マタニティ用品はどこで買う?時期別に必要なアイテムをご紹介

マタニティ用品はどこで買う?時期別に必要なアイテムをご紹介

マタニティ用品を買うときにママたちが気になること

マタニティ用品を揃えるとき、どこで買うか悩んだり、必要なアイテムが気になるママもいるでしょう。今回は、マタニティ用品を買うときにママたちが気になったことや購入した場所、ママたちが時期別に必要だと感じたマタニティ用品をご紹介します。

マタニティ用品を買うとき

ママたちに、マタニティ用品を買うときに気になったことを聞きました。
30代ママ
第1子のときは何をどこまで揃えたらよいか分かりませんでした。
20代ママ
マタニティ用品は、出産後に使えないことが多いので、購入するべきか悩みました。
20代ママ
初めての妊娠だったので、マタニティ用品をどこで買うとよいのか分かりませんでした。
20代ママ
何をいつごろ用意したらよいのか分かりませんでした。人気のあるおすすめの商品を知りたいと思いました。
どこで買うとよいのか、何を揃えればよいのか気になるママが多いようです。マタニティ用品は妊娠中の短い期間しか使用しないため、なかなか購入に踏み切れないと悩むママが複数いました。

マタニティ用品はどこで買う?

ママたちは、マタニティ用品をどこで購入したのでしょうか。

ベビー用品店

ベビー用品店
Pavel L Photo and Video/Shutterstock.com
20代ママ
マタニティ用のグッズやママ用のアイテム、ベビー用品などはすべてベビー用品店で購入していました。
ベビー用品店で購入するママが複数いました。ベビー用品店には、マタニティウェアや下着など、妊娠期間に必要な商品が豊富に揃っているようです。

インターネット通販

20代ママ
ベビー用品店に売っていないようなかわいいアイテムが欲しいときは、ネットで注文していました。
実店舗よりもマタニティ用品のデザインが豊富で、おしゃれなアイテムが多いという理由から、インターネットの通販を利用するママが多いようです。体調が悪いときや、安静にしていなければならないときにも便利でしょう。

百貨店

20代ママ
骨盤ベルトやマタニティブラジャーはきちんとしたものを使いたかったので、百貨店で買いました。
骨盤ベルトを購入したときに、店員さんが使い方を丁寧に教えてくれたという声もありました。マタニティ服やブラジャーのサイズ選びに悩んだときは、百貨店に行くとよいかもしれません。

マタニティ用品を扱っている店

20代ママ
好きなデザインのマタニティ服がベビー用品店になかったため、妊娠前からよく購入していたお店のマタニティ売り場で買いました。
普段から利用する機会の多い店舗でマタニティ用品を取り扱っていることもあるようです。マタニティ用品のなかでも、マタニティ服を衣料品店で購入するママが複数いました。

【時期別】ママたちが必要だと感じたマタニティ用品

ママたちが必要だと感じたマタニティ用品を、時期別に聞きました。

妊娠初期

ノンカフェイン マタニティ
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
安定期になるまで不安だったので、身体を温められるようにノンカフェインの飲み物や腹巻を用意しました。
30代ママ
立ち眩みがひどく悩んでいたときに、病院からサプリメントを勧められて、欠かさず飲んでいました。
20代ママ
産後に胸の形が崩れるのが気になったので、マタニティブラジャーを購入しました。
ノンカフェインの飲み物を購入したというママが多くいました。妊娠初期は、つわりがひどく、マタニティ用品を買いに行けない場合もあるようです。

妊娠中期

20代ママ
お腹が大きくなってきたので、マタニティー服、妊婦帯、マタニティー下着を揃えました。眠りやすいように抱き枕も購入しました。
30代ママ
妊娠中期は寒い時期だったので、お腹を冷やさないように腹巻を揃えました。お腹が少し目立ってきてよりお腹を意識するようになりました。
30代ママ
今までの洋服だと、身体を締めつけるような感じがして気になり始め、ワンピースやカバーオールなど、着ていて楽な服をたくさん買いました。
安定期にマタニティ用品を揃えるママが多くいました。お腹が大きくなる妊娠中期に、マタニティ服や妊娠帯を揃えるとよいでしょう。

妊娠後期

20代ママ
胎動で目が覚めてしまうことが多く、抱き枕を買いました。
20代ママ
母乳育児をしたいと思っていたので、授乳服、授乳ブラを揃えました。出産時に使えるボールなども購入しました。役立ったので購入しておいてよかったです。
30代ママ
授乳用ブラジャーや入院先で使う産褥ショーツを購入しました。出産間近でマタニティ用品はあまり買いませんでした。
妊娠後期は、産後のために授乳用の下着や服を購入し、出産準備を始めるママが多いようです。産後も使えるマタニティパジャマやパジャマの下に着るインナーを購入したという声もありました。

必要なマタニティ用品を揃えよう

マタニティ
Syda Productions/Shutterstock.com
マタニティ用品を購入するときは、ベビー用品店や百貨店、インターネット通販を利用するママがいました。

妊娠初期はノンカフェインの飲み物を購入する場合が多く、マタニティ服やブラジャーなどが必要だと感じるのは妊娠中期に入ってからのようです。マタニティ用品がほぼ揃っている妊娠後期は、出産準備のために、授乳服や授乳用の下着を購入するとよいでしょう。

ママたちの体験談を参考に、お店や通販で必要なマタニティ用品を揃えられるとよいですね。

2019年12月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

グッズの関連記事

カテゴリ一覧