00:00
00:00

おうち時間をおいしく楽しく!2種のパスタネスト

イベント・行事食 イベント・行事食に作るレシピ

ストック食材を使って、手軽におしゃれなメニューを作ってみませんか?いつもの食材も少しの工夫で、彩りよく見た目もかわいいメニューが作れそうです。いろいろな食材やソースでアレンジして、オリジナルのパスタネストを作りましょう。

おしゃれなパスタネストで食卓に華を

いつものパスタをくるくる巻いてアレンジするだけで、いつもの食卓が瞬く間に華やぎそうです。おうちでゆっくり過ごしたいときや、天候が悪く家ですごす時間が長い場合は、食事の工夫で楽しい演出をすると、子どもが喜んでくれるのではないでしょうか。

普段とは違う見た目や食感のパスタネストは、完成を予想しながら子どもといっしょに作る工程も楽しめそうですね。

材料(8個分)

  • スパゲッティ 100g
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 粉チーズ 50g
  • 溶き卵 1個分
  • ピザ用チーズ 適量
  • しめじ 適量
  • ミートソース 100g
  • カルボナーラソース 100g
  • うずらの卵 4個

◆作り方

1.スパゲッティを表記時間で茹で、水気を切る。
1
2.茹でたスパゲッティにオリーブオイル、粉チーズ、溶き卵を入れて汁気がなくなるまでよく混ぜ合わせる。
2
3.用意したアルミカップの底にオリーブオイルをぬり、パスタを入れる
3
4.パスタの上にピザ用チーズとしめじを順に入れ、上からミートソースをかける。
4
5.カルボナーラソースを入れ、うずらの卵を落とし入れる
5
6.それぞれトースターで8分程焼くと、完成。
6

コツ・ポイント

アルミカップにパスタを入れるときは、カップに沿ってお皿のように盛ると、中心に具材がうまく入り、出来上がりがきれいになるでしょう。

時間が経つと絡まりやすいパスタもパスタネストにすることで、手にとりやすく子どもも喜びそうです。よりかわいく仕上げたいときは、アルミホイルの代わりにお菓子用の型を使うと見た目も楽しくなりそうです。

家族や子どもの好みにあわせて、たらこソースやバジルソースなどソースにアレンジを加えたり、シーフードやアボカドなどのトッピングを工夫するのもよいでしょう。子どもといっしょにオリジナルレシピを考えるのも、おうち時間がより楽しめそうですね。

2020年04月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベント・行事食のレシピ動画

イベント・行事食の関連記事

カテゴリ一覧