【調査】箱根の子連れ旅行。おすすめの観光スポットや宿・ホテル

【調査】箱根の子連れ旅行。おすすめの観光スポットや宿・ホテル

日本屈指の温泉地である「箱根」。都心からもアクセスしやすく、子連れでの旅行先として検討する方も多いかもしれません。そこで、子育てフレンドリーな宿泊予約サービス「KIDSNA トラベル」では、子どもと箱根旅行へ行ったことのある読者へアンケートを実施。箱根の子連れ旅行のおすすめ観光スポットや実際に宿泊した温泉宿、ホテルについて、リアルな声を集めました。

子連れでの箱根旅行で行ってよかった観光スポットは?

まずはじめに、子どもといっしょに箱根旅行に行ったことがあるか聞くと、「はい」と回答した方が65%という結果に。

都心からであれば日帰りで行ける距離ということもあり、子連れでも気軽に足を運べる旅行先なのかもしれません。
箱根
次に、子連れでの箱根旅行で、行ってよかったおすすめの観光スポットについて聞いてみました。
子連れファミリーにおすすめの箱根観光スポット
今回話を聞いた方のなかでは、「箱根小涌園ユネッサン」「彫刻の森美術館」「芦ノ湖の遊覧船」「大涌谷」という声が多数。そのほか、「箱根ガラスの森美術館」「箱根園」と答えた方が数名、「NARAYA CAFE」「ポーラ美術館」「箱根神社」「だっこして!ZOO!」などという声もありました。
箱根芦ノ湖の遊覧船と富士山
Goryu - stock.adobe.com
あわせて、これらの施設のよかったと感じた点について聞くと、
 
子連れでもスムーズに観光できた
 
子どもが遊びやすかった
という意見が大半を占めました。また、観光スポット別では、
大涌谷と回答した方
危険なところは立入禁止になっていて歩道もあってよかった
大涌谷
ziggy - stock.adobe.com
彫刻の森美術館と回答した方
子どもの好きなアスレチックがあった
箱根彫刻の森美術館
foreverhappy - stock.adobe.com
箱根園と回答した方
小さい規模の水族館があり、子どもの初めての水族館にちょうどよかった
といった声も。子どもといっしょでも安全に、そして存分に楽しめる観光スポットが豊富にある点も、子連れでの旅行先に箱根が選ばれる理由のひとつなのかもしれません。

実際に子連れで宿泊してよかった箱根のおすすめの宿

都心から日帰りで行ける点が魅力の箱根ですが、せっかくなら宿泊して、ゆっくりと観光や温泉を楽しむのも家族のよい思い出になりそうです。

子連れでの箱根旅行で、実際に宿泊してよかったホテル・宿について聞くと、
 
塔ノ沢一の湯 本館
 
箱根小涌園 天悠
 
箱根・翠松園
 
箱根リトリート före
 
ホテルおかだ
 
箱根 花紋
など、さまざまな声が集まりました。これらの回答から見ても、箱根は子連れで利用しやすい宿がたくさんあるということなのかもしれません。

KIDSNA トラベル」では、子連れで泊まれる箱根の宿やホテルも掲載しています。子どもの年齢や家族のスタイルにあうこだわり条件を追加すれば、理想の宿に出会うことができますよ。

子連れでの箱根旅行の計画にぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

▼子連れで泊まれる箱根の宿検索・宿泊予約はこちらから▼

2021年12月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

旅行の関連記事

カテゴリ一覧