妊娠時期に旦那さんは家事を手伝ってくれた?手伝わないときに工夫したこと

妊娠時期に旦那さんは家事を手伝ってくれた?手伝わないときに工夫したこと

妊娠時期こそ夫婦二人三脚で頑張ろう

妊娠時期に旦那さんに家事を手伝ってほしいと思うママは多いかもしれません。手伝わないときの対処法や、他のママはどのような家事を手伝ってもらったのか気になることもあるでしょう。今回は、妊娠中の家事を大変に感じた時期や、パパが手伝ってくれた家事、手伝ってくれないときに工夫したことについてご紹介します。

妊娠時期に家事を大変に感じたのはいつ?

妊娠中は、さまざまな体の変化があり、家事をするのがままならなくなることもあるかもしれません。
 
妊娠時期のいつ頃に家事を大変に感じたのかママたちに聞いてみました。
30代ママ
妊娠初期から中期の頃は、風邪を何度もひいて治りにくかったり、つわりがひどくて家事ができないことがよくありました。
30代ママ
妊娠中期はつわりで台所の食品の匂いや、洗剤の匂いに敏感になり、家事が思うようにできなくなったときがありました。
30代ママ
妊娠後期でお腹が大きくなってくると、家事で立ったりしゃがんだりするのがしんどくなりました。
妊娠初期から中期頃はつわり、妊娠後期頃はお腹の大きさが原因で、家事を大変に感じたという声がありました。
 
妊娠時期にパパが支えてくれると、ママも安心して出産を迎える気持ちになれそうですよね。

妊娠時期にパパがしてくれた家事

服をたたむ男性
maroke/Shutterstock.com
妊娠時期にパパが手伝ってくれた家事についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
つらいときはいつでも旦那に言えば、どんな家事でも手伝ってくれました。とても助かりましたが、自宅にいる時間が私の方が長かったので、申し訳ない気持ちにもなりました。
30代ママ
パパは食べることや料理が好きで、妊娠前からよく料理を作ってくれていました。妊娠時期につわりで食べられるものが限られていたときも、私の要望に合わせていろいろと食事を用意してくれました。
30代ママ
風呂場やバスタブの掃除は、お腹が大きいとやりにくいのでパパがやってくれました。ゴミ出しや、排水溝の掃除などは妊娠前からパパの担当でした。
30代ママ
妊娠中に私が仕事をしていた時期は、家事を分担していて、できる方がやるというやり方でした。つわりで台所のシンクに私が吐いてしまったときに、パパが嫌がらずに率先して片づけてくれたときはうれしかったです。
妊娠時期にパパがさまざまな家事を手伝ってくれたという声がありました。
 
料理などの家事が元々好きなパパや、家事を快く手伝ってくれるパパも少なくないようです。
 
夫婦なのでどちらかが困っているときに、助け合うのは当然と考える人は多いかもしれませんね。

妊娠時期にパパに家事を手伝ってもらうために工夫したこと

家事を手伝わないパパに困ってしまうこともあるかもしれません。
 
妊娠時期にパパに家事を手伝ってもらうために工夫したことをママたちに聞いてみました。

パパの好きな家事から任せる

30代ママ
洗濯など旦那の好きな家事を任せたついでに、他の家事もお願いすると手伝ってくれやすかったです。
30代ママ
うちの旦那は、スタートダッシュが遅くても1度火がつけば、とても丁寧に何でもこなしてくれるので、妊娠前からお願いしています。家事やそれ以外のことでも、好きな内容から徐々にはじめていくことは、モチベーションのために大事だと思います。
パパの好きな家事から任せたという声がありました。
 
洗濯物を干すことは気持ちがよいので、好きなパパも多いかもしれませんね。
 
好きな家事から始めると、腰の重かった旦那さんもやる気のスイッチが入って、お手伝いモードへ切り替わりやすいようです。

パパに質問したりほめる

30代ママ
『掃除機の使い方がわからない』などと質問をし、答えてくれたら『頼りになるね、さすがだね』と旦那を大げさにほめると、うれしかったのか他の家事も積極的に手伝ってくれるようになったことがありました。
パパに質問したりほめることで手伝ってもらいやすくなったという声がありました。
 
機械いじりが好きで得意なパパなら、家電の使い方などを質問されるとうれしくなることもありそうですね。

ママがあえて何もしない

ソファで眠る妊婦
Syda Productions/Shutterstock.com
30代ママ
私が大変そうにしていてもスマホゲームをしたりテレビを見て、なかなか旦那が家事を手伝わないときがありました。そのようなときは、私からはあえて何もしないようにして、家事が溜まっていることにパパが自然と気づくようにしました。
あえて何もせずに、パパが動き出すのを待っていたという声もありました。
 
こちらから言わなくても、相手に気遣ってほしいときもあるでしょう。
 
パパも悪気はないはずなので、ママの言いたいことを我慢しすぎて、あとで夫婦喧嘩に発展しないように気をつけたいですね。

妊娠時期はパパに家事を手伝ってもらおう

妊婦
The_Molostock/Shutterstock.com
今回は、体験談をまじえながら、妊娠時期の家事を大変に感じたのはいつ頃かや、旦那さんが手伝ってくれた家事、手伝わないときに工夫したことについてご紹介しました。
 
妊娠中にママが家事を大変に感じる時期に、積極的に手伝ってくれるパパは多いようです。手伝わないときでも伝え方を工夫することで、パパもきっと気づいてくれるでしょう。
 
初めての妊娠のときは特に、体の変化や出産に対して不安に感じることが多いかもしれません。
 
パパに家事を手伝ってもらいながら、夫婦二人三脚で妊娠時期を乗り越え、無事に出産を迎えられるとよいですね。

2019年12月22日

専門家のコメント
30
    すみっこ先生 保育士
    一人目のときは家事の量も少なかったのもあり、負担はあまり感じませんでした。自分のペースで行えましたし、何よりそんな大層なことはしていなかったので😂💦 二人目妊娠中は、上の子を連れて買い物に行ってもらうことが助かりました!一人になる時間が貴重だったので、上の子を連れていってもらうだけでゆっくり休めました☺️遊びに行きたそうにする子どもの姿をアピールしてよく外に連れていってもらいました✨
    すー先生 保育士
    私は妊娠初期から自宅安静をしなくてはいかなかったのて、主人がやるしかない状況でした。産むまでつわりもあった為、ほとんど動けず1人目も2人目も主人と実家の両親が手分けして家事、育児をやってくれたのでとても助かりました。
    せおみ先生 保育士
    うちは、パパの休みも少なく、帰りも子どもが寝てからだったので、多くは手伝ってもらえなかったです。でも、妊娠中のお風呂掃除だけは、転びそうで危なかったし、薬品も使うのでそこだけはお願いしてました。
    ゆきんこ先生 保育士
    妊娠中、今まで普通にやっていた家事でさえ大変に感じますよね。
    出産後も旦那さんのお手伝いをお願いできるように、少しずつ簡単なものからお願いしてみるといいかと思います。元気な時は一緒に楽しくするのも良いですね。
    でぶいも先生 保育士
    悪阻がひどくベッドから起き上がることが出来ない時期、家のことはもちろん、私の看病まで全てやってくれました。重い物を持たないようになど、そういった気遣いは分からないようで、安静にしないといけなかった時期は私からお願いして手伝ってもらっていました。
    ぽんた先生 保育士
    自分の体調がいいときは、自分でやるのがいいかなあと思って、結構やっていました。とくに産休に入ると、仕事もなくなって、運動不足になりがちなので、家事で体を動かして、体重が増えすぎないようにーとも思っていました。妊娠中より、私は、産後の方が何かと大変だったので、産後に手伝ってくれる方が助かりました。まあ、そのためにも、妊娠中から教えておくというのが役立ちます。。。産前産後とも無理は禁物ですので、できないものはできないと割り切っていきましょう(^_^)ノパパがやってくれなければ、もう、外食なり中食なり、掃除も赤ちゃんの部屋だけーとか、洗濯物もしわしわでもいっかーとか、気を抜いてストレスもあまりためず、ママ自身の体をいたわってくださいね
    ゆか先生 保育士
    妊娠する前からお風呂の掃除、休みの時の食事作り、ごみ捨てはやってくれていたので妊娠しても特にそれは変わらずやってくれていました。元々帰りがとても遅いので妊娠して自宅安静になったら特になにもしなくていいよーと言われました。安静なのでやれないんですけどね💦
    なこ先生 保育士
    夫は何でも手伝ってくれます。手伝うと言うより、自分の生活の一部なので当たり前に出来ていました。もちろん感謝の気持ちはお互い伝え合いますよ。
    のの先生 保育士
    体調は優れない時や、体力的に限界の時は今の私の状態を分かりやすく簡潔に伝え、どうして欲しいのかも伝えてお願いしていました。うちの旦那は頼まれたことは出来るが自分で動くことは苦手と分かったので指示してやってもらっています。
    りお先生 保育士
    子どもの数が増えるにつれ、家事というよりも上の子を外に連れ出してもらったり、育児を手伝ってもらいました。

    家事はそんなに手伝って欲しいとは思わないですかね。
    手が足りない時は手伝いをお願いしますが。

    今は子どもが3人いるので、家事よりも子どもの相手をしてほしい、子どもたちを公園に連れて行って欲しい、と思っています。
    かいまな先生 保育士
    1人目は家事の負担もあまり感じずでしたが、2人目は悪阻もひどかったので、旦那や実家の母にも手伝ってもらっていました。
    旦那が休みの日にはすこーしおおげさに(笑)しんどいアピールをすると何でもやってくれました。
    男性は言わないと分からない事もあるみたいなので、気付いてほしいではなく、〜してほしい、とはっきり伝えていました。
    ふぅ先生 保育士
    保育士という仕事をしている分、他のお父さんより「妊娠する」ということや「ママになる」ということの大変さはわかっているので、自然と一緒にやろうという気持ちになりました。けどなかなかその辺りって男性に共感してもらうのは難しいところですよね。しかもイヤイヤ手伝われるのもなんか嬉しくないし、ツメが甘くて結局自分でやるハメになったら更にフラストレーションが、、、素直に話して担当制とかにするとかいいのでは?!「気付いてやってほしい」はきっと男性には難しいので、目に見えてて表を作ってみるとかいいかもしれませんね☺︎
    あゆみ先生 保育士
    妊娠初期はつわりがひどく、食事の用意も出来なかったため、主人にお願いしていました。私が食べられるものを色々考えて用意してくれたので、とても嬉しかったです。
    妊娠前から休みの日は朝ご飯の支度から率先してやってくれたり、家事も協力的なのでありがたいです。
    やってもらいたい掃除がある時は、申し訳ない気持ちもありますが、お願いしてやってもらっています♪
    ゆり先生 保育士
    妊娠したら、がんばって、周りに頼る練習を始めてください!どんどん旦那様に家事協力たのみましょ!産まれました!はい手伝っては旦那様も戸惑うと思うので(^ー^)
    いちぽ先生 保育士
    つわりの時期はお願いして家事をやってもらいました。
    普段なら雑なところが気になりますが、その時は指摘する余裕もなくやってもらえるだけで良しでした。 
    あーちん先生 保育士
    妊娠前から料理なども時々してくへていたので、妊娠してから私がきつい時は家事全般してくれました!
    伝えないとやってくれないことが多く、言わなくてもやってよ、、と思うこともありましたが(笑)「ありがとう」と感謝の言葉を忘れずに伝えるようにしていました!
    ゆきな先生 保育士
    出来てしまうのでやってしまうのですが、頑張ればできる事も旦那を頼るようにしたら手伝ってくれるようになりました!! また、旦那の友達の奥さんが同じく妊娠中で体調がわるいと言うことを聞き、そんなにらしんどいのだとわかってくれました。
    こいまま先生 保育士
    1人目の時は私が全てやっていました。
    2人目が生まれると流石に家が回らなくなり、子どもをみるか、家事をするかどちらかをして欲しいとお願いしました。
    少しずつ慣れていったことで、共働きになった今も分担しているところは私以上にしっかりやってくれています。
    意外とやりたい気持ちはあるものの何をしていいのかわからないパパさん、多いのかもしれません。
    一度、しっかり話し合うことが大切かと思います。
    くじら先生 保育士
    つわりの時期はずっとご飯を作ってくれたのでとてもありがたかったです。つわりだとスーパーに行くことすら辛いですよね。この時期だけでも宅配や調理キットに頼ってもいいと思います。ママの体調第一です!
    なな先生 保育士
    しゃがむ姿勢が辛い、直立で立ち続けるのが辛いと何がしんどいのかを伝え、トイレ掃除、お風呂掃除は完全にお任せしました。仕事から帰ってくるのが遅いので、手伝ってもらうことよりも自分でゆったりこなす・・・というほうが多かったですが、食べた後の洗い物をしてくれるだけでも楽だったので、頼みにくい方は今日はお願いしてもいい?と時々頼むことから始めてもいいかもしれません。
    ひよひよ先生 保育士
    妊娠中、仕事をしながらだったので、旦那もいろいろと手伝ってくれました。
    ましてや、私の方が職場が遠かったので、やってもらわなきゃ無理でした。
    家のことはできることだけで、できない時、できないことは無理しないことです。
    私もできる家事をやっていたので、協力できました。
    旦那さんやってくれない人は、自分の身体の状況を伝えられるといいですね。あとは、パパママ学級、あれは行ってすごくよかったです!
    パパママ学級行ってから、旦那の手伝い方が変わったと思います。
    めるちゃん先生 保育士
    手伝ってくれました。特に、身体に負担のかかる、ゴミ出しやお風呂掃除等はとても助かりました。2人め妊娠中は、家事に加え、私がアクティブに外出できなかったので、上の子と公園に行って遊んでもらいました。甘え口調でおねだりすると、積極的になんでも家事を手伝ってくれました。
    ぷん先生 保育士
    体に負担がかかるからと理由を説明して、夫にも出来るような家事をお願いしています。(布団をあげる、お風呂掃除等)つわりが落ち着いてきてからはお願いしている家事を自分のペースで進められないことにイライラすることもありましたが、我慢して気付かないフリをして夫にしてもらうようにしています。夫に家事をお願いする時は根拠や理由を説明した方が納得してくれるので、両親学級や検診の際助産師さんからアドバイスを貰ったり、本の一部の文章をピックアップして合わせて伝えたりもしました(^^)
    ゆか先生 保育士
    私の主人は基本的に家事は全くしないので、手伝ってほしいと伝えることは、かなり苦労しました。自分もいっぱいいっぱいで腹立たしいこともありますが、そのときは頭ごなしにいってしまうので、気持ちが少し落ち着いたときに伝えるようにしていました。
    はつみ先生 保育士
    毎日なるべく早く帰ってきてくれて手伝ってくれました。
    悪阻がひどくなかったのですが、1ヶ月くらいは引き悪阻で夕飯が作れる日と作れない日がありました。
    そんな日は消化の良いものを作ってくれたり、買ってきてくれてとても助かりました。
    次の日のお昼の事も考えてくれて嬉しかったです。
    素直に甘えればやってくれると思います。
    普段自分がやってるようにはいかないと思うので、多少は目を瞑りやってくれた事に感謝して過ごしました。
    なごみ先生 保育士
    妊娠中の検診など一緒に行って先生との話も聞いていたので直接言わなくてもご飯作ること以外は色々としてくれました。一緒に検診に行くだけでもパパになる心の準備ができて良かったと思います。
    まな先生 保育士
    産後も旦那さんに家事を積極的に行ってもらうことになると思うので、妊娠中から家事のスキルアップをしてもらえたら助かりますね。
    具体的に、「これをやってもらいたいな。」と伝えると手伝ってもらいやすいかもしれません。
    やってもらったときには感謝の気持ちをしっかり伝えるようにしていました。
    家事は、2人の家のことなので、「手伝う」という感覚ではなくて、「2人でやって当たり前」という環境になるのが一番良いですよね。
    ぺち先生 保育士
    買い物などで重いものを持つ時は必ず持ってくれましたが、洗濯や、掃除などは自分でやっていました。手伝って欲しい時は、手伝ってと言うようにしていましたが、気付いてやってほしいですね、、!
    ひよこ先生 保育士
    旦那は基本的に帰宅時間が遅いので、食べ終わった食器の洗い物や休みの日の家事の手伝いをしてもらいました。
    また、妊娠初期のつわりがあった頃はご飯を作るのも辛かったので、旦那が休みの時は食べられそうなものを作ってもらったりしていました。
    でもやはり旦那の仕事が忙しくて家にいる時間がかなり少ないので、つわりで食事が作れない時はお惣菜に頼ったり、スーパーで買い物をして重いものを持つのが大変な時は生協に頼ったり、旦那だけでなく、そういったものをうまく活用して自分の身体への負担を減らせるようにしました。
    みぃ先生 保育士
    皿洗いや洗濯を手伝って貰いました。仕事が休みの日は一緒にお出掛けついでに買い物も行ってくれました。
    2人目妊娠中からは、積極的に上の子と2人で遊んでくれるようになりました。
おすすめユーザーのコメント
1
    naa
    パパは、妊娠中はもちろんのこと、いつも困ったときは何でも頼んでと言ってくれます。頑張りすぎて、風邪をひいたり腰を痛めないか心配になります。

生活の関連記事

カテゴリ一覧