【産婦人科医監修】授乳中に甘いもの。ケーキ、アイスなど食べられる範囲や食べ方

【産婦人科医監修】授乳中に甘いもの。ケーキ、アイスなど食べられる範囲や食べ方

授乳中に甘いものを食べたくなる理由や注意点を解説

授乳中に甘いものを食べると、子どもやママにどのような影響があるのでしょうか。ケーキや生クリーム、チョコレートやアイスなどはどれくらいなら食べてもよいのか、気になることもありますよね。今回は、授乳中に甘いものが食べたくなる理由や、食べるときの注意点について解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

授乳中に甘いものは食べてもよい?

授乳中に甘いものは食べてもよいのか
iStock.com/Sasiistock
授乳中に甘いものを食べると、母乳を通して赤ちゃんに影響があるのではないかと心配になることもあるかもしれません。また、乳腺炎のリスクや母乳への影響が気になるというママも多いのではないでしょうか。

授乳中は、特に甘いものを食べてはいけないわけではありません。

授乳中は、赤ちゃんのことを考えて、バランスのよい食事を心がけることが大切です。授乳中に甘いものを食べたくなるのは理由があるのでしょうか。

授乳中に甘いものが食べたくなる理由

授乳中は、母乳を通して赤ちゃんに栄養を届けるため、お腹がすいたり、甘いものが食べたくなったりするママは多いようです。

頻回授乳や寝不足などでママが疲れている場合に、甘いものが食べたくなることもあるでしょう。

授乳中に甘いものを食べる影響

授乳中の食べ物が母乳に関係するという医学的な根拠はありません。とはいえ、母乳のベースはママの食事となるため、バランスの取れた食事を心がけるようにしたいですね。

甘いものを食べ過ぎると、体重の増加や虫歯などのリスクが高まります。授乳中は、バランスのとれた食事を摂るように意識を持つことも大切です。

スイーツ別の摂取量の目安

授乳中、ケーキやチョコレートなどの甘いものが食べたくなったとき、どれくらいの量を目安に食べるとよいのでしょうか。摂取量の目安や注意点について解説します。

ケーキ

ケーキ
iStock.com/Free art director
生クリームを使ったケーキやティラミスなどは、糖分や脂質が多いので、授乳中に食べる場合は量に気をつけましょう。摂取量は1日1つを目安とし、続けて食べないように注意することが必要です。

ホットケーキは、脂質が少ないので授乳中でも食べやすいでしょう。フルーツやヨーグルトを添えるとケーキやティラミスよりもカロリーが抑えられます。

チョコレート

チョコレートは、主にカカオ豆からできており、カカオ豆には、ストレス解消や老化予防になるポリフェノールや腸内環境を整える食物繊維が含まれています。

一方で、カカオ豆に含まれるカフェインは、母乳を通して赤ちゃんが摂取してしまう恐れがあります。板チョコは1日1枚を限度とし、食べすぎに気をつけましょう。

ドーナツ・クッキー

どちらも、主な原材料は小麦粉です。ドーナツは1日1つクッキーは1日4~5枚程度を目安に食べるとよいでしょう。

米粉やオートミール入りなど、甘さ控えめのヘルシーなドーナツやクッキーは、授乳中の間食として食べやすいかもしれません。

プリン・ゼリー

プリンは、乳成分が含まれているため、食べ過ぎると乳腺がつまってしまうことがあります。1日1つを目安にしましょう。

ゼリーは、カロリーが低く甘すぎるものでなければ、授乳中に食べやすいスイーツのひとつです。

アイス

授乳中にアイスを食べてはいけないということはありませんが、冷たいものを食べて身体が冷えると、血行不良になり母乳の分泌に影響が出ることがあります。1日1つを目安に考えて、食べすぎで身体が冷えないように気をつけましょう。

授乳中に甘いものを食べるときの注意点

授乳中に甘いものを食べる場合は、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。注意点について解説します。

食べすぎない

授乳中は、特に甘いものを我慢する必要はありませんが、摂取量に気をつけましょう。

ケーキなどの甘いものを食べる場合は、1日の栄養バランスやカロリーを考えながら、他の食事で調節する意識も必要です。

夜の間食は避ける

夜に甘いものを食べるのはできるだけ避け、午前や午後に1回と時間を決めて食べるとよいでしょう。基本的には、甘いものに限らず、3食で足りない栄養を間食で補います。おにぎりやパンなども取り入れながら、バランスよく食べることが大切です。

原材料

カフェインやアルコールは、母乳を通して赤ちゃんに伝わってしまうため、注意が必要です。授乳中はなるべくカフェインやアルコールが入っていないおやつを選ぶようにしましょう。気になる場合は成分表を確認して、添加物の少ないおやつを選ぶとよいでしょう。

授乳中は甘いものを上手に食べよう

バランスよく間食しよう
iStock.com/maroke

授乳中は、母乳を通して赤ちゃんに栄養を届けるため、お腹がすいたり、甘いものが食べたくなったりすることがあります。授乳中に甘いものを食べてはいけないということはありません。食べる場合は、食事のバランスを考えながら、食べすぎないように気をつけましょう。

ケーキやチョコレート、プリン、アイスなどを食べるときは、1日1つを目安にしましょう。カロリーの低いゼリーや、ヘルシーな原材料のドーナツは妊娠中に食べやすいおやつになるかもしれません。授乳後にお腹がすくときは、おにぎりやパンなどご飯を食べつつ、間食としておやつを上手に取り入れましょう。

甘いものを食べたくなったら我慢せず、食べる量や時間を意識しながら、工夫して食べることが大切です。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年02月06日

専門家のコメント
23
    せおみ先生 保育士
    甘い物食べたくなりますよね。授乳中は食欲もでてくるし、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。でも、全く食べてはいけないのではなく、食べ過ぎ適度な量ですあれば問題ないようです。自分への甘い物ご褒美も忘れたくないですよね。
    かよう先生 保育士
    甘いものも原材料や時間、バランスを考えれば食べられるようですね。
    どうしても甘いものが食べたい時に我慢してストレスにならないようにうまく取り入れたいですね。
    あゆみ先生 保育士
    甘いもの、やはり欲してしまいますよね。食べるものや時間、食べ方に気を付ければ良いのかなと思います。我慢することへのストレスが一番良くないと思うので…。
    おからや身体に優しい材料を使って手作りするのも、安心感があって良いと思います^^
    なごみ先生 保育士
    もともとは甘いものがあまり好きではないのですが不思議と授乳中はすっごく食べたくなりました。
    が、出産1ヶ月後に乳腺炎になってしまい甘いものは禁止になりました。食べたかったけどそれ以上に乳腺炎の痛みの方が辛かったので3ヶ月は我慢していました。
    こと先生 保育士
    授乳中ですが、よくおなかがすいて、特に甘いものが食べたくなるので食べてしまってます!
    甘いものを我慢しないぶん、食事では、野菜やタンパク質などしっかりとるように意識してます😊💕
    ゆう先生 保育士
    友人には大福を差し入れに持っていきます。お餅にも小豆にも母乳が出やすくなるという効果があるので、母乳の出づらい方には特におすすめのおやつです。お餅だけでは母乳が詰まりやすくなりますが、小豆は母乳を詰まりにくくする効果も期待されています。
    きらり先生 保育士
    甘いものとにかく食べたくなりますよね。お乳のでが悪くなるからアイスクリームなどは避けたほうがいいと言われたのですが、大好きなので、一日一つは食べてしまっています。今のところ影響はないのですが、母乳の様子は気をつけてみています。
    すみっこ先生 保育士
    ものすごい量を食べなければ大丈夫だと思って、食べていました。
    疲れているとき等は特に甘いものが欲しくなりますよね。
    常に、キャラメルや飴をなめていました。
    すー先生 保育士
    お母さんの食べる物で母乳の味も変わるとよくきくので食べる物には気をつけないとといけないですよね。あまり神経質になりすぎなりよう程よく甘いものも食べ、ストレスが少しでも軽減できるようにしていきたいです。
    えり先生 保育士
    実際私も甘いものが好きで食べていました。
    ただ、食べすぎには注意していました。お楽しみ程度に^^
    でも食べすぎが良くないのは授乳中だけではなく、普段からの身体のためにも大切ですよね!
    おはぎ先生 保育士
    今まさに授乳中ですが、お腹が空いたわけではなくストレス発散で今のうちにーっとすごく食べてしまいます。
    乳腺炎にはなっていませんが、自分のためにも赤ちゃんのためにも小分けのものなど量を決めておこうかと思います
    いちぽ先生 保育士
    わたしは、あまり食べ物でおっぱいが詰まったりというのがなかったので、適度な量ですが気にせず食べていました。
    制限しすぎてもストレスになります!
    とーち先生 保育士
    授乳中はお腹がすきますし、甘いもの食べたくなりますよねー♪


    慣れない育児でお出かけ等、色々制限されることも増えますし。。

    過剰に食べ過ぎなければ、大丈夫だと思います❗

    私は乳腺がつまりやすいので、食べる量を気をつけて食べてました!

    小分けにして食べたり、甘いものを食べた後、赤ちゃんの飲む量等の様子を見たり。。

    甘いものと青汁をセットにしたり、和菓子(あんこ)にしてみたり。。

    ホットケーキミックスとあんこでケーキを作ったりもしてました。

    とにかくお腹がすく授乳期。ストレスを感じず過ごしたいですよね♪

    りお先生 保育士
    甘いもの、食べたい時は食べましょう✨
    乳腺が詰まるほど食べてしまうのは問題ですが、授乳中はとにかくお腹が空くので、多少食べすぎても大丈夫かと思います。

    わたしは、食べすぎると乳腺がつまる方だったので、小分けにして食べていました😁
    自分の適量がそのうちわかるようになると思いますよ♬
    のの先生 保育士
    過剰摂取しなければ、甘いもの全然食べていいと思います。体重の増加が気になる場合は、食べる時間を気をつけると良いでしょう。甘いものは、朝一番と夜を避けるといいですよ。
    ぷん先生 保育士
    甘い物たくさん食べちゃいます💦周りからも疲れてるから食べなさい!と勧められてついつい授乳中だから良いか😏と沢山食べてしまいがち😭
    何事もバランス良くですね!!
    途中から間食はおにぎりやドライフルーツおやつの時間にだけ甘いものを食べるように気を付けました。
    ゆか先生 保育士
    甘いもの食べたくなりますよね~!
    制限がかかるとなおさら食べたくなってしまいます(笑)
    でも、気にしすぎてストレスためてもいけないのでほどほどに調節しながら食べるのがいいと思います😃
    とまと先生 保育士
    一日中赤ちゃんと一緒で自由な時間の少ない0歳育児中の楽しみはお菓子を食べることでした!授乳中は食べても食べても太らないことをいいことにたくさん食べていました!とにかくお腹が空くのでお餅やドーナツなども食べていました。
    ひまわり先生 保育士
    現在、まだ授乳中ですが、甘いものの食べています。
    ケーキはお祝いの時のみ、チョコレートは1回3粒まで、アイスは週に2回までと自分で決めて、ストレスのない食べ方をしています。
    授乳間隔があくわけでもないので、お乳が痛いなどの症状もないです。
    はなこ先生 保育士
    全く食べていけないわけではないですし、何事も食べる量だと思います!私は我慢せずに食べていました!幸い食べすぎても大丈夫でしたが、、体質にもよりますが、食べすぎてしまうと乳腺炎になって痛い思いをすることもありますので、気をつけてくださいね!!
    ぺち先生 保育士
    妊娠中は甘いものを食べたくなって、毎日デザート食べていました、、太るのも怖かったので昼間は散歩していましたが、ついでにコンビニ寄ってしまうんですよね、、(・ω・`)
    あーちん先生 保育士
    一時期はケーキが食べたくて食べたくて、2日に1回多いときは1日に2回おやつと夜のデザートなど食べ過ぎていました。。
    最近は落ち着いてきましたが、授乳中は特に甘いもの食べたくなる気がします!
    のんの先生 保育士
    授乳中はあまり気にせずに甘いものを食べていました。
    ですが、何であろうと食べ過ぎはあまり良くないので食べ過ぎないようにだけ気をつけていました。
    辛いものやアルコールなどは避けていました。

産後の関連記事

カテゴリ一覧