出産前に送りたいお祝いのメッセージ。例文や送り方とポイント

出産前に送りたいお祝いのメッセージ。例文や送り方とポイント

これから出産を迎える人へ、前祝いとしてお祝いのメッセージを送りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、出産前に送るお祝いのメッセージの送り方のポイント、メッセージの例文、送る方法についてご紹介します。

出産前に送るメッセージ

友人や会社の同僚など、これから出産を迎える人へ前祝いなどでメッセージを送りたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。出産前に送るお祝いのメッセージはどのような内容にしたらよいのか、気をつけたほうがよいことがあるのかなど、気になることもあるかもしれませんね。

これから出産を迎えるママには、読んで元気が出たり、ホッとするようなメッセージを送ってあげたいですね。出産前のメッセージはどのような内容で、どのような方法で送るとよいのでしょうか。

メッセージを送るときのポイント

出産前にメッセージを送るときには、どのようなことに意識をすればよいのでしょうか。メッセージを送るときのポイントを聞いてみました。

おめでとうの気持ちを伝える

「自分が妊娠したときに友人が喜んでくれたのがとても嬉しかったので、とにかくおめでとうの気持ちを伝えたいと思いました」(20代ママ)

「職場の同僚が妊娠したときから、ずっとお腹の子の成長を見守り続けていたので、無事産休に入り出産を迎えるのだと思うとちょっとした感動もあり、心からおめでとうを伝えたいと思いました」(30代ママ)

出産を前に、妊娠したことや無事出産を迎えられることへのお祝いの言葉を送れるとよいかもしれません。「おめでとう」という言葉は何度伝えても嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

体調を気遣う

スマホを操作する女性
iStock.com/Yagi-Studio

「私が出産前にもらったメッセージで一番嬉しかったのは、私の体調を気遣うメッセージでした。私も出産前にメッセージを送るときは、体調を気遣うことを忘れないようにしています」(30代ママ)

「なんでもがんばる同僚に、自分の体を大事にしてねというメッセージを送りました。職場に復帰したときに、また元気な姿であえればよいなという気持ちも込めました」(20代ママ)

出産が近くなると、体の具合が普段と違い、戸惑っている妊婦さんもいるかもしれませんね。出産前や出産後、自分自身の体を大事にしてねというような、体調を気遣ったメッセージをもらえると受け取った妊婦さんもホッとするようです。

ポジティブな言葉を添えて

「出産の前祝いのメッセージを送るときは、相手の人が読んでポジティブな気持ちになるように心がけています」(30代ママ)

「私が出産前不安な気持ちになった経験から、『赤ちゃんに会えるのを楽しみにしているね』など、気持ちが軽くなるようなポジティブな内容のメッセージを送るようにしています」(40代ママ)

出産前は不安になることもあるかもしれないので、読んだときに嬉しくなって元気になるようなメッセージを送れるとよさそうです。メッセージを読んで、前向きな気持ちで出産を迎えてくれると嬉しいですね。

出産前に送るメッセージ例文

出産前に送るメッセージの例文をご紹介します。

ママ友や友人

子連れでママ友とカフェ
iStock.com/JGalione

「妊娠おめでとう。私も自分のことのように嬉しいよ。今は無理せずゆっくりすごしてね。赤ちゃんに会えるのを楽しみにしているよ」

ママ友や友人へのメッセージは、友だちならではの温かみが感じられる言葉で綴れるとよいかもしれません。親しい関係であっても相手に負担をかけないよう、丁寧な言葉伝えられるとよさそうです。

職場の人

「ご懐妊おめでとうございます。無理をしないように出産まではお体に気をつけておすごしください。またいっしょに仕事をする日を楽しみにしています」

職場の同僚へのメッセージは、それまで仕事をがんばってくれたことへの感謝や、復帰を待っていることをメッセージに込めるとよさそうです。産休に入ることを申し訳ないと感じている方もいるかもしれないので、気持ちが楽になるようなメッセージを送りたいですね。

親戚

「◯◯さん、妊娠おめでとうございます。来年のお正月は、赤ちゃんに会えるのを楽しみにしているよ。無理せず体には気をつけてね」

親戚ならではの絆が感じられるメッセージを送れるとよいですね。「子ども同士仲良くしようね」とか、「親戚で集まるときは賑やかになって嬉しいね」などの言葉がメッセージに入ると嬉しいのではないでしょうか。

メッセージを送る方法

出産前に送るお祝いのメッセージは、どのような方法で送ったらよいのか気になるママもいるかもしれません。どのような方法で送ったのかママたちに聞いてみました。

メール

「直接会う機会がなかったので、出産前の友人にメールでメッセージを送りました。出産後会ったときに、何度も読み返して元気をもらったよと言われ嬉しかったです」(20代ママ)

「体調が悪く急に産休に入ることになってしまった同僚にメールでメッセージを送りました。同じ部署の仲間からのメッセージ付きの動画を添付して送ったら喜んでもらえました」(30代ママ)

距離やタイミングなどで直接伝えられない場合、メールで送るというのも一つの方法のようです。伝えたいと思ったときにすぐ伝えることができるのが、メールのよいところかもしれません。

メッセージカード

「手書きの方が気持ちが伝わるかと考え、メッセージカードを用意してメッセージを書きました。出産祝い用のカードはたくさん種類があり、友人のことを思いながらかわいいカードを選びました」(40代ママ)

「出産前祝いのプレゼントといっしょにメッセージカードを送りました。出産後友人から、メッセージカードをお守りとしてずっと持っていたという話を聞いて、とても嬉しかったです」(30代ママ)

メッセージカードや色紙などに、手書きでメッセージを伝えるのもよいかもしれません。写真やイラストを入れたメッセージをもらったのが嬉しかったというママの声もありました。前祝いのプレゼントを送るときに、メッセージもいっしょに添えられるとよいですね。

出産前には元気が出るメッセージを送ろう

妊婦のママと子ども
iStock.com/kohei_hara

出産前祝いとして出産前にメッセージを送る場合は、お祝いの気持ちや体を気づかう言葉を混じえてポジティブな内容でまとめられるとよさそうです。例文を参考にしながら、相手の顔を思い浮かべて書くとよいかもしれません。メールやメッセージカードなどを使い、元気の出るようなメッセージが送れるとよいですね。

2018年10月05日

出産祝いの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事