妊娠中に旦那さんから協力してもらいたいことと感謝の伝え方など

妊娠中に旦那さんから協力してもらいたいことと感謝の伝え方など

旦那さんの協力が必要だと感じるとき

妊娠中にサポートが必要だと感じたとき、旦那さんに協力してもらいたいことがある方もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に協力が必要だと感じるときや家事など旦那さんに協力してもらったこと、協力してくれた旦那さんへの感謝の伝え方を体験談を交えてご紹介します。

妊娠中に旦那さんに協力してほしいことは?

妊娠中の暮らしでは、身近なパートナーである旦那さんに協力してもらいたいと考える方も少なくないようです。妊娠している方たちに、旦那さんに協力してほしいと感じたことがあるかを聞いてみました。

30代女性
赤ちゃんが生まれた後の新生活をイメージすると、夫に協力してもらいたいことが浮かびました。今は私が料理や洗濯などの家事を行なっていますが、私が出産のために入院するときに備えて夫にも家事ができるようになってほしいです。
20代女性
妊娠初期の今は、夫に協力してほしいことは特にありません。これからお腹が大きくなり、体調に変化があったときはサポートしてもらえたら嬉しいです。
旦那さんに協力してほしいと感じるかは、家庭や状況によってそれぞれ違ってくるようです。第2子を妊娠しているママのなかからは、上の子のお世話や保育園の準備について協力してもらいたいと感じるという声も聞かれました。

妊娠中に協力が必要だと感じるシーン

妊娠中に旦那さんからの協力が必要だと感じるのは、どのようなシーンなのでしょうか。妊娠中の方やママたちに聞いた、妊娠中に協力が必要だと感じるシーンをご紹介します。

体調が優れないとき

40代1歳児のママ
妊娠初期の頃、つわりで体調が優れない日がありました。体を動かすと気分が悪くなってしまったので、ベッドの枕元にペットボトル飲料やティッシュ、携帯電話の充電器などを用意してもらいたいとお願いしたことがあります。
自分の体調が優れないときに、旦那さんにサポートを頼んだママがいるようです。他にも、体調が気になる日は買い物などの外出に付き添ってもらえると嬉しいという妊娠中の方の声もありました。

お腹が大きくなってきたとき

妊婦のお腹
Africa Studio/Shutterstock.com
20代女性
お腹が大きくなってきたと感じた頃から、少しずつ夫のサポートが必要だと感じるようになりました。床に落ちたものを拾うことや自分の足の爪を切ることが大変になってしまったので、夫に協力してもらえると助かります。
ママのお腹が大きくなってくると、旦那さんからのサポートが必要だと感じることもあるかもしれません。妊娠している方のなかからは、お腹が大きくなったことで踏み台に登ることが大変だと感じるので、高い位置への荷物の上げ下ろしを手伝ってほしいという声も聞かれました。

旦那さんに協力してもらった内容

妊娠中の方やママたちに、旦那さんに協力してもらったことについて聞いてみました。

家事

30代1歳児と3歳児のママ
私の妊娠がわかった頃から、お風呂掃除を夫が担当してくれるようになりました。お風呂場で転んだり狭い浴槽内でしゃがんだりするのは大変だろうと、夫が自分で申し出てくれたことが嬉しかったです。
妊娠中のママを気遣い、お風呂掃除を担当してくれた旦那さんがいるようです。他にも、洗濯物や布団を干したり食器を洗ったりと、家事を協力してもらったことがあるというママの声もありました。

荷物の運搬

荷物
Africa Studio/Shutterstock.com
40代女性
私の場合、荷物の持ち運びを夫からサポートしてもらったことが助かりました。お米や調味料などの重い荷物だけでなく、買い物に行なったときは私のバッグまで持ってくれることもあり、大事にされていると実感できて嬉しかったです。
妊娠中に荷物の運搬を協力してもらった方がいるようです。妊娠している方のなかからは、ベビーベッドや布団などの買い物をしたときに、旦那さんに荷物を部屋まで運んでもらったという声も聞かれました。

手続きや申請

30代1歳児のママ
赤ちゃんが生まれる前に行う自治体への手続きを夫が調べてくれました。感染症が流行する冬の時期だったので「◯◯にうつったら大変だから俺が申請に行ってくるよ」と手続きを済ませてくれたことがあります。
妊娠中に行なう手続きや申請を旦那さんがしてくれたという家庭もあるようです。自治体によっては窓口が混みあって待ち時間が長いこともあるようなので、旦那さんに協力してもらえると助かるかもしれませんね。

妊婦健診や両親学級への同行

20代女性
初めての妊娠で心細かった私のために、夫が妊婦健診に同行してくれました。お腹の中にいる赤ちゃんの元気な姿をエコー画面を夫といっしょに確認すると、ホッとした気持ちになります。
旦那さんといっしょに妊婦健診に行くことで、心強かったという妊娠中の方の声もありました。自治体や産院が主催する両親学級に参加するために、旦那さんが仕事の予定を調整してくれたというママの声もありました。

協力してくれた旦那さんへの感謝の伝え方

妊娠中のママを気遣ってサポートしてくれた旦那さんに、感謝の気持ちをどのように伝えようか考える方もいるのではないでしょうか。妊娠中の方やママたちに聞いた、協力してくれた旦那さんへの感謝の伝え方をご紹介します。

旦那さんが喜ぶ食事やお菓子を用意する

30代女性
妊娠中の私のために普段から協力してくれる夫に感謝の気持ちを伝えいたいとき、夕食に夫の好物を作ります。うちの夫はイタリアンが好きなので、カルパッチョやラザニアといっしょにワインも用意すると喜んでくれました。
旦那さんの好物を夕食に用意した方がいるようです。他にも、旦那さんが好きなお店のお菓子をプレゼントするなどして、感謝の気持ちを伝えるのもよいかもしれません。

手紙を書いて渡す

20代1歳児のママ
感謝の気持ちを言葉にすると照れくさいので、手紙に書いたことがあります。「いつも協力をしてくれてありがとう」と短いメッセージを書き、夫の携帯電話の下に挟んでおくと、翌日私の携帯電話の下に返信のカードが置いてありました。
感謝の気持ちを手紙に綴って渡すと、普段は口に出しにくい気持ちも伝えやすくなるかもしれませんね。ママのなかからは、旦那さんが仕事に出かけた後に感謝の気持ちをメールで送信したという声も聞かれました。

妊娠中は夫婦で協力しよう

妊娠中の夫婦
wizdata1/Shutterstock.com

妊娠中に体調が優れないときやお腹が大きくなってきたときに、旦那さんからの協力が必要だと感じる方もいるようです。家事や重い荷物の運搬などをサポートしてもらえると嬉しいという方もいました。

旦那さんにサポートをしてもらったときは感謝の気持ちを伝えることも大切にし、夫婦で協力しながらマタニティライフを楽しめるとよいですね。

2019年12月27日

専門家のコメント
26
    はなこ先生 保育士
    基本的な家事のサポートをしてくれるだけでも体の負担なども違うと思います!
    体調の悪い時やお腹が大きくなる後期の時期は時に協力してもらえると助かりますね!
    すみっこ先生 保育士
    身体のことを気づかってくれる一言があるだけで違いますよね✨ 普段通りに過ごしていても、お腹の中に赤ちゃんがいること😳を常に忘れないでいて欲しいと思っていました。結婚生活が長くなっても思いやりが大事ですよね。
    めるちゃん先生 保育士
    家事なんでも手伝ってくれると嬉しいです。特に、身体の負担がかかる、お風呂掃除やゴミ出し、重い荷物の買い出し等は、本当に助かります。後は、お腹にいる赤ちゃんの様子も気にかけてもらえると嬉しいです。
    いちぽ先生 保育士
    出産した後のことを考えるとやはり妊娠中から家事を手伝ってくれると助かりますね。
    子どもが産まれたたら、本当にバタバタするので、妊娠中にいろいろやって覚えてくれるとありがたい。
    やってもらったときは素直にありがとうというのが一番!
    べこな先生 保育士
    重いものを持つ、高い場所の物をとるなど、普段何気なくしていることが難しくなります。その時々にきづかってもらえると嬉しいですね。でもそれは妊娠しているからとかではなく、どちらかが困っているときはお互い助け合うこと、相手への思いやりを忘れないことが何より大切で嬉しいことではないでしょうか?
    ゆり先生 保育士
    妊娠初期に安静生活になってしまったので、主人にスーパーのお買い物を頼むことをスタートに、色々お手伝い協力してもらいました。産後も本当に色々手伝ってもらえて、そのたびに感謝の気持ちは伝えました。
    ゆか先生 保育士
    妊娠中はビールやお米など重い買い物をするときは、一緒に行ってもらい、手伝ってもらっていました。家事などは基本的には私がしていましたが、ゴミ出しなどもしてもらっていました。妊娠中は無理は禁物などで、手伝ってもらえることは、協力し合いながら、ストレスを溜めないことが一番だと思います。
    あゆみ先生 保育士
    妊娠前から家事には協力的だったので、つわりで動けない時もかなり支えてもらいました。平日はほぼ毎日、仕事帰りに買い物や料理をしてくれていたので、その度に感謝の気持ちを伝えていました。
    つわりが落ち着いてからも、買い物では重い物を持ってくれたり何かと気にかけてくれるので、本当にありがたいです。
    日頃からありがとうと伝え合う関係があれば、特に意識しなくても頼みやすいですね♪
    ぷん先生 保育士
    重いものを持ったり、買い物に付き合ってもらったりしてサポートしてもらっています(^^)小さな事でもありがとうと感謝の気持ちを伝えたり、週末は夫の好きなお酒とおつまみを用意してゆっくり過ごしてもらっています。
    ことり先生 保育士
    やってもらうばっかりを気にしてしまいがちですが

    感謝の伝え方、いろいろありますね。

    すごく参考になります。
    はつみ先生 保育士
    重い買い物は一緒に行ってもらえると助かりました。
    大丈夫?やろうか?と言ってくれるだけで嬉しかったです。
    後はだんだん胎動を感じるようになってからは赤ちゃんに話しかけてくれるようになり、それもとても嬉しかったです!
    入院する前に感謝の手紙を書いて、入院中に渡しました。直接いうのが恥ずかしいことを手紙にしました。
    ゆきんこ先生 保育士
    今までは普通にできた家事でも、妊娠して体が重くなると辛いし、無理は禁物ですよね。普段家事をしないと旦那さんも何がどこにあるか分からなかったりするかと思いますので、妊娠中から少しずつ手伝ってもらい一緒に家事をこなすことが大切だとおもいます✨
    せおみ先生 保育士
    初期のつわりから、後期つわり。お腹が大きくなってくるとしゃがむのが本当に大変になってきます。何をするにも体が重たいですよね。お風呂掃除などしゃがまなくてはならない時や、力仕事は協力してもらっていました。
    なごみ先生 保育士
    協力してもらった事というかしてもらった事で助かったのは、足の爪きりや靴が脱げなかった時に脱がせてくれた事はかなり助かりました。なかなか素直に感謝の気持ちは伝えづらいので手紙で伝えました。
    まな先生 保育士
    お腹が大きくなると、かがむことが難しくなるので、お風呂掃除は助かりました。
    雪の積もる地域に住んでいるので、朝の外は滑るため、ゴミ出しも助かりました。
    重たい荷物を持ったり、つわりで体調がすぐれない時に家事を積極的にしてもらったりしたことはありがたかったです。
    ぬーぬー先生 保育士
    男性って言われないとわからないとおもいます。
    わたしも最初は気付いて!って感じでしたが、少しずつ伝えていくと理解してくれました😋
    言わないでわかってもらおうなんてわがままだと思いました
    かか先生 保育士
    お腹が大きくなってやりづらいと思ったのはお風呂洗いでした。なので、お風呂洗いはお願いしていました。
    そして、思ったのは、「気づいて欲しい」「言わなくてもやって欲しい」とおもわないこと。ストレスを溜めます。笑
    自分に経験できないことを想像して、先回りして行動するなんて難しいので、やって欲しい事、ちゅういして欲しい事がある時はその都度、旦那さんに伝えるのがいいと思います。そして、その都度こちらもお礼の気持ちを伝えることが大切だと思います。
    ひまわり先生 保育士
    私は匂いのつわりがひどかったので、食器洗いとお風呂掃除はとっても助かりました。お腹が出てきてからは洗濯物を干してくれるようになったのもとても助かりました。やってくれるたびに、手伝ってくれてありがとう。助かったよと伝えていました。出産後もいろんなことを手伝ってくれるようになって感謝しています。
    ちぃ先生 保育士
    妊娠後期になると特に動くのも大変だったので、家事をしてくれたり、重い荷物を持ってもらえるだけでとても助かりました。私はむくみも酷かったので、立ち仕事ができず、、本当に感謝しました。出産、育児するにあたってお互いに協力、気遣いあいながら過ごすことが大切だと思います。
    ふぅ先生 保育士
    男性としては言ってもらえると嬉しいかもしれませんね☺︎「なんで気付いてくれないの?」って怒られながら言われるのなら最初から言葉で伝えて欲しいと思います🌞けどそこを気付いて欲しいっていう女性側の想いもわかります✨あとは歩み寄りですね
    りお先生 保育士
    上の子がいると、家事は何もしてくれなくてもいいから、とにかく上の子を外に連れ出してほしくて、そう頼みました。
    家事よりも何よりも子どもの相手が体力も気力も使い、疲れます💦なので、上の子の相手をしてもらうのが1番たすかりました!

    また、つわりの時はご飯を作ることが難しかったので、ご飯を作ってもらったり、買ってきてもらったりもありがたかったです。
    ぺち先生 保育士
    お腹が大きくなるので、お風呂掃除はやってほしいです!食器洗いも助かりますね!
    手伝うというよりも、一緒にやるって思ってやってもらえると、とってもありがたいです!!
    ひよこ先生 保育士
    やはり、重いものを持ってくれたり、お風呂掃除なんかもお腹が大きくなると辛かったので旦那にお願いしていました。
    キッチンに立っている時間も長いと辛いので、皿洗いは旦那が毎日やってくれたり、休みの日は一緒にご飯を作ったり旦那が作ってくれたりしました。
    臨月近くなってお腹も大きくなると、下に落ちたものを拾うのも辛くて、旦那がいる時は目の前に落ちたものを、拾ってくれる?と拾ってもらったりもしました。笑
    必ず、ごめんね、ありがとう!を言うのを忘れずに心がけました!
    りか先生 保育士
    猿もおだてりゃ木に登ると言うことばの通り旦那さんもうまくのせてあげるとどんどん手伝ってくれます。
    細かいことは目を瞑り褒めまくりましょう。
    なこ先生 保育士
    妊娠中から家事は出来るようにしてもらわないと後々とても大変です。
    我が家の夫は自分で何でも出来るタイプなので苦労しませんでしたが、友人の話を聞くと夫が何も出来ないと子供のお世話がさらに大変になるとか…!
    みぃ先生 保育士
    「ゆっくり休んで」「家事は無理してしなくていいよ」と言って、皿洗いや洗濯などをしてくれたのは本当に嬉しかったです!

生活の関連記事

カテゴリ一覧