【産婦人科医監修】妊娠中に冷凍食品を食べてもよい?食べるときの注意点

【産婦人科医監修】妊娠中に冷凍食品を食べてもよい?食べるときの注意点

選ぶときに確認したいポイントとは?

冷凍食品はお弁当のおかずとしても活用できるため、普段から取り入れているママもいるのではないでしょうか。妊娠中に冷凍食品を食べてもよいのか心配になるママもいるかもしれません。妊娠中に冷凍食品を食べるときの注意点について解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中の冷凍食品は控えた方がよい?

妊娠中は、食事に気をつけているという妊婦さんは多いでしょう。お弁当のおかずとしても活用できるものや、ピザやパスタなど冷凍食品はさまざまな種類があり、普段の食事から冷凍食品を食べているという方もいるかもしれません。

電子レンジで加熱するだけで簡単に食べられる冷凍食品ですが、食品添加物やカロリーが心配で、妊娠中に食べてもよいのか迷うこともあるでしょう。

妊娠中に冷凍食品を食べても問題はありません。お弁当のおかずや、パスタやチャーハンなどのさまざまな冷凍食品を妊娠中でも食べることができます。

冷凍食品とは

冷凍食品
Aisyaqilumar- stock.adobe.com

冷凍食品は、以下の4つの条件を満たすように作られています。

  • 前処理している
  • 急速冷凍している
  • 適切に包装している
  • 品温を-18℃以下で保管している
冷凍食品は、きれいに洗ってカットしたり、骨などの食べられない部分を事前に取り除き、すぐに食べられるように前処理が行われています。

冷凍食品とチルド品に違いはあるのか気になることもあるかもしれません。チルド品は温度帯に法的な規則がなく、食品別に適切な温度帯が設定されています。そのため扱い方は冷凍食品とは異なります。

妊娠中に冷凍食品を食べるときの注意点

冷凍食品の扱い方や妊娠中に食べるときの注意点を解説します。

内容を確認して選ぶ

妊娠中の冷凍食品は、減塩や無添加のものを選びましょう。商品に「化学調味料不使用」や「無添加」と記載されているかを確認するとよいでしょう。

包装がしっかりされていて、きちんと凍っているものを選ぶことも大切です。

産地と認定証マークを確認する

妊娠中の冷凍食品は、作られた産地を確認することが大切です。海外で作られた冷凍食品は、日本とは異なる基準で農薬などが使われている場合があります。

日本冷凍食品協会の認定証マークが記載されているか確認しましょう。認定証マークとは、日本冷凍食品協会が運営する「冷凍食品認定制度」に適合した工場で作られた商品につけることができるマークです。

安心して食べられるように妊娠中は、日本冷凍食品協会の認定証マークが記載されている冷凍食品を選ぶとよいでしょう。

しっかり加熱する

電子レンジでしっかり温める
Rostislav Sedlacek- stock.adobe.com
冷凍食品のなかには、自然解凍が可能なものもありますが、妊娠中は十分に加熱しましょう。自然解凍の冷凍食品は、リステリア菌が発生する可能性があります。

リステリア菌とは、河川敷や動物の腸内にいる身近な菌で、4度以下の低温でも増えると言われています。

リステリアに感染したときの症状の重さには個人差があります。悪寒や発熱、インフルエンザなどの感染症と区別がつきにくい症状を引き起こす場合があります。

妊婦さんや高齢者は免疫力が低下しているため、少量のリステリアでも感染症を発症する可能性があります。

妊婦さんが感染すると、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす場合があるため注意が必要です。妊娠中に冷凍食品を食べるときは自然解凍ではなく、しっかり加熱しましょう。

一度加熱した食品を再び冷凍保存すると、品質が変わる場合があります。加熱した冷凍食品は再冷凍せずにすぐに食べるようにしましょう。

バランスよく食べる

妊娠中に冷凍食品を食べるとき、カロリーの摂取量が超えてしまったり、栄養が偏らないか気になることもあるかもしれません。冷凍食品ばかり食べると、塩分や食品添加物の過剰摂取につながります。

妊娠中、フライドポテトやピザなどの高カロリーや塩分が多めの冷凍食品を食べたくなる妊婦さんもいるかもしれません。他の食事とのバランスを見ながら、食べる量を意識しましょう。

冷凍食品を密封容器に入れる

開封した冷凍食品を一度に使い切らない場合は、密封容器に入れるか輪ゴムやテープなどで袋の口部分をしっかりとめて、フリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。冷凍方法を意識すると、品質を落とさずに保存するこができます。

冷凍食品は食品添加物が多い?

食品添加物のなかには、お腹のなかの赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるものもあります。そのため、妊娠中は食品添加物を控えることが大切です。

食品添加物は加工や保存するために使われますが、冷凍食品だからといって食品添加物の量が多いわけではありません。

しかし、冷凍食品を食べる頻度が高いと摂取量が増加するため注意が必要です。食生活を見直しながら、冷凍食品を食べるようにしましょう。

妊娠中は冷凍食品の食べ方を意識しよう

バランスのよい食事
japolia- stock.adobe.com
食事のバランスや栄養を考えて、妊娠中に冷凍食品を食べてもよいのか気になるママもいるかもしれません。冷凍食品の選び方や食べ方を工夫すると妊娠中でも食べることができます。

チャーハンやピザ、お弁当のおかずなど冷凍食品の種類はさまざまあります。妊娠中の冷凍食品は、減塩や無添加のものを選ぶとよいでしょう。作られた産地や認定証マークを確認することも大切です。

妊娠中の冷凍食品は自然解凍を避けてしっかり加熱をし、食べすぎに注意しながら上手に取り入れられるとよいですね。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年01月30日

専門家のコメント
27
    かよう先生 保育士
    妊娠中は、口に入るものに特に敏感になると思います。
    冷凍食品がダメというわけではなく、バランスよく食べたり、減塩や無添加のものを意識して選ぶなどして上手く取り入れられるようにしたいと思いました。
    あーちん先生 保育士
    冷凍食品は妊娠中も結構食べていました。。無性に食べたくなったり、作る気力もなかったり、、レンジで温めるだけなので助かりました。
    頻度は多くならないように気をつけていました。
    めい先生 保育士
    冷凍食品かどうかはあまり気にせず食べていました。脂っこいものやカロリーが高いものを食べる時は前後の日を野菜たっぷりにして調整すると良いと言われましたよ。
    おかげでプラス8キロくらいでした。
    ぺち先生 保育士
    あまり気にせず冷凍食品食べていました。つわり中は作るのも大変だったので、チンにはとっても助かりました。今でも食べますが、お昼は冷凍食品、夜はお野菜たっぷりなど、調整したら良いと思います。
    りお先生 保育士
    冷凍食品ばかりだと添加物の多さも考え、問題ありかと思いますが、食事の一部が冷凍食品になるくらい、全く問題ないかと思います。

    神経質になりすぎて、あれは食べちゃダメ、これを食べよう、と考えすぎる方がストレスになって良くないと思います!

    基本的にはバランスよく、食べたいものを食べたらいいんじゃないでしょうか😁
    気楽に!
    すみっこ先生 保育士
    元々頻繁に食べていなかったのもあるかもしれませんが、妊娠中もあまり気にせずに食べていました!
    レンジでチンして食べられるので楽ですよね😍しかも美味しい!
    ストックしておくと便利ですよね✨
    まな先生 保育士
    妊娠中は特に食べ物への注意が敏感になります。
    冷凍食品は口に入れてはいけないというわけではありませんが、解凍方法に注意するとよいです。
    自然解凍は菌が繁殖する可能性も考えられるので、レンジで解凍するとよいです。
    バランスのよい食生活を心がけると良いですね。
    あゆみ先生 保育士
    つわりがキツい時期は冷凍食品に頼ることもありましたが、体調が落ち着いてからはなるべく摂らないようにしていました。ですが、妊娠後期に入り、料理を作るのがしんどい日などは時々使っています。
    毎日ではなく、また他の食事の時には野菜を多めに食べるなどして、摂り方を考えれば良いのかなと思います。
    せおみ先生 保育士
    冷凍食品には添加物や化学調味料など身体に良くないものが多く含まれているものもあります。でもそれは冷凍食品に限らず全ての食品、加工食品に当てはまる事だと思います。妊娠中は特に、冷凍食品にかぎらず添加物や、化学調味料の少ない無添加の物を食べたいですよね。中には冷凍食品でも無添加の商品もあるので、無添加物を扱うお店で購入したり表記を気にしてみるのも良いのかな。と思います。
    めるちゃん先生 保育士
    つわりで食欲がなく、立っているのもしんどい時に、料理する気力もなく、冷凍食品を利用させて頂きました。とても便利で助かりました。つわりが落ち着いてからは、できる限り、料理をして、栄養面に気をつけるようにしました。
    なな先生 保育士
    冷凍食品に関わらず、いろんな物に添加物が含まれていますので、添加物の摂りすぎが良くないとされています。冷凍食品を食べた次の日は野菜にしよう・・・のように偏らないように気をつけるくらいで大丈夫なようです😊自分自身も冷凍食品、コンビニ弁当等も食べつつ、時々気にしていた程度です🌱
    さと先生 保育士
    妊娠中は添加物はできるだけ避けたいと思っていましたが、毎回きちんと手作りするのは大変ですよね。
    インターネットで無添加の冷凍食品を調べて注文したりもしていました。
    ただし普通の冷凍食品も多少は食べていましたね。
    のの先生 保育士
    最近の冷凍食品は栄養面などよく考えられているものが多く便利になっています。揚げ物の過剰摂取はおすすめしませんが、適度に利用する分にはいいと思います。
    とーち先生 保育士
    つわりも落ち着いた頃に、冷凍食品も時々食べてました。

    頻繁には食べていませんでしたが、ご飯を作るのが面倒。すぐできるので助かる♪と重宝してました!

    何でも食べ過ぎは良くないと思うので、適度にだったらいいのでは?と思います(*^^*)


    妊娠中、あまり気にせず食べていましたが、我が子は二人共スクスク育ってます。
    こと先生 保育士
    妊娠中はごはんも作るのもしんどい時も多かったので、冷凍食品によくお世話になりました😊💕
    冷凍食品ばかりなどと気にしすぎて食べれないより、簡単に好きなものを食べてストレスをためない方がいいと思います!
    いちぽ先生 保育士
    普段からあまり冷凍食品を食べないのであえて食べようとは思わなかったですが、食品添加物が入っているからということでしょうか。
    冷凍食品もさまざまなものがあるので、気になるときは確認するようにするとよいと思います。
    なごみ先生 保育士
    妊娠中に冷凍食品がダメかもしれないと思ったことがなかったくらい気にしていませんでしたが妊娠中特に匂いが色々気になりその中の一つが冷凍食品でした。なので結果的に匂いが無理で妊娠中冷凍食品は食べていませんでした。
    ゆきな先生 保育士
    冷凍食品はあまり食べてませんでしたがそればっかりにならなければいいのでわ?と思います!!
    お医者さんによると、なによりも一番ダメなのはストレスらしいですよ!お酒タバコももちろんですが一番はストレス!といわれました!
    cocoまま先生 保育士
    過敏になりすぎるのが1番のストレスで赤ちゃんへもですがお母さんが辛いかと思います^ ^食べれるものを少しずつ。リラックスな生活が1番です^ ^
    のんの先生 保育士
    妊娠中は、食べ物に敏感になり、商品裏の成分表などをよく見てしまいます。敏感になりすぎるのも良くないと思いますが、妊娠中はとくに、無添加や、無着色、保存料ゼロなどに、こだわりました。
    すず先生 保育士
    妊娠中は普段と違うものが食べたくなるという話もよく聞きます。私はカップラーメンが食べたくなって困っていました。冷凍食品が食べたい人もいるかなと思います。これは体によくない、これは食べるべき、というものに、こだわりすぎずおおらかに過ごすことが、産後の精神状態にも影響すると思いますよ。妊娠中は注意できても、産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなり、他のことを気にかけることが出来なくなりますからね。何を食べてもいいんです。赤ちゃんと自分が幸せなら。
    すー先生 保育士
    食べつわりと吐きつわりが同時にきたので、気持ち悪くなった時は冷凍食品のパスタをよく食べて吐いていました。食べてもすぐ吐くので生ものやカフェイン以外はあまり気にしていませんでした。
    あー先生 保育士
    妊娠中栄養や添加物などを気にされる妊婦さんも多いと思いますが、わたしはつわりがひどかったのでどうしても無理なときは冷凍食品やコンビニ弁当に頼ることもありました!そんな時は減塩やカロリーなどをなるべく気にした食事にしています!
    ひまわり先生 保育士
    特に気にせずでした。
    つわりでご飯作るのがしんどい時は冷凍食品でご飯済ませたりしていました。
    バランスよく食べるように気をつけていれば冷凍食品も食べても大丈夫だと思います。
    おはぎ先生 保育士
    添加物は確かに妊娠中気にしていました。しかし、つわりの時など多めに買い置きしておいてずいぶん助かりました。特に上の子達のご飯がすぐ用意できずにストレスでしたが、あまり自分を追い詰めずに借りれる力と手は借りようとシフトチェンジしてだいぶ良く気持ちが楽になりました。その頃はよく活用していましたが、今は落ち着いたのでなるべく使っていせん。
    ゆきんこ先生 保育士
    妊娠中は体の中も変化し味覚や食べたいものに変化もあります。なかなか自分で作るのが大変にもなってきますので冷凍食品に頼っても大丈夫です。しかし、毎食冷凍食品だと塩分なども気になるので食べ過ぎには注意です。
    はなこ先生 保育士
    何事も食べ過ぎは良くありませんが、バランスよく食べれば問題ないですよね。初産の時は体調悪くてどうしても作れない時は、サッと食べられるように常備していた時期もありました。何かと便利ですし、美味しいので作れない時は、でも食べたいという時はうまく利用していいとおもいます。

病気・トラブルの関連記事

カテゴリ一覧