもおしっこの失敗がストレスに……トレーニングパンツへの移行時期を見極めることが、トイレトレーニングの成功への近道になるかもしれません。

おすすめの時期はある

トイレ

トレーニングパンツへの移行時期は、おしっこの間隔が2~3時間空くようになってからがおすすめ!おしっこのリズムがある程度作られてくると、失敗回数がグンと減るでしょう。

トレーニングパンツへスムーズに移行できたママのエピソードを参考にすると、ヒントが得られるかもしれません。

「おしっこの間隔が空くようになってからトレーニングパンツに切り替えると、思った以上に失敗が少なく済んでいます。周囲の意見を参考に替えを数枚購入していたのですが、いまだに使っていないものも。最初にまとめて購入するよりは、少しずつ買い足す方が賢いかもしれません。」

紙おむつのときにおしっこの間隔を調べて、トレーニングパンツへの移行時期を見極めてくださいね。

トレーニングパンツへスムーズに移行するには

うまく進めるコツは

布製のトレーニングパンツに切り替えると、紙おむつとの履き心地の差に違和感を覚える子どもがいます。子どもが布製のトレーニングパンツを嫌がった場合は、比較的紙おむつの感覚に近い紙製を選びましょう。

トレーニングパンツに切り替えたことが子どもにとってのストレスにならないように、十分気をつけることがうまくすすめるコツ。子どもの様子をじっくり観察して、スムーズな移行を目指しましょう。

楽しく進められるような工夫

布製のトレーニングパンツを使う場合は、子どもが好きなキャラクターや柄、色を選んであげると気分が盛り上がります。「このパンツかわいいね!」と話しかけながら子どもに穿かせ、穿いた後も褒めてあげましょう。紙製のトレーニングパンツにも子どもが楽しくなるようなデザインが施されているので、親子でデザインを見ながら気分を盛り上げられます。トレーニングパンツに関するエピソードを見てみましょう。

「子どもがピンク好きなので、ピンクの布製トレーニングパンツを数枚購入しました。どれもピンクで違う柄になっているので、次はどれにしようかと楽しみながら選んでくれます」

「布製のトレーニングパンツにトレーニングパッドを乗せて使っています。子どもはコレ!と決めたら他のものを使わないタイプなので、お気に入りのトレーニングパンツを繰り返し使えて満足そうです」

お気に入りのトレーニングパンツがあれば、子どもから自然とトレーニングパンツを穿きたい気分に!子どものやる気を促すように、親の方から楽しく盛り上げてくださいね。

楽しく進められることが大切

親子

トレーニングパンツへの移行によって、もし子どもが嫌がったり、思ったように進まなかったりする場合には、一旦中断して機会を改めることもひとつの方法です。

子どもと親がいっしょになって楽しく進められることが、トレーニングパンツへのスムーズな移行に繋がるでしょう。いつからトレーニングパンツへ移行すればいいのか迷ったときには、ぜひ参考にしてみてください。

しつけの関連記事
  • new

    トイトレはいつから?2歳から始めるおまるやパンツの使い方と保育園との連携

    トイトレはいつから?2歳から始めるおまるやパンツの使い方と保育園との連携

    2歳からトイトレを始める家庭も多いのではないでしょうか。トイトレはいつから始めるのが良いのか?おまるやパンツはみんなどのように使っているの?保育園との連携は必要?などの疑問を先輩ママたちにも経験談を聞きながらまとめてみました。

  • トイレトレーニング大作戦。手作り台紙、車や新幹線シールでやる気アップ

    トイレトレーニング大作戦。手作り台紙、車や新幹線シールでやる気アップ

    トイレトレーニングを始めたけれど、声かけだけではなかなかその気になってくれない。多くのママを困らせる、そんな悩みを打開する方法として、シールを活用してみるのはどうでしょうか? 子どものモチベーションを上げる、シールを使ったトイレトレーニング方法について実際の体験談を交えて紹介していきます。

  • 言葉を絵本で学ぼう。3歳向けのおすすめ絵本の特徴と読み聞かせのコツ

    言葉を絵本で学ぼう。3歳向けのおすすめ絵本の特徴と読み聞かせのコツ

    3歳は、言葉がスムーズになり、簡単な質問を理解するなど目覚ましく成長する時期です。「どんな絵本を読んであげたらいいのかな」「集中して読んでもらうコツは」など、3歳に向けて絵本選びなどに悩むママもいるでしょう。たくさんのことを吸収する大切な時期におすすめの絵本や読み聞かせの体験談、やり方のコツなどをご紹介します。

  • 幼児の激しい夜泣きの対処法は?昼寝との関係と上手に付き合うコツ、体験談

    幼児の激しい夜泣きの対処法は?昼寝との関係と上手に付き合うコツ、体験談

    子育て中のママ・パパたちを悩ませる幼児の激しい夜泣き。どうして泣いているのかわからず、何をしても泣き止んでくれないこともしばしばです。涙を流すわが子の横で泣きたくなってしまうこともありますよね。そんな夜泣きの体験談と、先輩ママ・パパはどのように対処してきたのかをご紹介します。

  • 絵本で生活習慣を教える。2歳におすすめの絵本の特徴と読み聞かせのポイント

    絵本で生活習慣を教える。2歳におすすめの絵本の特徴と読み聞かせのポイント

    言葉が一気に増え、おしゃべりが上手になる2歳児。少しずつ文章のある内容の絵本も理解できるようになってくるので、絵本の選択幅も広がります。そこで今回は、2歳児の子どもといっしょに絵本を楽しむポイントについてお話しましょう。読み聞かせのやり方やコツ、ママたちの体験談もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2歳になると急に夜泣きが再開!その原因とママの体験談から学ぶ対策法

    2歳になると急に夜泣きが再開!その原因とママの体験談から学ぶ対策法

    乳児の間は激しかった夜泣きも1歳を過ぎると落ち着いてぐっすりと寝てくれたのに、2歳〜2歳半になるとまた夜泣きが始まってしまい困惑…そんな経験はありませんか?なぜ2歳になると夜泣きが再開してしまうのかその理由と、家族が子どもの夜泣きに向き合うための方法を先輩ママの体験談と共にご紹介します。

カテゴリ一覧