幼少期からのアート教育?「世界の名画を知る」絵本8選

幼少期からのアート教育?「世界の名画を知る」絵本8選

小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

おなじみのキャラクターが美術館の名画を紹介する本

子どもにとっては少し難しいイメージのある絵画鑑賞ですが、おなじみのキャラクターや親しみやすいキャラクターが紹介してくれたら、興味を持つきっかけになるかもしれません。

ペネロペ ルーヴルびじゅつかんにいく

ペネロペ ルーヴルびじゅつかんにいく

幅広い世代から人気のペネロペが、ルーヴル美術館の作品を楽しく紹介する一冊です。しかけもあるので、小さい子でも興味を持って見てくれそうです。

最初はペネロペやしかけに注目する子どもも、気に入って何度も見ているうちに、中に出てくる絵画にも関心を持つようになるかもしれません。

ババールの美術館

ババールの美術館

ゾウのババールたちが、使われなくなった駅を美術館に改造する、というストーリー仕立ての絵本です。

中に出てくる絵画は「モナリザ」「叫び」などの誰もが知っている作品ですが、この絵本ではなんと、絵のモデルがゾウに変わっています。子どもといっしょに大人もクスリと笑えるような楽しい一冊です。

ケイティとひまわりのたね (ケイティのふしぎ美術館)

ケイティとひまわりのたね (ケイティのふしぎ美術館)

主人公のケイティが美術館でゴッホのひまわりを見ていたら、なんと絵の中のひまわりが落ちてきて、そのひまわりを持って逃げたサルのザズーは、今度は別の絵画の中に入ってしまい……。

ワクワクドキドキするストーリーとともに、後期印象派のゴッホ、セザンヌ、ゴーギャンの名画を知ることができる一冊です。

絵画の巨匠を紹介する絵本

作品を知るだけではなく、作品を残した巨匠がどのような人物だったのかを知ることも、アートを身近に感じるひとつの手段ともいえるでしょう。それぞれゴッホ、ピカソ、フェルメールをテーマとした3冊の絵本を紹介します。

ゴッホ 風がはこんだ色彩

ゴッホ 風がはこんだ色彩

今では世界中の誰もが知る存在のゴッホですが、生きている間は認められることはなく、ひっそりとその生涯をとげています。

そんなゴッホが心を許した弟テオとの手紙のやりとりを通し、ゴッホの作品だけではなく、その人間性に触れられる一冊です。

ピカソの絵本 あっちむいてホイッ!

ピカソの絵本 あっちむいてホイッ!

その奇抜さで知られるピカソの作品。どっちを向いているか分からない絵に「あっち向いてホイッ」と呼びかける面白い一冊です。絵に込められた想いや背景もよく説明されています。

感性が柔軟な子どものうちからピカソの作品に触れることによって「アートは自由でいいんだ」と、そう思わせてくれる絵本かもしれません。

こどもと絵で話そう ミッフィーとフェルメールさん

こどもと絵で話そう ミッフィーとフェルメールさん

ミッフィーがお父さんといっしょに美術館でフェルメールの作品を鑑賞しているお話です。お父さんは簡潔に絵の説明をし、ミッフィーは子どもならではの自由な発想で感じたことを言い、親子でいっしょに絵を楽しみます。

初めての美術館に行く前に読むと、子どもも美術鑑賞の楽しみ方がイメージできるかもしれません。

色や形などの切り口から名画を見せる本

子どもといっしょに美術鑑賞をしたくても、どのような見方をしたらよいのか分からないママ・パパもいるでしょう。ここで紹介する2冊の本は、形や色にフォーカスしているので分かりやすく、アート初心者でも楽しめるかもしれません。

まるをさがして (びじゅつのゆうえんち)

まるをさがして (びじゅつのゆうえんち)

20世紀に活躍した世界中の芸術家が描いた「まる」だけを集めた絵本です。「まる」だけを集めたと言っても、色や筆づかい、大きさや数が違うと、こんなにも違う作品なのかと驚くことでしょう。

また、絵に合わせた短くリズムのある文章も楽しく、幅広い年齢の子どもが気に入る一冊になりそうです。

ピエールくんは黒がすき!

ピエールくんは黒がすき!

とにかく黒い色が怖いピエールくんのために、パパが連れて行ってくれたピエール・スーラージュの作品展。そこでピエールくんは黒の中にもさまざまな色が見えることを発見します。

子どもに正解を教えるのではなく、美術鑑賞を通して自ら学びを得てもらうようなフランスの子育てが表れている点でも、興味深い一冊です。

<執筆>KIDSNA編集部

2021年11月22日

絵本の関連記事

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧