日常にひそむ危険から身を守る。防犯・防災を学べる絵本10選

日常にひそむ危険から身を守る。防犯・防災を学べる絵本10選

7/1は国民安全の日。子どもたちの日常には避けることができない危険がたくさんひそんでいます。大人が子どもを守るのはもちろん、一人で外出する機会が増える小学校入学前に、自分で自分を守る知識や方法を普段から学んでおきましょう。幼児期の子どもが防犯や防災をわかりやすく学べる絵本10選をご紹介します。

防犯意識を高める

外の世界は楽しいことばかりではないということ、社会は常に危険ととなりあわせだということを、子どもにきちんと伝えることは保護者としての大切な役目かもしれません。小さい子どもでもわかりやすい絵本を通して、親子でいっしょに防犯意識を高めることから始めましょう。

まもる!

まもる!
シール遊びやしかけページなど、子どもが大好きな要素がいっぱいつまった防犯絵本。

子どもにとって危険な場所やどうすれば自分の身を守ることができるかなど、かわいらしい絵とわかりやすい文章で教えてくれます。子どもとゆっくり話し合いながら読むことで、防犯について自分で考えるきっかけをくれそうな一冊です。

きをつけなくちゃ!

きをつけなくちゃ!
人気絵本作家のなかやみわさんが、母親の視点で描いた大人気のくうぴいシリーズ。

小さい子どもが親しみやすいイラストで、タイトル通り「きをつけなくちゃ」と思うシーンがわかりやすく描かれています。主人公のくうぴいをお手本に、防犯の意味と大切さを学ぶことができます。

正しい交通ルールを学ぶ

外に出ると必ず必要になる、正しい交通安全の知識。小学校に入学すると行動範囲がいっきにひろがり、保護者といっしょのときよりも危険なシーンが増えるのも事実です。時には思いもよらない行動をとってしまう子どものためにも、小さいころから交通ルールを学んでおくと安心かもしれません。

たろうのおでかけ

たろうのおでかけ
人や車の多いところでは走らない、突然道路に出ない、信号をきちんと守る、横断歩道を渡る……など、交通ルールのマナーがたくさん学べるのはもちろん、元気いっぱいの主人公の姿にすがすがしい気持ちになれる一冊です。

単純明快なストーリーとポップで鮮やかなイラストで、繰り返し読むうちに交通ルールを守る大切さを自然と理解できそうです。

ぴかくん めをまわす

ぴかくん めをまわす
コミカルなイラストの表紙が印象的なこの絵本は、数多くの絵本の名作を生み出した長新太さんの作品。

信号の見方をしっかり教えてくれるだけでなく、信号機のぴかくんが、働きすぎて目をまわしてしまうという遊び心あふれるストーリーを純粋に楽しめる一冊です。信号好きの子どもが積極的に交通ルールを学べるかもしれません。

子どもといっしょに備える防災

地震や火事、豪雨など、自然災害はいつ起こるかわかりません。もしものときのために、日ごろからどのような備えをしておくと安心なのでしょうか。子どもといっしょに防災について考える絵本や災害に備える準備をするときに役立つ絵本を集めました。

あっ!じしん

あっ!じしん
地震をただ怖い存在としてとらえるのではなく、どうして地震が起きるのか、どんなことを引き起こすのか、どうしたら身を守れるのかを、きちんと理解できる一冊。

いざというときも落ち着いて行動できるように、この絵本を通して、備えることの大切さを子どもに伝えていきましょう。

火にきをつけて、ドラゴンくん

火にきをつけて、ドラゴンくん
火事の対処法をドラゴンという子どもが大好きなキャラクターでわかりやすく伝えてくれる絵本。

保育園や幼稚園などで定期的に訓練が行われていても、実際に火を目の前にするとどのように対処すればよいかわからない子どもも多いのではないでしょうか。言葉で伝えることが難しいテーマも、絵本であれば、子どもに抵抗なく上手に伝えられるかもしれません。

こどもぼうさい・あんぜん絵じてん

こどもぼうさい・あんぜん絵じてん
交通事故、犯罪、火事、大雨、台風、落雷、大雪、地震、津波、火山噴火……子どもたちの身のまわりにある危険をわかりやすい絵で解説し、子どもたちが自分で考え、自分の身を守る力をつけることができます。

がけ崩れの前ぶれやさわると危険な植物、台風や雷が発生するメカニズムなど、大人にとっても学びの多い内容で、一家に一冊もっておきたい絵じてんです。

自分のからだを守る

子どもの身の安全のために防犯グッズを利用している家庭も多いのではないでしょうか。それに加えてこれからは、自分を守るために、子ども自身が防犯に関する知識を得て、意識することが大切です。日常の生活の中で子どもが注意すべき点を親子で話し合って、防犯につなげていきましょう。

ぜったいについていかないよ! ゆうかい・つれさりにあわない

ぜったいについていかないよ! ゆうかい・つれさりにあわない
防犯について子どもにどのように伝えるとよいのか、悩む保護者も多いでしょう。ただ「知らない人にはついていかない」と言っても、子どもにとってはわかりづらいこともあるかもしれません。

この絵本は、「おかあさんが事故にあった」「道を教えて」「欲しいものをあげるからおいで」など、さまざまな具体例をあげて、どのように対処すればよいかをわかりやすく伝えてくれます。自分の身は自分で守るという意識が自然と身につきそうです。

とにかくさけんでにげるんだ-わるい人から身をまもる本

とにかくさけんでにげるんだ-わるい人から身をまもる本
迷子や誘拐から、性被害に関するシーンまで、あらゆる防犯をわかりやすく描いた絵本。

子どもを守るためには、保護者が伝えづらいと感じることも、きちんと躊躇せずに教えることが重要でしょう。何が起こるかわからない昨今に、一度は目を通して親子でしっかりと話し合う時間をもってほしいと思う一冊です。

いいタッチわるいタッチ

いいタッチわるいタッチ
人を愛したり守ったりする「いいタッチ」と、人に暴力をふるい権利を奪う「わるいタッチ」を学ぶことができる性教育の絵本。

人に見せたり、触らせたりしない場所である「プライベートゾーン」をテーマに、子ども自身が自分を守るために大切なことは何なのかをやさしく教えてくれます。子どもが小さいうちから伝えていくことで、当たり前のこととして受け入れられるだけでなく、他人に対してもやさしく接することができそうです。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年06月28日

絵本の関連記事

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ