【産婦人科医監修】妊娠中に冷凍食品を食べてもよい?食べるときの注意点

【産婦人科医監修】妊娠中に冷凍食品を食べてもよい?食べるときの注意点

選ぶときに確認したいポイントとは?

冷凍食品はお弁当のおかずとしても活用できるため、普段から取り入れているママもいるのではないでしょうか。妊娠中に冷凍食品を食べてもよいのか心配になるママもいるかもしれません。妊娠中に冷凍食品を食べるときの注意点について解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中の冷凍食品は控えた方がよい?

妊娠中は、食事に気をつけているという妊婦さんは多いでしょう。お弁当のおかずとしても活用できるものや、ピザやパスタなど冷凍食品はさまざまな種類があり、普段の食事から冷凍食品を食べているという方もいるかもしれません。

電子レンジで加熱するだけで簡単に食べられる冷凍食品ですが、食品添加物やカロリーが心配で、妊娠中に食べてもよいのか迷うこともあるでしょう。

妊娠中に冷凍食品を食べても問題はありません。お弁当のおかずや、パスタやチャーハンなどのさまざまな冷凍食品を妊娠中でも食べることができます。

冷凍食品とは

冷凍食品
Aisyaqilumar- stock.adobe.com

冷凍食品は、以下の4つの条件を満たすように作られています。

  • 前処理している
  • 急速冷凍している
  • 適切に包装している
  • 品温を-18℃以下で保管している
冷凍食品は、きれいに洗ってカットしたり、骨などの食べられない部分を事前に取り除き、すぐに食べられるように前処理が行われています。

冷凍食品とチルド品に違いはあるのか気になることもあるかもしれません。チルド品は温度帯に法的な規則がなく、食品別に適切な温度帯が設定されています。そのため扱い方は冷凍食品とは異なります。

妊娠中に冷凍食品を食べるときの注意点

冷凍食品の扱い方や妊娠中に食べるときの注意点を解説します。

内容を確認して選ぶ

妊娠中の冷凍食品は、減塩や無添加のものを選びましょう。商品に「化学調味料不使用」や「無添加」と記載されているかを確認するとよいでしょう。

包装がしっかりされていて、きちんと凍っているものを選ぶことも大切です。

産地と認定証マークを確認する

妊娠中の冷凍食品は、作られた産地を確認することが大切です。海外で作られた冷凍食品は、日本とは異なる基準で農薬などが使われている場合があります。

日本冷凍食品協会の認定証マークが記載されているか確認しましょう。認定証マークとは、日本冷凍食品協会が運営する「冷凍食品認定制度」に適合した工場で作られた商品につけることができるマークです。

安心して食べられるように妊娠中は、日本冷凍食品協会の認定証マークが記載されている冷凍食品を選ぶとよいでしょう。

しっかり加熱する

電子レンジでしっかり温める
Rostislav Sedlacek- stock.adobe.com
冷凍食品のなかには、自然解凍が可能なものもありますが、妊娠中は十分に加熱しましょう。自然解凍の冷凍食品は、リステリア菌が発生する可能性があります。

リステリア菌とは、河川敷や動物の腸内にいる身近な菌で、4度以下の低温でも増えると言われています。

リステリアに感染したときの症状の重さには個人差があります。悪寒や発熱、インフルエンザなどの感染症と区別がつきにくい症状を引き起こす場合があります。

妊婦さんや高齢者は免疫力が低下しているため、少量のリステリアでも感染症を発症する可能性があります。

妊婦さんが感染すると、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす場合があるため注意が必要です。妊娠中に冷凍食品を食べるときは自然解凍ではなく、しっかり加熱しましょう。

一度加熱した食品を再び冷凍保存すると、品質が変わる場合があります。加熱した冷凍食品は再冷凍せずにすぐに食べるようにしましょう。

バランスよく食べる

妊娠中に冷凍食品を食べるとき、カロリーの摂取量が超えてしまったり、栄養が偏らないか気になることもあるかもしれません。冷凍食品ばかり食べると、塩分や食品添加物の過剰摂取につながります。

妊娠中、フライドポテトやピザなどの高カロリーや塩分が多めの冷凍食品を食べたくなる妊婦さんもいるかもしれません。他の食事とのバランスを見ながら、食べる量を意識しましょう。

冷凍食品を密封容器に入れる

開封した冷凍食品を一度に使い切らない場合は、密封容器に入れるか輪ゴムやテープなどで袋の口部分をしっかりとめて、フリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。冷凍方法を意識すると、品質を落とさずに保存するこができます。

冷凍食品は食品添加物が多い?

食品添加物のなかには、お腹のなかの赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるものもあります。そのため、妊娠中は食品添加物を控えることが大切です。

食品添加物は加工や保存するために使われますが、冷凍食品だからといって食品添加物の量が多いわけではありません。

しかし、冷凍食品を食べる頻度が高いと摂取量が増加するため注意が必要です。食生活を見直しながら、冷凍食品を食べるようにしましょう。

妊娠中は冷凍食品の食べ方を意識しよう

バランスのよい食事
japolia- stock.adobe.com
食事のバランスや栄養を考えて、妊娠中に冷凍食品を食べてもよいのか気になるママもいるかもしれません。冷凍食品の選び方や食べ方を工夫すると妊娠中でも食べることができます。

チャーハンやピザ、お弁当のおかずなど冷凍食品の種類はさまざまあります。妊娠中の冷凍食品は、減塩や無添加のものを選ぶとよいでしょう。作られた産地や認定証マークを確認することも大切です。

妊娠中の冷凍食品は自然解凍を避けてしっかり加熱をし、食べすぎに注意しながら上手に取り入れられるとよいですね。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年01月30日

病気・トラブルの関連記事

カテゴリ一覧