子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年06月05日

ちゃんと伝わる。幼稚園教諭が実践している、感情的にならずに子どもを叱る方法

ちゃんと伝わる。幼稚園教諭が実践している、感情的にならずに子どもを叱る方法

家で子どもを叱るときどうしても感情的になってしまう親は多いと思います。しかし、感情的に叱っても子どもには響きません。どのように言ったら子どもに伝わるのか元幼稚園教諭が実際に現場で実践していた叱り方をご紹介します。

感情的に子どもを怒っていませんか…?

筆者は以前、幼稚園教諭として働いていました。その時にお母さんたちから

「家だとつい感情的になってしまい怒ってから反省するのですが、どうしたら感情的にならずに子どもに伝えられますか?」

という相談をよく受けていました。

そこで今回の記事では、実際に幼稚園で実践していた感情的にならない叱り方をお伝えさせていただきます。

子どもに響く!叱るときのポイント

まずは子どもの言い分を聞く

子どもがしてはいけないことをしたとき、すぐに「ダメ!」と叱っていませんか?じっくり聞いてみると子どもにも理由があるのかもしれません。

事柄やその時の子どもの姿だけを見て叱らずに、まずなぜそれをしたのか子どもの言い分を聞いて、気持ちを受け止めてあげましょう。

子どもと同じ目線に立つ

子どもは怒られるときは特に、大人の目線が上にあるだけで威圧感を感じてしまいます。子どもの目線に合わせて伝えることが大切です。

タイミングを逃さない

事柄が起こったそのときに必ず叱るようにしましょう。後になってから「なんであんなことをしたの?」と叱っても子どもはいつの何の出来事ことだか分かりません。

してはいけないことを、ちゃんと子供が理解できるようにするためにもタイミングを逃さないことが大切です。

わかりやすく短い言葉で伝える

長い説明や同じことを繰り返して叱るのもあまりいいことではないようです。子どもが何の話で叱られているのかがわからなくなってしまうからです。

叱るときは、できるだけ短い言葉で簡潔に伝えると、子どもの心に響きます。

「次につながる」叱り方

どうしてダメなのかの理由づけを

頭ごなしに「やっちゃダメでしょ」と言っても子どもは同じことを繰り返します。何がいけなかったのか、どうしてそのことがいけないのか(自分や人を傷つけること、危険が及ぶこと、人に迷惑がかかることなど)をきちんと説明してあげましょう。

そうすることで、子どもも良いことと悪いことの判断がつくようになります。必ず理由づけをしましょう。

子どもが自分で考えられるよう導く

筆者は、叱った後

「どうしたらよかったと思う?」

と子どもに聞くことを意識的にしていました。

大人が「こうすればいいんだよ」と伝えることは簡単です。しかし、次に同じことをしないように、どうしたらよかったかを子どもが自分で考えることが大切なポイントです。

子どもが考えてもわからない、という時は大人が教えてあげるといいのではないでしょうか。

叱った後のフォローは忘れずに

叱ったあとの子どもの姿や表情を見て「ちょっと叱りすぎたかな…」と後悔するお母さんたちもいるでしょう。叱った後は気持ちを切り替えて笑顔でいつも通り接してあげたいものですね。

一緒におやつを食べたり、子どもの好きな遊びを一緒になって楽しみ、

お母さんは自分のことを嫌いなのではないかという不安を持たせないようにしましょう。

叱った後は、少し意識して子どもとの信頼関係を深めるといいと思います。

一歩進んだことを、言葉にして褒める

子どもが以前に叱られたことを意識して行動したときは、大いに褒めてあげましょう。褒められたことはうれしい経験として印象に残り、次も同じように意識するようになるでしょう。

ちゃんと言葉にして褒めてあげるのがポイントです。

叱った後は笑顔で

毎日長時間子どもと一緒に過ごしているお母さんたちは、叱りたくなる子どもの行動に出くわす場面が多くあると思います。つい感情的になってしまいがちですが、子どもにとって叱られることは怖かったり、ショックであったり、悲しい、つらいと感じることもあるようです。

そんなマイナスの感情も経験させることになりますが、愛情を持って叱ることで「お母さんはあなたのことが大好きだから、気づいてほしいとから言っているんだよ」ということはちゃんと伝わると思います。叱った後は笑顔でフォローして、親子一緒に成長していけるといいですね。

しつけの関連記事
  • 0歳児が喜ぶ絵本の読み聞かせ。色や音で興味を湧かせよう

    0歳児が喜ぶ絵本の読み聞かせ。色や音で興味を湧かせよう

    子どもへの絵本の読み聞かせに、いつから、という決まりはありません。読み聞かせには、0歳児の赤ちゃんにもいい影響があると言われています。何をして遊んであげたらいいかわからない、という人は、まずは絵本の読み聞かせに挑戦してみてはいかがでしょうか。今回は、0歳児の赤ちゃんが喜んでくれる、読み聞かせのコツをお伝えします。

  • 寝ない、泣く、など新生児の寝ぐずりで悩んだママたちが試した克服方法とは

    寝ない、泣く、など新生児の寝ぐずりで悩んだママたちが試した克服方法とは

    出産を終え赤ちゃんとの生活が始まると、幸せな反面、辛いことや悩みもたくさんありますよね。特に多くのママやパパがぶつかるのが、赤ちゃんの睡眠に関しての問題。我が子は全然寝ない、眠くなると泣くばかりでどうしたらいいかわからないと、誰かに助けを求めたくなることもあるでしょう。今回はそんな、新生児の寝ぐずりについての体験談をご紹介します。

  • 1歳〜1歳半の子どもの寝かしつけ。性格や成長に合う寝かしつけの方法は

    1歳〜1歳半の子どもの寝かしつけ。性格や成長に合う寝かしつけの方法は

    子どもが1歳〜1歳半になったのをきっかけに、寝かしつけの方法を見直すママも多いのではないでしょうか。抱っこや添い乳で寝かしつけていたママも、子ども自身が寝ることを意識できる方法にシフトしてもいいかもしれません。そこで、1歳児の寝かしつけにどんな方法があるのか、ご紹介します。子どもの性格や成長を観察しながら、いい方法を見つけられるといいですね。

  • 「まだ寝たくない」泣く、イヤイヤで難しくなる2歳児の寝かしつけ方法

    「まだ寝たくない」泣く、イヤイヤで難しくなる2歳児の寝かしつけ方法

    2歳頃になると、それまで言うことを聞いてくれていた子どもが、食事や着替え、お風呂など、なにもかもに「イヤ」と激しく抵抗しはじめるころです。歯磨きはイヤだと口を一文字に結んで頑張っている姿はまだ微笑ましい方ですが、寝る前に「イヤ」となかなか寝てくれない日が続くと、ママもほとほと疲れてしまいますよね。今回は、寝ない原因と、スムーズに寝てくれる寝かしつけをご紹介します。

  • 赤ちゃんのお昼寝の寝かしつけ。トントンやおしゃぶりなどの方法と体験談

    赤ちゃんのお昼寝の寝かしつけ。トントンやおしゃぶりなどの方法と体験談

    赤ちゃん期にはたくさんお昼寝をすると思いますが、ずっと抱っこしたままでいないと寝てくれないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。筆者自身も子どもが抱っこでスヤスヤ寝てくれたと思っても、布団へ移動し寝かせた瞬間に背中センサーが発動して起きてしまい、四苦八苦していた時期がありました。そこで今回は、寝かしつけの上手くいく方法に関する体験談をご紹介します。

  • 赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから?絵本の選び方と楽しませるポイント

    赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから?絵本の選び方と楽しませるポイント

    赤ちゃんが生まれたら、いつから絵本を読み聞かせるべきか悩む人も多いはず。どんな絵本が赤ちゃんにとっていいのかわからないため、始めることが億劫になってしまうという人もいます。実際に子育てをしている人の体験談を交えながら、絵本の読み聞かせを始める時期や、赤ちゃんに適した絵本の特徴をご紹介しましょう。

カテゴリ一覧