子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年05月31日

いい教育につながる、子どもに見せるテレビアニメの選び方とは?

いい教育につながる、子どもに見せるテレビアニメの選び方とは?

子どもが大好きなテレビのアニメ。目が悪くなる、言葉が乱暴になるなど懸念する方もいるかもしれませんが、テレビアニメからの良い影響もあるのではないでしょうか。今回の記事では、どんなアニメを選ぶといい教育につながるのかについて考えてみました。

テレビアニメの良い影響

まず、実際に子どもにどのようないい影響があるのか考えてみました。

コミュニケーションのきっかけになる

幼稚園や保育園で、テレビアニメの話題が子どもたちのあいだに出てくることも多いと思います。ご家庭でも、子どもと同じ番組を大人も一緒になって楽しむことで話題の共有ができます。

テレビアニメが家族やお友達と共通の話題が持てる、コミュニケーションのきっかけとなることもあるのではないでしょうか。

新しい情報を知ることができる

子どもがまだ知らない情報を仕入れることができることも、テレビのメリットのひとつだと感じます。

これは筆者の実体験ですが、虫や動物の名前や種類にとても詳しい子どもに「なんでそんなにたくさんの虫の種類を知っているの?」と尋ねると「テレビのアニメで見たから」という返事が返ってきました。

子どもは、関心のあることに夢中になります。その知識を吸収する力は本当にすごいなと感じます。子どものまだ知らない情報や世界もテレビアニメで広げることができるかもしれません。

視覚的に理解できる

子どもは言葉だけの説明では理解することが難しいことがあります。でも、テレビの映像で視覚的に見ることで理解度が高まります。

音声と映像が組み合わされたアニメが、子どもの理解を助ける働きをすることもあると思います。

英語教育にも使える

子どもは真似をすることが大好きです。

興味を持ったアニメに夢中になり繰り返し見ていると、自然と登場人物のセリフや歌などを真似して英語を覚えたりすることもあるようです。

関連記事:専門家が教える。子どもの英会話教育は、家で1日20分のルーティーンが効果的

教育につながるアニメとは

アニメの内容を選んで見せることで子どもの感情や考える力を伸ばしていけると思います。それでは、どんなストーリーのアニメを選べば、子どものいい教育につながるのでしょうか。

道徳的なことを教えてくれる

親切にしたら相手が喜んでくれることや意地悪なことをすると相手が嫌な思いをする、悪いことをしたら自分に返ってくるシーンがある物語を選ぶと、社会において善悪や倫理的なことなどを学ぶことにつながるのではないでしょうか。

学びがある

仲間と一緒に力を合わせて何かを成し遂げるアニメからは、仲間の大切さや強調性の必要さを感じることができると思います。

また、「いろいろなことに挑戦すること」や「挑戦と失敗を繰り返して成功する話」からは、子どもは挑戦することの大切さや失敗してもすぐに諦めないことを学んでいくでしょう。

想像力を育てる

テレビアニメは、ストーリーを追う中で次は誰が出てくるのか、これからどうなっていくのかなどわくわくしながら見ることができます。楽しみながら想像力を養うことができるのではないでしょうか。

教養が身につく

最近は、アニメにもさまざまなものがあります。たとえば、しりとりをアニメにして紹介しているものは、子どもが言葉を知るきっかけになる可能性があります。

また、物の名前を「これはなんだ?」とクイズ形式で紹介しているアニメから、動物や楽器、食べ物などの名前を覚えたりする子どももいるそうです。

ルールを決めて有意義な時間に

見る時間を決める

毎日だらだらと長時間、テレビやアニメを見ることは避けたいですよね。

「1日2時間まで」や「夜9時以降は見ない」など家庭で見るときのルールを決めることが必要です。また「1時間見たら10分」など休憩を入れることもポイントです。

テレビからの距離を考える

最近は、テレビアニメが始まるときに「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見ましょう」などのテロップが表示されることも増えましたが、視力の低下を防ぐためにもテレビからは少し離れて見るようにしましょう。

その時に「目が悪くなるから、少し離れて見てね」と、どうして離れて見るのが良いのかの理由も付け加えて声掛けをしてみてください。

食事の時は見ない

見ながら食事をすることで集中がテレビの方にいってしまい、ご飯をこぼしてしまうなどのことがあるなら「食事の時はテレビを見ない」などの決まりを作ることも必要かもしれません。

食べ物から目を離して食事をする習慣がつかないように気をつけましょう。

何を見たいのか子どもと話し合ってみては

テレビアニメを子どもに見せることに抵抗がある親も多いと思います。しかし、アニメは悪い影響ばかりでなく、内容によっては物事の善悪を教えてくれたり、家族みんなで楽しめたり、子どもの情操教育を助けてくれる働きをしてくれることもあります。

大人は、子どもの見たいアニメをどう受け止め、それをどのように見せるかしっかり考えることが必要かもしれません。よく子どもと話し合い、ルールを決めてアニメを見ることがいい教育につながるのではないでしょうか。

しつけの関連記事
  • しつけの方法がわからない。どこまで子どもにしつけるべきかのやり方について

    しつけの方法がわからない。どこまで子どもにしつけるべきかのやり方について

    子どものしつけに関しての方法やどこまで教えたらよいかなどについて、わからないと思ったことがあるママパパもいるかもしれません。正解がなく、難しく感じたりうまくいかなかったりするしつけの解決の糸口に少しでもなれるよう、体験談を交えながらしつけのやり方について考えてみました。

  • 謝らない、落書きなど子どもの躾に関する悩みと対処の方法

    謝らない、落書きなど子どもの躾に関する悩みと対処の方法

    子どもの躾(しつけ)について悩むママは多いようです。謝らない、落書きをする、兄弟喧嘩が絶えない、など挙げればキリがないかもしれませんが、先輩ママたちはどのような解決方法で乗り越えていったのでしょうか。ママたちの体験談を交えてその方法を考えてみました。

  • 子どもの外食のマナーとは。ファミレス、レストラン、カフェなどの飲食店マナー

    子どもの外食のマナーとは。ファミレス、レストラン、カフェなどの飲食店マナー

    カフェやファミレス、レストランへ子どもを連れて行ったとき、どのようなマナーに気をつければよいのでしょうか。子どもが騒いでしまってゆっくりできなかった経験があるママもいるかもしれません。飲食店でママも子どもも、周りの人たちも気持ちよく過ごせるよう、外食へ行った際に気をつけたいことを考えてみました。

  • 0歳の赤ちゃんや1歳の幼児からできる、食事のしつけの方法とは

    0歳の赤ちゃんや1歳の幼児からできる、食事のしつけの方法とは

    赤ちゃんの離乳食が進むにつれて、食事のしつけを意識するママもいるかもしれません。0歳や1歳児の幼児期からできる食事のしつけの方法にはどのようなものがあるのでしょうか?小さい頃からの食事のしつけ、またそれに関連して食事の大切さ、食育に関してもご紹介していきます。

  • 子どものしつけにおすすめの本は?絵本を使った躾方法

    子どものしつけにおすすめの本は?絵本を使った躾方法

    子どもに躾を身につけさせたいとき、どのように進めていけばよいのか悩むママもいるかもしれません。しつけについての本や絵本を使って実際にしつけをしたママたちの体験談から、おすすめの本や、絵本を使った躾方法を見ていきましょう。

  • 2歳児のトイトレは大変?オムツとの付き合い方と外出時の心得

    2歳児のトイトレは大変?オムツとの付き合い方と外出時の心得

    子どもが2歳になりトイトレを始めてはみたものの、イヤイヤ期でなかなか進まない、外出するときはどうすればよいのかなどの悩みを持つママは多くいるようです。嫌がるときの対処法やオムツ裏返し作戦、外出時の心得など、先輩ママたちがおすすめするコツをご紹介します。

カテゴリ一覧