妊娠中の運転で気をつけたいこと。仕事中の運転をどうしたかなど

妊娠中の運転で気をつけたいこと。仕事中の運転をどうしたかなど

妊娠中に運転するときは、妊娠前と違って、気になることもるママもいるかもしれません。今回の記事では、ママたちが妊娠中に運転をしていた時期と注意したこと、仕事で運転をするときはどうすればよいのかを体験談を交えてご紹介します。

妊娠中の運転

妊娠中は体調の変化やお腹の赤ちゃんへの気遣いなどから、車の運転をしてもよいのか気になるママもいるかもしれません。ママたちに妊娠中の運転について聞いてみました。

「妊娠中は、運転する時間は短時間だけと決めていました」(30代ママ)

「妊娠後期にお腹が大きくなるとハンドル操作がしずらく、シートベルトも窮屈に感じたので他の交通手段を使うようにしました」(30代ママ)

「運転をしなければならない仕事についていましたが、上司に相談して、体調を優先させてもらいました」(20代ママ)

妊娠中に車の運転は、無理をせず、体への負担などに配慮しながら行うようにしましょう。

妊娠中に車を運転するときに注意すること

車に乗ろうとしている妊婦さん
iStock.com/piranka

妊娠中は体調が変わりやすかったり、お腹が大きくなると運転中に同じ姿勢でいることが大変になったりするママもいるのではないでしょうか。妊娠中はどのようなことに注意して運転していたのか、ママたちに聞いてみました。

長時間の運転を避ける

「妊娠中の運転は近所への買い物と、上の子の保育園への送迎のときなど短い時間だけと決めていました。遠出するときは、夫に運転してもらうようにしました」(30代ママ)

一度に長い時間の運転をしないように注意したというママがいました。疲れたと感じる前に休憩を取るようにしたというママの声もありました。

無理をしない

「妊娠中は体調が変わりやすかったので、車の運転を控えました」(30代ママ)

妊娠中の運転は、体調のよいときを選んで無理をしないことも大切かもしれません。また、運転するときはなるべく誰かといっしょのときにするなど、工夫していたママもいました。

時間に余裕を持つ

時計を見る女性
iStock.com/RyanKing999

「妊娠中は、なるべく出発時間を早めて時間にゆとりを持つようにしました。時間に余裕があると気持ちにもゆとりができ、安全運転を心がけることができました」(30代ママ)

妊娠中の運転は、時間に余裕を持つように心がけたというママもいました。時間に余裕を持って出かけると、ゆっくりと運転する時間がママたちの気分転換にもなるかもしれませんね。

妊娠中の仕事や通勤での運転はどうした?

妊娠中でも仕事で運転が必要になることや、通勤で車を使いたいと考えるママもいるかもしれません。仕事や通勤時の運転をどうしていたのか、ママたちに聞いてみました。

上司へ相談する

「妊娠前は、車を運転する機会が多い仕事をしていました。妊娠後は、つわりなどで体調が変わりやすくなったので、妊娠の報告をするときに上司に相談しました」(30代ママ)

仕事で運転する必要があるときは、業務内容などを上司に相談したというママがいました。妊娠中も無理なく仕事を続けられるよう、仕事内容を見直したというママの声もありました。

通勤方法を変える

「つわりの時期など、体調が優れないことがありました。通勤中に一人で運転することを不安に感じたので、何かあったときのことを考えバスを使って通勤することにしました」(30代ママ)

妊娠してからは通勤方法を変えて、公共の交通機関を使うようにしたというママもいるようです。他にも、運転する時間を短くするために朝のラッシュ時を避けられるよう、勤務時間を変更してもらったというママの声もありました。

妊娠中の運転は体調にあわせて

お腹を触る妊婦さん
iStock.com/Satoshi-K

妊娠中に仕事や日常生活などで、車の運転が必要なママもいるのではないでしょうか。妊娠中の運転は、体調を優先させ運転するかしないか決められるとよいですね。

2019年03月07日

生活の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事