子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月09日

添い乳で寝かしつけてもいい?ママたちの体験談から知るメリット・デメリット

添い乳で寝かしつけてもいい?ママたちの体験談から知るメリット・デメリット

寝かしつけの方法のひとつとして知られている添い乳。子供に添い寝をしたまま授乳することができるので、楽というメリットがある一方でデメリットもあるといわれています。先輩ママたちが実際に体験したエピソードから、添い乳のメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

添い乳での寝かしつけはいつから始めた?

添い乳で寝かしつけのきっかけ

「添い乳を始めるきっかけは、何より寝転んだまま授乳ができる楽さから。

一ヶ月検診で順調と言われ、安心できたこともあって添い乳を始めました。わざわざ起き上がって、抱っこをして授乳をしなくても、寝たままの姿勢でおっぱいを子どもの口に当てれば授乳ができます。まだまだ頻回に授乳が必要な時期の夜の授乳は、眠くて眠くて大変でした。

その頃ちょうど時期が冬だったこともあり、寒いことも苦痛の原因になっていました。
添い乳は、わざわざ起きなくてもいい上に、ふたりとも布団の中に入ったまま、あったかい状態で授乳が可能なので、寒さと眠さと楽さで添い乳を始めました」

添い乳で寝かしつけのメリット・デメリットは

赤ちゃんとママ

添い乳の寝かしつけをしてよかった体験

「寝かしつけに苦労しているときに、先輩ママに相談したら添い乳をすすめられました。我が子は、授乳中にウトウトとするものの、寝かせようと布団に置くと、いわゆる背中スイッチが起動して起きてしまっていました。

添い乳は吸ったまま赤ちゃんが寝ると聞いて、早速チャレンジ。案の定おっぱいを吸いながら寝て、そのままそーっと口からおっぱいを外せば寝かしつけが完了するので、とても楽でした」

「赤ちゃんとぴったりくっついて授乳ができるので、とても幸せな時間を過ごせました。そのまま寝てくれるので、自分も横になったまま寝顔を眺めながら眠りにつくことができるのでとっても楽。我が子は夜中に何度かおっぱいを欲しがる子だったので、横になったままできる添い乳は、リラックスして授乳ができて寝かしつけられる、魔法のような授乳方法でした」

「眠りが浅い」「やめられない」添い乳の寝かしつけ苦労体験

「添い乳で楽に授乳できるのはよかったけれど、おっぱいを吸っている最中に寝てしまうんです。まだお腹いっぱいになっていない状態で赤ちゃんが寝てしまうため、そのお腹が空くのも早く、眠りが浅いので頻回に授乳をしなければなりませんでした、寝不足を解消することができなかったのは辛かったです。布団から出ずに楽に授乳をすることを取るか、自分の睡眠時間を確保することを優先するかでいつも戦っていました」

「添い乳をして寝かしつけが楽になった一方で、添い乳以外での寝かしつけができなくなってしまい困りました。自分が休みたくて、母や夫に赤ちゃんの寝かしつけをお願いしようにも、添い乳でしか眠れなくなってしまったので一向に泣き止まず、とても大変でした。結局添い乳でしか寝ないので、添い乳を止められず、卒乳時にとっても苦労しました」

添い乳寝かしつけのあるある体験談

添い乳をする赤ちゃん

体が痛い

「授乳中とはいえ、豊満とは言えない自分のおっぱいで、赤ちゃんに吸ってもらおうとすると、ちょっと無理な姿勢で授乳することもしばしばありました。身体の下側の腕をうまく定められなくて、腕はもちろん肩や背中などが翌日バキバキで痛かったです」

口からはずす瞬間はプロ並みのテクニックが必要

「赤ちゃんがおっぱいを吸いながら寝てくれるので、寝かしつけが楽な添い乳でしたが、眠ったと思っておっぱいを口からはずすかどうかの見極めが重要でした。寝たかなと思って、口からおっぱいをはずしたら、まだ寝ぼけていたようで、おめめがパッチリ。もう一度一から添い乳をしなくてはいけないので、とっても時間がかかった日もありました。
口からおっぱいをはずすときの慎重さやタイミングは、育児の工程のなかでも匠の姿をしていた瞬間だと思います」

背中を向けられて寂しい気持ち

「さっきまでウトウトしながら、おっぱいを一生懸命吸っていたのに、いきなりくわえていた乳首を外して反対側にゴロンと寝返り。起きたのかなと思ったら、そのままスヤスヤと寝入っていました。私はといえば、おっぱいをさらけ出したまんま放置。なんだか切なくなりながら、そっとおっぱいをしまっていました」

添い乳をやめたあとの寝かしつけ体験談

「寝かしつけには添い乳を習慣にしていたのですが、卒乳に向けて添い乳をやめてみました。お昼寝と夜の寝かしつけの両方やっていたので、体力があるお昼寝から添い乳をやめてみました。眠そうにしていたらすかさず抱っこをしたり、背中をかいてあげると寝ると聞き、いっしょに横になって背中をかいてマッサージをしたり、他のことで眠りを誘うようにしたのです。

繰り返したかいあって、徐々に添い乳なしでも寝られるようになっていってくれたので、子どもの成長を感じる瞬間でした」

添い乳の寝かしつけもひとつの方法

添い寝をするママと赤ちゃん

添い乳の寝かしつけひとつでも、赤ちゃんとママそれぞれでエピソードがたくさんあります。添い乳の寝かしつけをしたらそのあとやめるのに苦労するのでは、など不安になることもあるでしょうが、もしかするとそんな苦労なしにスパッと添い乳での寝かしつけを止められるかもしれません。

自分が楽になることで、心の余裕を持てて赤ちゃんにも笑顔を向けられるのであれば、添い乳での寝かしつけも育児をスムーズにするひとつの方法です。気負わずに、ママと赤ちゃんに合った方法で、寝かしつけを乗り越えていきましょう。

しつけの関連記事
  • new

    幼児の激しい夜泣きの対処法は?昼寝との関係と上手に付き合うコツ、体験談

    幼児の激しい夜泣きの対処法は?昼寝との関係と上手に付き合うコツ、体験談

    子育て中のママ・パパたちを悩ませる幼児の激しい夜泣き。どうして泣いているのかわからず、何をしても泣き止んでくれないこともしばしばです。涙を流すわが子の横で泣きたくなってしまうこともありますよね。そんな夜泣きの体験談と、先輩ママ・パパはどのように対処してきたのかをご紹介します。

  • new

    絵本で生活習慣を教える。2歳におすすめの絵本の特徴と読み聞かせのポイント

    絵本で生活習慣を教える。2歳におすすめの絵本の特徴と読み聞かせのポイント

    言葉が一気に増え、おしゃべりが上手になる2歳児。少しずつ文章のある内容の絵本も理解できるようになってくるので、絵本の選択幅も広がります。そこで今回は、2歳児の子どもといっしょに絵本を楽しむポイントについてお話しましょう。読み聞かせのやり方やコツ、ママたちの体験談もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2歳になると急に夜泣きが再開!その原因とママの体験談から学ぶ対策法

    2歳になると急に夜泣きが再開!その原因とママの体験談から学ぶ対策法

    乳児の間は激しかった夜泣きも1歳を過ぎると落ち着いてぐっすりと寝てくれたのに、2歳〜2歳半になるとまた夜泣きが始まってしまい困惑…そんな経験はありませんか?なぜ2歳になると夜泣きが再開してしまうのかその理由と、家族が子どもの夜泣きに向き合うための方法を先輩ママの体験談と共にご紹介します。

  • 子どものお小遣いはいつから?いくら渡す?小学生のお小遣い事情に迫る!

    子どものお小遣いはいつから?いくら渡す?小学生のお小遣い事情に迫る!

    子どもの成長において、お金の価値や使い方を知るのは大切なこと。今後の生活に大きくかかわるからこそ、家庭で教えてあげたい。そこで役立つ方法のひとつが「お小遣い制」。では何歳からどのくらいの金額で、どのように渡すべきか。そんなお小遣い制のあり方について考えてみました。

  • 1歳児向けの絵本読み聞かせ法。夢中にさせる読み方のコツとママの体験談

    1歳児向けの絵本読み聞かせ法。夢中にさせる読み方のコツとママの体験談

    言葉や表情に反応するようになる1歳ごろは「もっと絵本の読み聞かせをしてあげたい」と感じるママも多いようです。しかし、どんな本を選べば良いのか分からないとか、いつも読み聞かせをしてもあまり聞いてくれない、などの悩みを抱えているママもたくさんいます。1歳児向けの絵本の選び方や、読み聞かせのやり方やコツをご紹介します。

  • 0歳児が喜ぶ絵本の読み聞かせ。色や音で興味を湧かせよう

    0歳児が喜ぶ絵本の読み聞かせ。色や音で興味を湧かせよう

    子どもへの絵本の読み聞かせに、いつから、という決まりはありません。読み聞かせには、0歳児の赤ちゃんにもいい影響があると言われています。何をして遊んであげたらいいかわからない、という人は、まずは絵本の読み聞かせに挑戦してみてはいかがでしょうか。今回は、0歳児の赤ちゃんが喜んでくれる、読み聞かせのコツをお伝えします。

カテゴリ一覧