子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年09月13日

マタニティのパンツスタイルについて。アジャスターつきなどの種類や選び方のポイント

マタニティのパンツスタイルについて。アジャスターつきなどの種類や選び方のポイント

妊娠中のママのなかには、マタニティ用のパンツはどのように選べばよいのか、通勤用のコーデはどうすればよいのか、気になる方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、マタニティパンツの選び方のポイント、アジャスター付きなどマタニティパンツの種類、春夏秋冬のオフィスコーデを体験談を交えてご紹介します。

妊娠中のパンツスタイルはどうしてた?

体型の変化がある妊娠中は、パンツなどのボトムスをどう選べばよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。ママたちに、妊娠中のパンツスタイルについて聞いてみました。

「お腹が目立たない妊娠初期の頃は手持ちの服を着ていましたが、お腹が大きくなるにつれてサイズがあわなくなりました。慌ててマタニティ用のパンツを2枚ほど用意しました」(20代ママ)

「マタニティ用のボトムスは妊婦のときにしか着れないので、どれぐらい購入するべきか悩みました。お腹が大きくなるまではしばらくパンツに外づけできるアジャスターベルトを使いました」(30代ママ)

ママたちはマタニティ用のパンツを用意するべきかかどうか、いつからマタニティ用のパンツを履き始めればよいのかなどを悩んだようです。また、妊娠期間はあまり長くないため、マタニティ用のパンツを何枚用意すればよいのかということを悩んだという声もありました。

妊娠中でもおしゃれを楽しめるように、パンツスタイルをコーディネートしていきたいですね。

マタニティパンツの選び方のポイント

妊娠中に履くパンツを用意するときに、選び方のポイントを知っておきたいと考えるママもいるかもしれません。実際にママたちは、マタニティパンツをどのような目線で選んだのでしょう。

体を締めつけないもの

妊婦さん
© Africa Studio - Fotolia

「お腹を締めつけすぎないというのももちろんですが、動きやすさを考え足首まで全体的にゆったりした形のパンツを選ぶようにしました」(30代ママ)

「お腹周りだけではなく、全体的に伸縮性のある素材のパンツを選ぶようにしていました。履き心地がよく、楽に過ごせました」(20代ママ)

マタニティパンツを選ぶときに、体を締めつけない形や素材のもの選ぶようにしたというママの声がありました。妊娠中の体型変化にあわせて、大きめのサイズを選ぶようにすると、リラックスしてすごせそうですね。実際に試着して、自分好みのサイズ感のパンツを選ぶのもよいかもしれません。

長く着られるもの

「マタニティ用の服は妊娠期間中しか着られないデザインのものもあるので、なるべく長く着られるようなデザインのものを選ぶようにしました」(20代ママ)

マタニティパンツは、産前から産後まで長く着られるデザインのものを選ぶようにしたというママもいるようです。シンプルなデザインのものを選ぶと、コーディネートもしやすく、次の妊娠のときなど長く着ることができたというママの声もありました。

価格が手頃なもの

「マタニティウェアは着れる期間が短いと思い、価格が安いファストファッションブランドのパンツを買いました。トレンドを取り入れることができ、おしゃれも楽しめました」(30代ママ)

妊娠中に履くパンツを選ぶときに、価格が手頃なファストファッションブランドを活用するのもよいかもしれません。価格が安い分、何枚か購入してマタニティファッションを楽しんだというママの声もありました。

マタニティパンツの種類

ヨガをする妊婦
© ArtFamily - Fotolia

マタニティパンツにはどのような種類があるのでしょうか。タイプ別の特徴やメリットをまとめてみました。

お腹周りがゴムでできたタイプ

ウエスト部分がゴムでできたマタニティパンツは、妊娠中の大きなお腹もすっぽり包むことができるので、安定感を感じられるかもしれません。お腹の部分がゴムのタイプや、背中までゴムのタイプがあるようです。デニムタイプやセンタープレスがついたものなどデザインも豊富にあるようなので、自分にあったデザインを選べるとよさそうです。

アジャスターがついたタイプ

ウエストにアジャスターがついたマタニティパンツは、サイズ調整ができるので、妊娠初期から後期まで長く履くことができると言えるかもしれません。ボタンで調節するタイプのものや、ベルトで調節するタイプなどがあるようです。手持ちのパンツに外づけできるアジャスターベルトも売られているようなので、じょうずに組み合わせながら使っていけるとよいですね。

レギンスタイプ

マタニティ用のレギンスパンツは、伸縮性のある素材できているものも多く、妊娠中の大きなお腹でもゆったりと履くことができそうです。長め丈のトップスやゆったりしたトップスとあわせれば、スッキリとしたコーデになりそうですね。防寒対策として、秋冬にワンピースとコーディネートしてもよさそうです。

オフィスのマタニティパンツコーデ

仕事をしているママのなかには、妊娠中の通勤パンツコーデが知りたいという方もいるかもしれませんね。春夏秋冬の季節別のオフィスコーデについて、ママたちに聞いてみました。

春、秋

「ストライプのロングシャツに、アジャスターがついたマタニティ用のテーパードパンツをあわせました。シャツはかっちりとした印象になるのでオフィスコーデで活躍しました」(20代ママ)

「落ち着いた色合いのマタニティ用ワイドパンツに、お腹が隠れるぐらいの長さのトップスをあわせました。肌寒いときはジャケットを羽織るようにしました」(30代ママ)

春と秋のマタニティのパンツコーデは、長めの丈のシャツやジャケットを取り入れながら、オフィスの雰囲気にあった服装を意識するとよさそうです。マタニティ用のジャケットとパンツのセットアップを通勤用として着回していたというママの声もありました。

「夏の通勤コーデは、リネンの半袖チュニックにマタニティ用のスラックスをあわせました。お腹が大きいので、開けたまま着ることができるノーカラーのジャケットをTPOにあわせて羽織りました」(30代ママ)

夏のマタニティのオフィスコーデは、涼しくすごせる素材のトップスにあわせて、着心地のよいパンツをコーディネートするのもよいかもしれません。冷房対策として、体が冷えすぎないようにカーディガンを用意したというママの声もありました。

「ゆったりめのハイネックニットにウール混のストライプパンツをあわせて上からロングカーディガンを羽織りました。長めの丈の羽織りは、スタイルアップして見えるのでマタニティ時期に活躍しました」(30代ママ)

冬のオフィスでの通勤パンツコーデは、あたたかくすごせるニットやロングカーディガンなどをあわせるとよいかもしれません。オーバーサイズやお尻が隠れるミドル丈のニットップスには、レギンスパンツをあわせるとコーディネートがスッキリして見えそうですね。

マタニティのパンツスタイルを楽しもう

子どもと遊ぶママ
iStock.com/monzenmachi

マタニティパンツは、お腹を締めつけない着心地のよいものや、長く着ることができるものを選ぶとよいかもしれません。マタニティウェアは着る期間が限られていることから、ファストファッションを活用したり、アジャスターベルトを使うなど工夫しているママもいるようでした。

通勤用のマタニティコーデは、カジュアルになりすぎないようオフィスの雰囲気にあったコーディネートを意識するとよさそうです。お腹が目立たないデザインや、夏には涼しく過ごせる素材を選ぶなど工夫しながら、マタニティのパンツスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ファッションの関連記事
カテゴリ一覧