育休中や育休明けの退職。タイミングや知っておきたい制度

育休中や育休明けの退職。タイミングや知っておきたい制度

育休中や育休明けに何かしらの理由などで退職を考えるママもいるかもしれません。育休中や育休明けに退職したタイミングや理由、社会保険や給付金など、知っておきたい制度について紹介します。

育休中や育休明けに退職したタイミングや理由

離乳食を食べさせるママ
szefei/Shutterstock.com

育休は職場復帰を前提に取得することができる制度ですが、ママのなかには、育休中や育休明けにやむを得ない理由で退職を考える方もいるのではないでしょうか。実際に、育休を取って後に退職をすることになったママたちが、どのようなタイミングで決めたのか、行った手続きなど体験談を聞いてみました。

育休中のタイミングで退職した理由

育休中に退職したママたちに、理由を聞いてみました

預け先が確保できなかったから

30代ママ
我が家は保育園激戦区です。育休中にあらゆる施設に希望を出したり、ベビーシッターなどの方法を検討したりしましたが、どうしても預け先を確保できませんでした。

職場に育休延長の制度がなく「預け先が見つかったらまた知らせて」と上司に言ってもらい、育休の残りが2カ月の時期に一旦退職することになりました。
預け先を確保することが難しかったため、育休中に退職したママがいました。近隣の保育園に空きがなく、企業内保育所を持つ会社に転職する形で育休中に退職するケースもあるようです。

育児に専念したいと思ったから

20代ママ
出産後、育児をするなかで赤ちゃんがとても愛おしく感じました。小さいうちはそばにいてお世話をしたい気持ちが大きくなり、会社に正直に理由を伝えて復帰半年前のタイミングで退職しました。
育児に専念するため、育休中に退職を決めたママがいました。産後すぐに2人目がほしいと思い、妊活と育児に専念するために退職したというママの声もありました。

育休明け1年以内に退職した理由

育休明けに1度は職場に復帰したけれど、1年以内に退職したママに理由を聞きました。

育児の難しさ

40代ママ
息子が1歳半のときに病気がわかり、一時的に頻回な通院が必要になったので上司に相談したところ、家族を最優先にするように言っていただき復帰後7カ月のタイミングで一旦退職することにしました。その息子も3歳となり、幼稚園の入園もできるほど元気になったので、連絡を取り続けている元上司に再就職の相談をしようと思っています。
子どもの病気などで育児にかかる手を大幅に増やす必要があり、育休明けに退職したママがいました。家族構成などもわかっている上司であれば、突然退職の希望を伝えるよりは、まず育児や家庭の事情を相談してみてもよいかもしれません。

復帰した仕事内容の難しさ

20代ママ
育休前とはと違う部署に異動して職場復帰する形になりました。仕事内容も初めて、子育てと仕事の両立も初めてで、時短勤務ではとても目標達成し続けることが難しいと感じ、復帰後半年のタイミングで退職を申し出ました。

引き止めていただいたのですが、会社内に他の受け皿がなく退職することとなりました。
育休明けは、仕事に対するブランクや育児との両立などに難しさを感じることもあるかもしれません。育休明けに同じポジションに復帰したママのなかからは、人員配置が変更となり、時短勤務で働き続けることが難しいと感じ、退職してパート勤務に変更してもらったという声もありました。

退職前に知っておきたい制度やお金のこと

紙幣と硬貨
SNEHIT PHOTO/Shutterstock.com

育休中や育休明けに退職を考えるときの、制度やお金のことについてママたちの体験談をご紹介します。

育児休業の延長

30代ママ
育休中に預け先なかなか決まらず、仕事と育児の両立に不安を感じたので退職を考えました。会社の先輩に相談したところ、仕事をしたい気持ちがあるなら育休の延長制度を使って考える時間を取ってみてはとアドバイスしていただきました。

延長の期間中に保育園も決まり、子どもの成長にともなって自分の体力の回復も実感し仕事復帰に自信がついたので、退職に踏み切らなくてよかったと思っています。
厚生労働省の資料によると、条件を満たせば育児休業の延長が可能になるケースがあるようです。企業によっては独自に育児休業の延長制度を設けている場合もあるようなので、退職を決める前に検討してみてもよいかもしれません。

給付金

30代マ
育休中に産後うつになってしまい、退職しました。退職までの間に給付された手当金を返金する必要はありませんでした。
さまざまな理由で、育休中に退職を選ぶママもいるかもしれません。厚生労働省の資料によると、育児休業開始時点で退職が予定されている場合を除いて育休中に退職した場合、それまで受給した育児休業給付を返金する必要はないとされています。

社会保険受給要件の緩和

40代ママ
育休明けしばらく働いてみたのですが、子育てとの両立が難しいと感じていたところに両親の介護が必要な状況になったため退職しました。育休明け5カ月のタイミングで退職することになったのですが、受給要件の緩和が認められて、失業保険を受給しながら育児と介護の体制を整えることができました。
育休明け1年以内の退職では、失業保険が気になる方もいるかもしれません。厚生労働省の資料によると、雇用保険の被保険者期間の算定対象期間は、原則として離職の日以前2年間です。

病気やケガ(出産や育児を含む)などで引き続き30日以上賃金の支払いを受けることができなかった期間がある場合はその日数分、算定対象期間を最大4年まで延長できる緩和措置があるようです。
出典:Q&A~育児休業給付~
出典:受給要件の緩和が認められる理由

育休中や育休明けのタイミングでの退職理由はさまざま

家で仕事をするママ
iStock.com/kohei_hara
ママたちが育休中や育休明けのどのタイミングで退職したのかや、退職の理由はさまざまでした。退職を考えたときには、育休で支給された給付金や失業保険などの社会保険について知っておくと選択肢の幅が広がるかもしれません。

育休期間が、育児や仕事について改めて考えるよい機会になるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2020年2月28日時点で作成した記事になります。

2020年04月13日

専門家のコメント
8
    ゆきな先生 保育士
    私の周りはとりあえず復帰して1年?したらやめる、、という方が多かったです。そのまま辞めるの
    ぺち先生 保育士
    友達が育休中ですが、いつ辞めようかと迷っていました。なかなか育休をもらってから辞めるのは辞
    まい先生 保育士
    1年がいちばん多いのかと思います。
    育休貰って、辞めにくいですよね
    すみっこ先生 保育士
    産休→育休→そのまま退職する人も多いかなと思います。
    復帰後は時短で勤務をしている方もいら
コメントをもっと見る

制度・手続きの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ