子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年05月24日

のびのびした子育てをするには、子どもの興味や関心を知ることが大切

のびのびした子育てをするには、子どもの興味や関心を知ることが大切

子どもにのびのび育ってほしいと願うママは多くいるのではないでしょうか?その中で、子どもの可能性を広げたい、自立心のある子に育ってほしい…などさまざまな願いがあると思います。今回は子どもをのびのび育てるため、親が意識しておくべきことを考えてみました。

「のびのび育つ」とは?

筆者は、以前に幼稚園で働いていました。そこでお母さんたちから「のびのび育てたい」という声をよく聞きました。

筆者自身、男の子のやんちゃさや考えていることが理解出来ずに「なんでそんなことするの?」と声を荒げてしまった経験も実は何度かあります。

しかし、子どもの気持ちをじっくり聞くことで子どもなりに考えていることがあると分かり、それをその子の個性として尊重し、

その子らしさを伸ばすことを大切にすることが出来ました。

「のびのび育てる」とは、実際にはどのようなことに気を付けたら良いのでしょうか?筆者の実体験も踏まえて考えたいと思います。

子どもの興味や関心を知る

「のびのび」というと、子どもの思いになるべく応えていかなくてはならなく、わがまま好き放題になってしまうのでは…?と心配する声もよく聞きます。

しかし、子どもの言うことをすべて受け入れて「好き勝手やっていいよ」というのではなく、子どものやってみたいという興味、関心を大切にしていくことだと思います。

のびのび育つために大切なこと

では実際、そのために何が大切なのかを考えていきましょう。

その時の言葉を受け止める

子どもの「こうしたい!」と思う気持ちや自分で考えたことは、まず受け止めることを大切にしましょう。

子どもの考えたことに年齢や能力、内容的に難しいと思い、それは出来ないだろうな…と感じたことや時間が取れないから「あとでね!」と返事をしたことはありませんか?

しかし、子どもにとってその時がとても大切なのです。

子どもの「~したい」思いを受け止めてまずやらせてあげてはどうでしょうか。

その「受け止めてもらえた」「認めてもらえた」という経験は、

子どもの大きな自信に繋がります。

その経験をより多く積み上げることで、子どもは自ら考え、挑戦することを楽しんでいきます。

ルールを伝える

「のびのび」というのは、何でも子どもの自由にさせるということではありません。

子どもの好奇心は大切にしながら、ルールのもと危険が伴わない範囲内でやってみたいことを自由にできる環境を作っていくことだと思います。

しかし、何でもやって良いのではなく危険が伴うことや人に迷惑をかけることは、どうしていけないか理由を添えて説明してあげることが必要です。

大人都合ではなく明確な理由があることが、ここではとても重要です。

ただ「ダメ」と言われても子どもは納得できません。理由を添えることで子どもも納得して行動が出来るのです。

トラブルは最大のチャンス

子どもは、遊びの中で育っていきます。子どもが育っていくにはのびのび遊ぶこともとても大事です。

筆者が幼稚園で働いていた時、友達とのトラブルで相手にケガをさせてしまうことを心配する親御さんも多くいました。

「お友達とケンカしないで仲良く遊んでね!」と声をかけている親の姿もよく見ました。

しかし、トラブルは学びの最大のチャンスではないでしょうか。

遊んでいるとトラブルも起こります。トラブルが起こった時にこのことが嫌だったや悲しかった、悔しかったなど様々な感情を経験します。そして、

相手との気持ちの違いに気づくきっかけにもなります。

また、相手の気持ちも考えつつ自分の気持ちを言葉にして伝えられたり、お友達との関わり方を学んだりすることが出来るかもしれません。トラブルはマイナスなことと考えがちですが、

子どもの学びに繋がる大きなチャンスだと思います。

「ケンカはしないでね。ダメだよ」と初めから制限してしまうのではなく、大いに遊ばせましょう。遊びから子どもが学ぶことはたくさんあるのです。

子どもの気持ちに寄り添ってみる

子どものやっていることで「どうしてこんなことをするの?」と困ったことはありませんか?

筆者が幼稚園で働いていた時にティッシュを箱から全部出す、水たまりにわざと入っていくなどの子どもの姿に困ったことがありました。

しかし、同じことをしてみたらおもしろいと思ったことがありました。すぐに「ダメ!」と言うのではなく、

同じことを一緒にやってみると意外と大人でも楽しく感じたりします。

あ~おもしろいよね。これはやりたくなるね、と子どもの気持ちに寄り添えるきっかけにもなるかもしれませんよ。

子どもを理解し自立心を育むことが大事

「自分で考えて行動できるように育ってほしい」「1人ひとりの個性を認めて可能性を広げたい」などの一言で

「のびのび育てたい」と言ってもそこにはそれぞれの親の想いがあると思います。

子どもの気持ちに寄り添い、自立心も育んでいくことが子どもが気持ちよくのびのびと成長していくことに繋がっていくのではないでしょうか。

しつけの関連記事
  • 【年齢別】幼児の食育に最適な絵本の読み聞かせ。元幼稚園教諭おすすめの方法

    【年齢別】幼児の食育に最適な絵本の読み聞かせ。元幼稚園教諭おすすめの方法

    子どもの好き嫌いや偏食……食事に対して悩みを抱えているママは多いのではないでしょうか。そんなときこそ絵本を使った「食育」の始めどきです。今回は、元幼稚園教諭がおすすめする絵本や読み聞かせの方法を年齢別で紹介したいと思います。子どもが大好きな絵本で、楽しい食育始めてみませんか?

  • 乳児期の絵本の読み聞かせはいつから?寝る前に読み聞かせをするメリット

    乳児期の絵本の読み聞かせはいつから?寝る前に読み聞かせをするメリット

    乳児期の寝る前に絵本を読み聞かせをすることは、子どもにとってのメリットがたくさんあるのを知っていますか?「読み聞かせっていつからするのが良いのだろう」と思っているママやパパはぜひ赤ちゃんのときから絵本の読み聞かせをはじめてみましょう。

  • 子どもの知育、想像力を育てるには赤ちゃんのときのおもちゃ選びが重要!?

    子どもの知育、想像力を育てるには赤ちゃんのときのおもちゃ選びが重要!?

    赤ちゃんのときに与えるおもちゃが将来、子どもの想像力の発達に大きく影響していくかもしれない……。子どもの知育につながるおもちゃ選びをするときに何に気をつけたら良いのか、親が意識できることを考えてみました。

  • 「子は親の鏡」。大人の接し方、考え方、声がけひとつで子どもに変化

    「子は親の鏡」。大人の接し方、考え方、声がけひとつで子どもに変化

    子どもの気になる姿に「もっとこうなってほしい」という理想はたくさんあると思いますが、子どもの姿は親の接し方や考え方が大いに影響しているのかもしれません。大人の見方や言葉がけが変われば、子どもも変わってくるのではないでしょうか。ママたちが「これならできそう」、「明日からやってみよう」と思える言葉かけや接し方を考えてみたいと思います。

  • 子どもに「お手伝い力」をつけさせて、ママの時間を15分有効に

    子どもに「お手伝い力」をつけさせて、ママの時間を15分有効に

    子育てをしているとなにかと「時間が足りない」「自分の時間が欲しい」と感じることがありますよね。KIDSNA編集部でも出勤時に「洗濯物をたたむところまでやりたかったけれど時間が…」のような声をよく耳にします。 時間マネジメントコーチの山中真理子先生に「子どもの家事」を通してママの限られた時間を有効に使うにはどうしたらいいかを教えてもらいました。

    山中真理子

  • 親が感情的になるとうまく伝わらない、子どものしつけ。効果的な叱り方とは

    親が感情的になるとうまく伝わらない、子どものしつけ。効果的な叱り方とは

    保育園や幼稚園で子どもがお友達とうまくやっていけるか、生活習慣はどこまで身に着けておけばいいのかに不安を感じているパパやママは多いと思います。子どものしつけにはつい多くのことを求めてしまいがちですが「最低限このことを身につけておけば大丈夫」ということを考えてみました。

カテゴリ一覧