【高尾美穂先生に聞く】不妊治療の結末は三者三様。どこにゴールを置くべきか

【高尾美穂先生に聞く】不妊治療の結末は三者三様。どこにゴールを置くべきか

不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

高尾美穂
001

これは不妊治療の開始時の不安に関する資料。治療の結果本当に妊娠できるか、仕事と両立できるかなど、様々な不安を抱えながら治療に望むことが窺い知れる。

自然妊娠は叶わずに不妊治療を受けるパートナーは多いが、実は、妊娠しやすいタイミングを誤解している人は多い。

まずは排卵日を正しく理解すること。そして、排卵予定日に性交渉を行うのではなく、約7日間の生理期間が終わってから排卵予定日までの次の約7日間に、2日か3日おきに性交渉を行うこと。このタイミングを知ったうえで、時間的にもメンタル的にも余裕のある生活環境に変えることから始めてほしいと、高尾先生は話す。

高尾美穂先生
学業や仕事など、これまでの人生では、努力したら結果というご褒美がもらえる経験をしてきた人もいるでしょう。しかし、妊娠できるかできないか、どんな子どもを授かるのか、どんな分娩方法になるのか。こういった部分は頑張っても報われないこともあるんですね……。
妊娠・出産にかかわることは、努力したからといって、誰もが100%望んだとおりの結果を得られるわけではない。だからこそ、あらかじめパートナーと考えておいてほしいことあると高尾先生は話す。
高尾美穂先生
パートナーとふたりで『不妊治療のゴール』をどこに置くのか。子どもを持つことをゴールに置いてしまうと、そこに辿り着けなかったときに悲しみ、自信を失ってしまったり、パートナーとの関係が悪くなってしまったり。それが残念でなりません。

それでは、不妊治療のその先には何があると考えたらよいのだろうか。

高尾美穂先生
ふたりで一緒に努力を積み重ねて、子どもができてもできなくても絆をさらに深めて、その後の人生も仲良く過ごしていくこと。そういうことを妊活や不妊治療のゴールと考えてもらえたらいいなと願っています。

様々な不安を抱えながら不妊治療に臨むパートナーの方々へ、不妊治療のゴールの設定について、高尾先生の考えを動画にまとめた。

ご利用のブラウザはiframeに対応していないため動画を表示できません。

動画をご覧になりたい場合にはhttps://www.youtube.com/embed/F4rp59iGSVIにアクセスしてください。

No Image

高尾美穂

産婦人科専門医・医学博士・婦人科スポーツドクター
女性のための統合ヘルスクリニック イーク表参道 副院長

2022年07月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

基礎知識の関連記事

カテゴリ一覧