【産婦人科医監修】妊娠5週目(妊娠2ヶ月目)。つわりや症状、ママの身体と赤ちゃんについて解説

【産婦人科医監修】妊娠5週目(妊娠2ヶ月目)。つわりや症状、ママの身体と赤ちゃんについて解説

妊娠検査薬が陽性を示したばかり、という妊娠5週目の妊婦さんに向けて、妊娠5週目の特徴やつわり、あらわれやすい妊娠5週目の症状とママの身体の変化、おなかの赤ちゃんの様子を医学博士の産婦人科医、田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生監修のもとご紹介します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠週数5週目とはどんな時期?

妊娠5週目は月数でいうと妊娠2ヶ月に入ったところです。一般的な妊娠検査薬による検査で正確な結果が現れるようになる時期です。

妊娠検査薬
iStock.com/onurdongel

妊娠5週目の妊婦さん

妊娠5週目に入ると妊婦さんのなかにはつわりが始まる人もいます。おりものが増える、出血や腹痛があるなどの妊娠初期特有の症状から、月経(生理)の前兆や月経(生理)と勘違いする人も少なくありません。

しかし妊娠5週目では、妊娠を自覚するような症状のない妊婦さんも少なくありません。妊娠5週目の妊婦さんについて詳しく見ていきましょう。

妊娠5週目の特徴

体調

つわりが始まる妊婦さんもいますが、全く症状のない妊婦さんもいます。またこの時期のつわりは、兆候のようなもので少し味覚が変わった、体温が高い日が続いている気がする、というだけのこともあります。

お腹の大きさ

お腹の大きさは特に妊娠前と変わりがありません。人によってはつわりの症状が出始める時期のため痩せてしまったという場合もあります。

妊娠5週目の妊婦さんの身体

妊娠5週目の妊婦さんは、目に見えた変化はありませんが、エストロゲン、プロゲステロンが活発に分泌されるため、おりものが増えたり、倦怠感や基礎体温が高い状態が続くため、体調の変化や不調を訴える人も珍しくありません。

はた目にはわかりませんが、妊娠前は鶏の卵ほどの大きさだった子宮がもう一回り大きくなります。子宮内では胎盤やへその尾ができ始める時期です。

女性幸せ
polkadot_photo/Shutterstock.com

妊娠5週目の赤ちゃん

大きさ

妊娠5週目の赤ちゃんは、「胎芽(たいが)」よばれます。胎芽を包む胎嚢(胎嚢)が約1㎝ほどで、この時期の赤ちゃんの姿である胎芽はまだ見えないか、見えても数㎜といったところです。

それほど小さな赤ちゃんですが、妊娠5週目に入ると赤ちゃんの臓器や神経などが作られる器官形成期という時期に入るため、心臓や中枢神経が作られ始めます。この時期にエコー検査をしても心拍が確認できない場合がありますが、まだ過剰に心配しなくても大丈夫です。

身体の形

この時期は胚芽期とよばれ、赤ちゃんもまだ人の形というより、魚のような形をしています。大体2頭身くらいの姿になってきます。

妊娠5週目のうちにやっておきたいこと

妊娠検査薬で検査を試してみよう

妊娠に心あたりのある女性は、妊娠検査薬を試してみるのに適した時期です。しかし中にはまだ陰性の結果が出ることもあるようです。

妊娠検査薬で陽性が出たら産婦人科へ

また多くの妊娠5週目の妊婦さんは、まだ妊娠に気づいていません。しかし妊娠に気づいた時点で正常な妊娠か、確認するためにも早めに産婦人科を受診しましょう。


超音波(エコー)検査を行い、胎嚢を確認できると正常な妊娠と確定されます。

妊娠5週目の妊婦さんが注意すること

服薬、レントゲン撮影、喫煙、飲酒はストップ

禁煙 禁酒
VGstockstudio/Shutterstock.com

妊娠5週目は器官形成期に入る、赤ちゃんにもママにも重要な時期です。妊娠を望んでいる女性や妊娠5週目で妊娠に気づいたプレママは、服薬やレントゲン撮影、喫煙や飲酒などの行動は慎みましょう。

リラックスを心がけて

また妊娠の初期症状のひとつとして、この時期に精神的に不安定になったり、腹痛や出血などがあったと、産後に話すママは少なくありません。体調的にも味覚が変わる、眠気が強い、などのつわりの症状が出始める時期ですので、少しでも楽な気持ちで過ごせるとよいでしょう。

妊娠5週目は妊娠検査薬が陽性反応するようになる時期

妊娠検査 カップル
iStock.com/Rawpixel

妊娠5週目は妊娠2カ月に入り、妊娠検査薬の陽性反応が出るようになる時期です。ママのなかには、つわりなど体調不良、出血や腹痛、おりものの様子が変わるなど、妊娠の初期症状を感じる人も出てきますが、まだ大半のママは妊娠に気づいていません。

しかし、ママのお腹の中では赤ちゃんの心臓や神経などが作られ始める大切な時期です。妊娠を望む女性や妊娠の可能性がある人は、医療機関を受診する際には妊娠の可能性を伝えるようにしましょう。

妊娠の初期症状のひとつとして精神的に落ち着かない時期でもあるので、過剰に心配しないようリラックスして過ごせるとよいでしょう。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗の監修記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2018年09月06日

基礎知識の関連記事

カテゴリ一覧