子どもの夢が広がる。広大な宇宙を知る絵本10選

子どもの夢が広がる。広大な宇宙を知る絵本10選

輝く星や月が浮かぶ宇宙。そこにはいったいどんな世界が広がっているのでしょう。宇宙に興味を持ちはじめた子どもたちの頭の中にあふれる疑問や好奇心に、魅力的なイラストとわかりやすい言葉で伝えてくれる、宇宙を知る絵本10選をご紹介します。

宇宙への第一歩に

「空に浮かぶあの光はなんだろう?」と、はじめて空を指さす子どもたちに「宇宙っておもしろい!」と興味を抱かせるような、楽しく学べる絵本で、宇宙への第一歩を踏み出しましょう。

はじめてのうちゅうえほん

はじめてのうちゅうえほん
惑星や星、地球について楽しく学べる絵本。

タイトル通り、はじめて宇宙にふれる小さな子どもにもわかりやすい内容です。また、大人でも知らないような知識がいっぱいで、ママやパパも思わず「へ~」と思うかもしれません。キュートなイラストと読みやすい文章が魅力的な一冊。

あのほしなんのほし

あのほしなんのほし
季節ごとにみえる星や星座が非常にわかりやすくシンプルに描かれています。

柳原良平さんのあたたかくも味があるイラストで、星をめぐる旅に出かけているような気分になれます。親子いっしょにゆっくりと夜空を見上げるきっかけにしてみてはいかがでしょう。毎日慌ただしくすごしている方にこそ手に取ってほしい、星の光と夢にあふれた絵本です。

子どもの想像力をかき立てる

広大な宇宙は、子どもの夢と想像力を無限に広げてくれるかもしれません。はるかかなたと思っていた宇宙を身近に感じられるストーリーで、子どものワクワクも止まりません。

くらやみのなかのゆめ

くらやみのなかのゆめ
カナダの宇宙飛行士クリス・ハドフィールドによる、実話を描いた絵本。

子どもたちにとって暗闇はとても怖い存在。ですが、その暗闇が宇宙によってすてきな空間へと変わり、クリス少年の夢に光を与えます。

カナダ人としてはじめて宇宙飛行士になった作者が小さい子どもたちに夢をもつことがいかにすばらしいかを伝えてくれる一冊です。

ぼくはうちゅうじん

ぼくはうちゅうじん
お父さん、お母さん、僕がくり広げる、星や地球、宇宙についての話。読み進めるうちに、広い宇宙の中に生きる自分という存在がとても小さく思えてきます。

子どもに宇宙への興味を抱かせるだけでなく、広い視野をもつことの大切さを学べます。美しい星座の描写から新しい発見を与えてくれる、大人にもおすすめの絵本です。

お月さまってどんなあじ?

お月さまってどんなあじ?
お月さまはどんな味がするのか……ユニークな発想で子どもたちの想像力をかき立てる、楽しいストーリー。

さまざまな動物たちの表情やしぐさが、独特な風合いのイラストで絶妙に描かれています。子どもにとって親しみやすいお月さまをきっかけに、空を見上げながら、親子でどんな味がするのか話し合ってみてはいかがでしょう。

よるのえほん

よるのえほん
アメリカで読み継がれる名作絵本。

よるのさまざまな顔、よるだからこそ見えるもの、よるならではの楽しみ。私たちが考える「よる」が想像以上に美しく、うっとりするほど鮮やかに描かれています。おやすみ前にベッドの中で読みたい、小さい子どもにぴったりの一冊です。

宇宙の旅にでかけよう!

宇宙はどんなところだろう……リアルな宇宙空間を体験できる絵本で、親子いっしょに宇宙の旅へ出かけましょう!

ここがぼくのいるところ

ここがぼくのいるところ
自分という存在と家、町、国、地球、そして宇宙とのつながりを分かりやすく伝えてくれる絵本。

壮大なテーマでありながら、文章はシンプルでわかりやすく、宇宙と自分の結びつきを子どもでも理解しやすい内容です。日々の生活では意識しないようなことに改めて気づかせてくれる一冊。

ルイのうちゅうりょこう

ルイのうちゅうりょこう
アメリカでその年に出版された最も優れた子ども向け絵本に贈られる、コルデコット賞を受賞しているエズラ・ジャック・キーツの作品。

ルイとスージーが古道具でつくった宇宙船に乗り、宇宙の冒険に出発するストーリー。ワクワクする展開と美しく描かれた宇宙空間に子どもも大人も吸い込まれそうです。子どもの夢がいっぱい詰まった絵本です。

もしも宇宙でくらしたら

もしも宇宙でくらしたら
宇宙ステーションでくらす小学生ひかるが、食事やトイレ、睡眠などの生活をもとに、宇宙のふしぎを紹介してくれます。

宇宙に関する子どもたちの疑問を、生活を通して身近に感じることができるかもしれません。無重力空間を体験してみたいという子どもの気持ちが大きな夢につながりそうな一冊です。

宇宙においでよ!

宇宙においでよ!
宇宙飛行士の野口聡一さんによる絵本。宇宙でのくらしや宇宙飛行士になるまでの過程、宇宙との関係性が、楽しいイラストとともに非常にわかりやすく伝わってきます。

宇宙飛行士として活躍する野口さんの幼少期は、子育て中のママやパパにも興味深い内容かもしれません。対象年齢は小学5年生からですが、たくさんのイラストから伝わる宇宙の魅力を小さいうちから楽しんでみてはいかがでしょう。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年05月24日

絵本の関連記事

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

  • 絵を描いて色を塗る、紙を切って貼る。指先を使っていろいろなものを作るこのような工作は、脳に刺激を与えるだけでなく、子どもの隠れた能力を引き出すというよさもあるかもしれません。そこで今回は、おうち時間での遊びや夏休みの宿題にぴったりなアイディアがいっぱいつまった、工作の絵本11選をご紹介します。

  • 原爆の日や終戦記念日など、8月は「戦争」という言葉を目にする機会が増える時期かもしれません。戦争について、子どもに伝える必要があると思っている保護者の中にも、どうすればうまく伝えられるか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、戦争と平和について伝えてくれる絵本10選をご紹介します。

  • 子どもと家ですごす時間がよりいっそう増える夏休み。普段は忙しくてなかなか時間が取れないママやパパも、せっかくならこの夏休みにしかできないことを親子で体験したいですよね。そんなときは、いろいろな料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?料理に興味をもちはじめる幼児期にぴったりの料理絵本10選をご紹介します。

  • 子どもたちが待ちに待った夏休みが始まります。どこに出かけよう、どんなことを学ぼう、どんなことにチャレンジしよう……夏休みに胸を膨らませる子どもたちも多いでしょう。一度きりのその夏を思いきり楽しめるような、読んでワクワクする絵本12選をご紹介します。

  • 夏の暑さの影響で、子どもと室内遊びをして過ごす時間が増えているという家庭も多いのでは。そこで今回は、子どもと楽しめる話題の絵本をご紹介。個性や性教育をテーマとした作品、ストーリーを楽しみながら数や英語が学べる作品など、今年上半期に発売された最新の絵本をまとめました。

  • スポーツは体が鍛えられるだけでなく、仲間と同じ目標に向かって頑張ることで協調性も養われます。そんなスポーツを始めるのにぴったりなこの季節に、絵本を通して体を動かす面白さやスポーツによる大きな力を子どもに伝えてみてはいかがでしょう。今回は、スポーツの魅力がいっぱいの絵本10選をご紹介します。

  • 今年も暑い夏がやってきます。この夏、子どもたちが大好きな海に出かける家庭も多いのではないでしょうか。海水浴として楽しむだけでなく、絵本を通してさまざまな海について知ることができると、今までの見方も違ってくるかもしれません。今回は、海の魅力がたくさんつまった絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧