マタニティバッチはいつからどこでもらえる?ママたちの使用頻度

マタニティバッチはいつからどこでもらえる?ママたちの使用頻度

つけていてよかったことをご紹介

妊娠中にマタニティバッチを使いたいときに、いつからどこでもらえるのかや種類について知りたいママもいるかもしれません。他の妊婦さんはどのくらいバッチをつけているのか使用頻度が気になることもあるでしょう。今回は、マタニティバッチの入手方法や使用頻度、つけていてよかったことを体験談をまじえてご紹介します。

マタニティバッチとは

マタニティバッチとは、厚生労働省が発案したマタニティ―マークを使った、妊婦であることを周囲に知らせるためのバッチやキーホルダーのことを言うようです。
 
マタニティバッチを身につけておくと、外見からはすぐに妊婦だとわからない妊娠初期の頃でも周囲に理解してもらいやすいでしょう。
 
かわいいデザインのものがあると、マタニティバッグやリュックにつけてみたくなりますよね。
 
マタニティバッチはいつからどこでもらえるのでしょうか。また、ママたちの使用頻度や使ってよかったと感じたことはどのような内容なのでしょうか。

出典:マタニティマークについて/厚生労働省ホームページ

マタニティバッチはいつからどこでもらえる?

マタニティバッチはいつからどこでもらえるのか入手方法についてご紹介します。

母子手帳交付の際の配布

母子手帳をつける妊婦
mikumistock/Shutterstock.com
市区町村の保健センターなどで母子手帳を交付されるときに、マタニティバッチもいっしょにもらえることが一般的に多いようです。
 
そのため、妊娠したら1度はマタニティバッチを手にしたことがあるママがほとんどでしょう。
 
母子手帳を交付される時期は人によってさまざまですが、一般的には赤ちゃんの心拍が確認されてから、妊娠5週目以降になるようです。

育児雑誌の付録

初めて妊娠したママ向けの育児雑誌の付録として、マタニティバッチがついてくることも多いようです。
 
有名ブランドや人気キャラクターもの、合成皮でできているものなど、雑誌によってデザインが変わるので、他のママ友が持っているものと見比べて楽しむこともできそうですね。
 
育児雑誌は妊娠の時期に関わらず購入できるため、書店やベビー用品店で取り扱いがあればすぐにマタニティバッチを入手できるかもしれません。定期購読のデジタル版は付録がつかないこともあるようです。

駅や空港での配布

電車の駅の窓口や空港のカウンターで、マタニティバッチが配布されることもあるようです。
 
妊婦だと申告すること以外に、出産予定日を聞かれたり、妊娠中であることが確認できる書類の提出を求められることもあるので、事前に必要なものはないか電話で確認すると安心かもしれません。
 
いつから入手できるかについては、確認書類として使える母子手帳が交付されたあとと考えておくとよいでしょう。
 
飛行機のイラストや空港の名前が入ったマタニティバッチをつけているママ友を見て、珍しくて目立つのでうらやましかったというママの声もありました。

購入や手作り

インターネット上では、いろいろなデザインのマタニティバッチが販売されているようです。
 
あまり人がつけていないようなオリジナリティ溢れるマタニティバッチを使いたいときや、配布されたバッチをなくしてまた欲しいときに便利かもしれません。
 
厚生労働省のホームページでは、マタニティマークのデザインを自由にダウンロードすることもできるので、好きなときにマタニティバッチの手作りにチャレンジすることもできるでしょう。
 
1点もののマタニティバッチは妊娠中のよい思い出の品になりそうですね。
 
他にも、ベビー服メーカーのイベントやマタニティセミナーなどで、マタニティバッチがプレゼントされることもあるようです。

出典:マタニティマークについて/厚生労働省ホームページ

マタニティバッチをつけていた頻度

ベンチに座る妊婦
Coffeemill/Shutterstock.com
マタニティバッチをつけていた頻度についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
マタニティバッチをもらってからいつもカバンにつけていました。でも、妊婦が優遇されることを、快く思わない人もいるという記事をインターネット上で見たことがあったので、電車に乗るときは隠すこともありました。
30代ママ
出産前までのプライベートで、パパと出かけたり妊婦健診に行くときは、育児雑誌の付録のマタニティバッチをつけていました。仕事に行くときは何となく人目が気になったのでつけないことが多かったです。
30代ママ
最初は、憧れていたマタニティバッチをもらえてうれしかったので、よくバッグにつけていました。段々お腹が大きくなってくると一目で妊婦だとわかるので、つけなくてもよいかなと思えてきてその内つけなくなりました。
30代ママ
急な体調の変化が出たときに周りの人に手を借りることもあると思ったので、出産するまでマタニティバッチはいつもつけていました。
いつも身につけていたという声や、つけないこともあったという声がありました。
 
マタニティバッチを取り外ししやすい箇所につけておくと、場所や気分によって目立たせたり隠したりできそうですね。

マタニティバッチをつけていてよかったこと

妊娠中にマタニティバッチをつけていてよかったことをママたちに聞いてみました。
30代ママ
マタニティバッチをつけていたためか、電車で席を譲ってもらったことが何度かあり、人のあたたかさを感じました。
30代ママ
つわりがひどかったときや、立っているのがしんどかったときに、マタニティバッチをつけていると電車の優先席に進んで座りやすかったです。
30代ママ
同じマタニティバッチをつけている妊婦さんとすれ違ったときに、勝手に仲間意識が芽生えてうれしくなりました。
30代ママ
マタニティバッチはかわいいですし、ママとしての意識が高まるのでよいと思います。
マタニティバッチをつけているときしか味わえない気分や出来事もあるようです。妊娠中のよい記念や体験になるかもしれませんね。

ママに合ったマタニティバッチをつけ安心してすごそう

窓辺に立つ妊婦
WitthayaP/Shutterstock.com
今回は、体験談をまじえながら、マタニティバッチはいつからどこでもらえるのかや、使用頻度、つけていてよかったことをご紹介しました。
 
マタニティバッチにはさまざまな入手方法やデザインがあるので、いろいろ集めてみたりおしゃれの一部として楽しむこともできそうですね。
 
電車に乗っているときなど周りの人から思いやりや気遣いを受けたときには、感謝の気持ちを忘れないようにすることも大切でしょう。
 
ママに合ったマタニティバッチをつけて、妊娠中に安心してすごせるとよいですね。

2019年12月18日

専門家のコメント
24
    あーちん先生 保育士
    私は育児雑誌についていたのと、母子手帳交付の時にもらった物があります。
    お腹が大きくなってからは分かりやすいように付けていましたが、それまでは電車に乗る時など隠すこともありました。外していると、もしもの時に妊婦とわからないとネットの口コミにあったので、身につけておいた方がいいと思います!

    周囲の方の目が気になることもありますが、私は優しい方に恵まれて、席を譲っていただくことが多かったです(^^)
    すみっこ先生 保育士
    母子手帳を受けとるときに区役所でもらいました。
    働いているときは電車で通勤していたので、マタニティマークはさりげなく鞄につけていました。
    初期はお腹が目立たないけれど、立っているのがしんどくなることがあったので助かったときもあります。
    体調が良いときや落ち着いているとき、お腹が目立つようになってからはアピールのように感じたので付けていませんでした。
    あゆみ先生 保育士
    母子手帳を取りに行った時に一緒にもらいました。妊娠した実感や嬉しさもありましたが、アピールのように受け取られてしまうこともあると知り、最初は付けるのに勇気がいりました。でもお腹の目立たない初期こそ大事な時期なので、早めに付けるようにしました。
    雑誌の付録にも付いてきたので、鞄を変える時にも付け替える手間がなくてラクです。
    アカチャンホンポで会員カードを作った際には、ロゼット型のマタニティマークをもらいました。とても可愛いのですが、これこそ存在感がありすぎて未だに付けられず…笑笑 でも妊娠中だけの楽しみで残りも数ヶ月になってきたので、イベントやお出かけの時にでも付けてみたいなと思います♪
    めーめー先生 保育士
    母子手帳を取りに行った時にもらったものと、育児雑誌の付録についていたものを使っていました。アピールのように思われないか、また色んな事件があったことも知っていたので、最初は付けるのをためらいましたが、そもそも倒れたり、事故に巻き込まれたりしたときに、妊娠中であると気づいてもらえるためのマークであること、また主人のすすめもあり初期からつけていました。当時一時間程電車に乗って通勤していましたが、つわりがひどく、立っているのが辛いときに優先座席に座らせてもらったり、ありがたいことに席を譲っていただけたりしました。結果的に怖い思いをすることは1度もありませんでした。
    いちぽ先生 保育士
    マタニティバッチ、つけるタイミング迷いました。周りに見せつけてると思われるのも嫌だし、逆に危険な目にあったらと思いましたが、通勤中は万が一のために見えるようにつけました。
    のの先生 保育士
    私は心拍が確認されてから、雑誌の付録の物をつけ始めました。
    マタニティマークの理由の一つには、何かあったときに妊婦だとすぐに分かる為という意味も入っています。
    なので、妊娠が分かった時点で付けていても別にいいと思います。

    ちなみにですが、わざわざ雑誌を買わなくても駅で貰えたり、母子手帳交付時に貰えます。あとは、アカチャンホンポで妊娠の登録をすると可愛いマタニティマークをタダで貰えます。
    ぺち先生 保育士
    母子手帳をもらうときに、区役所でもらいました。
    お腹の目立たない初期は、電車や買い物などつけていましたので、気付いてもらうことが多かったです。あまり良いことを聞かないのでつけることには心配していましたが、皆さん優しかったです!
    お腹が目立ってからは、つけなくても席を譲ってもらったりしていましたし、私は存在感があるなぁ、、と思ってしまったのでつけませんでした。
    すー先生 保育士
    マタニティバッチは母子手帳を取りに行ったときに、市役所でもらいました。あまり目につく所だと周りの目が気になってしまうので、私は鞄の内側につけ、いざという時に妊婦だとわかるようにしました。
    たゆ先生 保育士
    母子手帳交付の時に貰いました。

    妊娠初期は、お腹が目立たないので、付けていると、何かあった時に周りの方が気付いてくれることもあると思います。

    今では、マタニティバッチを付けているママを見ると、ほっこり幸せな気持ちになります。
    ゆきな先生 保育士
    母子手帳の交付の時にもらいましたよ!まれに、マタニティイベントでファミリアの物を貰えたりもするようです!
    私はずっと鞄につけていましたが時と場合によって中に入れたりしてました!!婦人科などでは不妊の方もいるかとおもいあまり意味ないとおもいますが気持ち中に隠していました。
    めるちゃん先生 保育士
    母子手帳交付の時にマタニティバッチ頂きました。私はつわりがひどかったので、妊娠初期からカバンにつけてました。まだお腹が大きくない時でも、つわりでしんどい時は優先座席に座らせてもらってました。
    ひまわり先生 保育士
    母子手帳を交付してもらったときにもらいました。私はお腹が目立たない時からカバンにつけていました。お腹が目立たないときの方がぶつかられたりしそうと思ったので。自分と赤ちゃんを守るためにつけたらいいんじゃないかなと思います。
    いちご先生 保育士
     母子手帳を貰いに役所に行った時にもらいました。妊婦アピールにより嫌がらせを受けたりしたらどうしようと初めは付けることに抵抗がありましたが、万が一のことがあったときに周りの人が対応しやすいようにと付けるようにしました。いざつけてみると、私の周りはいい人ばかりで、たくさん助けてもらいました。今は妊婦ではありませんが、その時してもらったように私も妊婦さんの支えに少しでもなれたらと思います。
    りり先生 保育士
    私も役所で母子手帳交付された時にもらいました。赤ちゃん本舗などのお店でマタニティ登録するとかわいいバージョンのバッチももらえますよ!私も最初は付けるのをしぶっていましたが、電車に乗ってる時、座らなくて大丈夫な日は隠して、座りたいな〜と思うときはさり気なく出したり、また優先席に座ったときはマークが見えるようにしていました。ありがたいことに優しい言葉をかけてもらい、嫌なことは一切ありませんでした。
    ぷん先生 保育士
    母子手帳交付の時と雑誌の付録で貰いました(^^)電車に乗るときや一人で行動する時は安定期に入る前から何かあった時の為に付けていました。妊婦様と思われるんじゃないか…と思う時もありましたがやはり、お腹の子供が第一なので気にせず付けるようにしました。
    せおみ先生 保育士
    母子手帳と一緒にもらいました。
    その頃はまだお腹もそこまで大きくないので気づかれない事の方が多いです。なので、バッチをつけていると、気がついてもらえます。特に冬場はコートなどで厚着なので全然気がついてもらえませんでした。スーパーなので、カゴを運んでもるえるだけでも本当に助かりました。
    なごみ先生 保育士
    母子手帳をもらった時、雑誌の付録、子供服のお店などたくさんもらいました。
    私はあまりお腹が目立たない方だったのでずっとつけていました。でも安定期に入ってからはマタニティバッチとわかりにくいデザインのものをつけてアピールしているようで気が引けたので電車などではお腹に赤ちゃんがいますと書いている面は裏向けていました。
    しまこ先生 保育士
    マタニティバッチを付けて優先席の前に立っていても気がつかない人が多かったです。気がつくのはお年寄りや身体が不自由な方で、そういう方達が席をゆずってくれようとするので何だか申し訳ない気持ちになりました。悪気はなくても、若くて元気だと人の痛みに鈍感になってしまうのかもしれませんね。
    くじら先生 保育士
    保健所に母子手帳をもらいに行った時、一緒にマタニティバッチももらいました。電車に乗る時につけていると席を譲ってくださる方が多く、とてもありがたかったです。
    ゆり先生 保育士
    母子手帳もらうときにいただきました  今は雑誌の付録でも可愛いものをよく見かけて いいなーとおもいました 
    きらり先生 保育士
    私は母子手帳を受け取る際に頂きました。ですが、妊娠というのは嬉しくめでたいことなのですが、私もなかなか子どもがほしくてできなかったことから、様々な考えや、悩みをお持ちの方もあるんだなということで、つけるのをためらい一度もつけずに過ごしました。体調面でも不安なこともなく妊娠期間を過ごせていたので、つけていなくても、とくに不便さはなかったです(^o^)
    みぃ先生 保育士
    育児雑誌の付録でついていたり、母子手帳交付の際に貰ったりしましたが、マタニティバッチは付けませんでした。
    車移動だったので、駐車場で使えるマタニティマーク(これも母子手帳交付の際に貰いました)は使っていました。
    なこ先生 保育士
    マタニティバッチは母子手帳を貰うときに役所で一緒に貰えました。一般的なデザインの物だったので、その後雑誌の付録やフリマサイトで手作りの物を見つけて3種類位持っていました。
    ゆきんこ先生 保育士
    マタニティマークは母子手帳交付の時に一緒に貰います。自分の時はたまごクラブの物がとても可愛くてそのマタニティマークの付録ほしさに購入しました!
    いつも付けている時もあれば、必要そうな時に目につくようにそれ以外はしまっていたりと様々でした。お腹が大きくなる前の方が必要だと感じます。
おすすめユーザーのコメント
1
    naa
    いろんな種類のマタニティバッチがあるんですね!もしまた妊娠したときは、いろいろと選んでみたくなりました。

グッズの関連記事

カテゴリ一覧