【産婦人科医監修】妊娠中の胎動はいつから感じる?位置や様子について

【産婦人科医監修】妊娠中の胎動はいつから感じる?位置や様子について

胎動はいつから感じるのか妊婦さんは気になりますよね。子宮の中でポコポコ空気が動いているのは胎動なのか胎動の感じ方や、子宮の下の方やおへそのあたりなど胎動を感じる位置を妊娠時期別に解説します。胎動を感じないときや、反対に胎動が激しい、痛いときは受診すべきかもご紹介します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

胎動とは

胎動とは、子宮内の赤ちゃんがお腹のなかで動くことです。胎動を感じる時期や、感じ方には人によって違います。胎動はいつから感じるのか、胎動を感じる位置などを詳しく見ていきましょう。

胎動はいつから?

お腹に手を当てる妊婦さん
iStock.com/Milatas

ママが胎動を感じ始める前から赤ちゃんは動いていますが、実際にママが胎動として感じるのは、早い妊婦さんで16週頃のようです。一般的には、胎動は18週から22週頃に胎動を感じる人が多いといわれています。

胎動を感じる時期や感じる強さなどは個人差が大きいので、22週になっても胎動を感じない人もいるようです。24週まで胎動を感じられない場合は、一度医師に相談してもいいでしょう。

胎動の感じ方

蹴られたように強く胎動を感じる人もいれば、胎動をあまり感じないなど胎動の感じ方や強さは人それぞれなので、これが胎動と見極めることが難しいです。胎動にはどのような感じ方があるのでしょうか。

ポコポコ

初めはガスがたまり、空気がお腹のなかをポコポコ動いている感じがして、胎動だと感じなかった妊婦さんも多いようです。ポコポコとお腹のなかでガスが逆流している感覚は胎動かもしれません。

うにょうにょ

週数が進んでいくと、ポコポコから子宮のなかでうにょうにょ動いている感じに変わるという妊婦さんも複数いました。

コチョコチョ

子宮の中を指でくすぐられているような胎動を感じる人もいるようです。お腹の内側からコチョコチョとくすぐられている感じをわずかに感じたというママもいます。

ヒクヒク

ヒクヒクしゃっくりのように動く感覚を規則的に感じるときは胎動かもしれません。

グイグイ・グルングルン

赤ちゃんが手足でグイグイ押してきたり、お腹のなかで動き回り、グルングルン回転しているのを感じる場合もあるようです。

そのほか

赤ちゃんが動いて子宮の壁に手足が当たると、お腹の内側からポンポン叩かれている感じがする人もいます。なかには、お腹のなかから「パチ」や「ポコッ」と音が聞こえる人もいるようです。

妊娠7ヶ月である妊娠24週くらいになると、赤ちゃんが蹴った部分をママが軽くたたき返すと赤ちゃんからの反応が返ってくるキックゲームができるかもしれませんよ。

胎動を感じる位置

胎動を感じる夫婦
iStock.com/AntonioGuillem

胎動を感じる位置は、妊娠週数や赤ちゃんの成長、向きによって変わってきます。妊娠週数によって胎動を感じやすい位置も違ってくるようです。胎動を感じる位置について詳しく見ていきましょう。

妊娠中期

胎動を感じ始めたばかりのときは、足の付け根や恥骨の辺りなどおへそより下の方で感じる人が多いようです。胎動を感じる位置は、赤ちゃんが動き回るためみんなが同じ位置で感じるのではなく、お腹のさまざまな場所で感じます。毎回同じ位置で感じる人もいれば、毎回違う位置で感じる人もいて胎動を感じる位置は人それぞれです。

妊娠後期

赤ちゃんも大きくなってくるので、胎動を感じる位置も少し上がり、おへその辺りに感じ、下の方から上に向かって蹴られているように感じる人が多いようです。

妊娠後期になると、一般的に赤ちゃんの頭が下になり、お腹のなかの赤ちゃんの位置も固定されてくるので、胎動を感じるのが毎回同じ位置になってくることが多いです。

医師に相談する

次のような胎動が見られたときには、1度医師に相談してみるとよいでしょう。

胎動が激しい

胎動が激しすぎて夜寝られず、昼夜逆転になるママもいるようです。昼間に昼寝の時間を作れるのであれば、昼寝をして睡眠を十分にとるようにするなど、睡眠不足にならないように気をつけましょう。

赤ちゃんが元気なのはよいことですが、胎動が激しく睡眠不足になったり、日常生活に支障をきたす場合には医師に相談してみるのがよいかもしれません。

胎動が痛い

胎動をあまり感じない妊婦さんもいれば、なかには痛いほどの胎動を感じる人もいます。これは赤ちゃんの足が肋骨や胃に当たっているからです。痛い部分を優しくなでるとおさまったり、身体のどちらか片側が痛い場合は、痛い方を上にして横になると赤ちゃんが姿勢を変えてくれて痛みが軽減されるかもしれません。

膀胱が圧迫されたり、脇腹が痛いときには胎動だけの影響ではなく、赤ちゃんが逆子になっている可能性があります。妊娠後期や臨月に近づくと、お腹のなかの赤ちゃんの動けるスペースが少なくなってくるので、早めの受診が大切です。エコーで赤ちゃんの状態を確認し、お医者さんと今後の出産方法について相談するようにしましょう。

胎動を感じない

赤ちゃんが成長していくと子宮の中で動き回れるスペースが狭くなり、自由に動き回れなくなるため胎動が少なくなったと感じるママが多いようです。

妊娠週数が進むにつれて、胎動が少なくなる分には心配はありませんが、胎動を半日全く感じない場合は、ママの身体や胎盤に何か原因があるかもしれないので受診をした方がよいでしょう。1日にどのくらい胎動があるかママが意識することが大事です。

胎動は赤ちゃんの成長

胎動を感じる妊婦さん
iStock.com/Yagi-Studio

胎動を妊娠初期から感じたという人もいれば、妊娠後期になるまで感じなかった人など胎動の感じ始めはいつからという決まりはなく、胎動を感じる時期には個人差があるようで、「ポコポコ」「ウニョウニョ」とお腹のなかで少し動いている感じの人もいれば、赤ちゃんの手足が「グイグイ」子宮に当たったり、お腹のなかで赤ちゃんが「グルングルン」回っているように激しく感じる人など胎動の感じ方は人それぞれです。胎動を感じる位置も感じ始めは、おへその下の方が多く、赤ちゃんの成長に伴って上に上がってくることが一般的です。

お腹のなかの赤ちゃんが成長するほど、お腹のなかで動きにくくなるため、胎動を感じる回数が少なくなることはありますが、胎動を半日感じないときや、胎動が激しい、痛くて睡眠がとれないなどの場合は早めに受診し、医師に相談しましょう。

胎動は、感じ方も感じる位置も一様ではないため、見極めることは難しいかもしれませんが、胎動かもしれないと思ったら、お腹を優しくたたき返したり、赤ちゃんに声をかけたり、お腹のなかの赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう。

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2018年10月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

基礎知識の関連記事

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

カテゴリ一覧